キスマークの隠し方とは?外出先で困らないキスマークの隠し方

キスマークがバレると、ちょっと恥ずかしいですよね。会社や学校でバレたりなんかするのも避けたいですし、家族にバレるのも避けておきたいです。

そこで、

  • キスマークの意味
  • キスマークの隠し方
  • キスマークはどのくらいで消えるの?
  • キスマークは消せるの?みんなが試している方法

など、外出先でも困らない隠し方を紹介するので、まずは実践してみてください。

キスマークの意味

キスマークは、そもそもなぜつけられてしまうのでしょうか。キスマークをつける人の心理は人によって違ってきますが、色々な意味が込められています。まずはそんなキスマークの意味について紹介するので、知っておくと良いかもしれません。キスマークには、相手の気持ちがたっぷりと入っているので、そこにも注目したいですね。

恋人からの独占欲のあらわれ

恋人が「この人を独占したい」と思った結果、キスマークをつけてしまうということもあります。その人を愛しているからこそ、好きだからこそついついキスマークをつけてしまうわけですね。愛が溢れるとも言えるもので、キスマークがあることによって、実際に愛されていることが好かれていることを実感する人も多いのではないでしょうか。

マーキングの意味がある

キスマークはマーキングの意味もあります。自分自身が相手と交際していることを実感するために、あえてキスマークをつけるという人もいますね。「この人は自分のものだ」という証拠を残したくなるのは、生き物の性なのかもしれません。事実、キスマークをつけることによって、独占欲を満たすという人もいるくらいです。

浮気防止の効果がある

キスマークがあると、他の人は「キスマークがあるということは相手がいるんだな」と思います。キスマークは浮気防止の効果もあるのです。もちろん、不倫などは気持ちが揺れ動いているからこそ陥る罠なのですが、キスマークがあることで一種の予防線のようなものを張っているのかもしれません。キスマークをつけることで恋人を匂わせるというやつです。

愛情表現で愛されている証拠

単純に難しいことは考えずに、キスマークを愛情表現でつけているという人もいます。もう相手のことが好きでたまらない時や愛していて抑えられない時など、ついキスマークをつけたくなってしまうのかもしれませんね。もちろん、つけられた時には愛されている証拠だと思いましょう。相手の身体に刻みたくなるほど、気持ちが強いとも言えるでしょうね。

キスマークの隠し方

キスマークをつけてもらうこと自体は良いのですが、問題は隠すことができないということにあります。そこで、ここからは上手にキスマークを隠す方法を紹介します。隠し方さえマスターすれば、どれだけキスマークをつけられても安心ですよ。もちろん、最初からつけられないように工夫することも重要ですけどね。

髪の毛で見えないように隠す

ショートの人はちょっと難しいですが、ミディアムやロングの人なら髪の毛で隠すことができます。髪の毛の密度があるのなら、ウェーブやカールを入れるだけで隠れてくれます。また、ボブなどでシルエットを作っておくと、より隠しやすいですね。キスマークは首元につけられることが多いので、首元を隠せるヘアスタイルにすると良いでしょう。

ハイネックや長袖などを着て隠す

キスマークは首元につけられるため、ハイネックや長袖などを着ることで隠すこともできます。冬ならマフラーで隠すというのも良いでしょう。夏はあまり厚着しないので隠すのも難しいですけどね。ただ、襟などがあるシャツを着たりすることで隠すこともできます。服装が自由なのであれば、会社や学校でも上手に隠すことはできるかもしれませんね。

絆創膏やシップを貼る

キスマークがどうしても目立つという時には、絆創膏や湿布を張るようにしてください。この手の貼り付けることができるアイテムがあると、より自然に隠すことができます。ただ、首元に絆創膏や湿布が不自然な位置で貼られていると、周囲の人が「あの人ってキスマークを隠しているんじゃないかな」と勘ぐってくることもあるでしょう。

キスマークはどのくらいで消えるの?

キスマークは無理に隠さなくても、いずれは消えます。そのため、時間の経過を待って、自然とキスマークが消えてくれるのを待ってみるというのも良いでしょう。ここからはどれくらいで消えるのかについて解説していきます。

体質やつき方で違う

キスマークに関しては、体質によって違ってきます。そもそも口紅やルージュによるキスマークとは違って、吸引することでつけるキスマークは内出血しているのと一緒です。そのため、その治りが早いほど消えるのも早いです。逆に吸引が強すぎると内出血の量も多くなるため、つき方によっても違ってきます。そこは相手に左右されるので注意が必要ですね。

消えるまでに1日~数日かかる

完全に消えるまでには1日~数日かかることがあります。平均すると2日~3日もすれば消えてくれるのですが、治癒が遅い人はもっと長くかかるかもしれません。相手がどれくらいのキスマークをつけるかで治癒のスピードも違うので、「つけるなら軽めにね」と伝えておくと良いかもしれません。そうすればより治るのも早くなりますよ。

キスマークは消せるの?みんなが試している方法

キスマークは本当に消せるのかどうかわかりませんよね。でも、実は色々な方法で消すことができます。そこで、ここからはみんなが試している方法を紹介します。やってみると自然と消せるものもあるので、ぜひトライしてみてくださいね。

お湯で温める

血液循環を良くすることによって、自然とキスマークの治癒を早めることもできます。いわばキスマークとは内出血なので、血液の流れが重要となります。お湯で温めると周辺の血管が拡張し、より血液の流れが良くなるのです。それは内出血を悪化させるようにも思えますが、実は治癒を早めることに繋がります。

あまりに熱いお湯だとやけどしてしまうので、やけどにならない程度のぬるま湯で十分です。ぬるま湯で患部を上手に温めてあげると、早く消えることがあります。ただ、余計に衝撃を与えたり圧迫させたりすると逆効果なので注意してください。

オロナイン軟膏を塗る

オロナイン軟膏には皮膚の状態を良くしてくれる効果が期待でき、肌を柔軟にしてくれる効果も期待できます。そのため、キスマークのように内出血しているところにも効果を発揮してくれるかもしれません。

オロナイン軟膏は薬局やドラッグストアでも販売されているので、そちらで買っておくと良いかもしれません。キスマークと言えば聞こえは良いですが、あれはちょっとした怪我でもあるので、ちゃんとケアしておきたいですね。

マッサージをする

キスマークはマッサージをすることで、周辺の血行が良くなり、治りも早くなります。また、周辺を揉むことで周辺も赤くなり、キスマーク自体が目立たなくなることもあるのです。もちろん、揉み込むことで血行が促進されることによって、より治りも早くなります。

ただ、マッサージが強いと逆に赤くなって目立つこともあります。やるのなら肌の負担にならないように、ゆっくりと優しくマッサージしてあげるようにしてください。

氷で冷やす

内出血している状態であれば、氷で冷やすというのも効果的です。氷で冷やすと幹部が冷やされることによって、赤みを抑えることができます。また、力強くつけられたキスマークだと皮膚が過剰に反応していることもあるので、冷やしてクールダウンさせると有効ですね。

コンシーラーやリキッドファンデを塗る

コスメでカバーするというのもありです。コンシーラーやリキッドファンデなどがあると、それで隠すこともできます。ちょっと赤くなっているくらいなら、コスメでも十分に目立たなくすることは可能です。その他、メイクアイテムで隠すことができるので、自分の肌に合わせて隠してみてはいかがでしょうか。

まとめ

キスマークは隠し方も色々とあるので、自分に合った方法で隠していくと良いでしょう。ただ、こればかりは体質やつけ方によって違ってくるので、上手く隠せないこともあります。最初からキスマークをつけられる位置など、「あまり目立たないところにして」と伝えておくのも良いでしょうね。