お菓子なのに虫歯予防効果?キシリトールの正しい食べ方

お菓子なのに虫歯予防の効果が期待できるキシリトールについての情報をご紹介します。キシリトールは、忙しいビジネスマンの方がもちろんの事、虫歯が出来やすい小さなお子さんにもおすすめの食べ物になります。キシリトールの正しい食べ方やそもそもキシリトールがどのような物なのかなど、キシリトールの事を詳しく知りたいという方が満足できる情報をご紹介します。

キシリトールとは

キシリトールとはどのようなものなのかをご紹介します。色々な商品が発売されているキシリトールですが、まだ歴史が浅いという事もあって、キシリトール自体の事を良く理解していないという方も大勢います。これからキシリトールについて語って行く際に重要となる、キシリトールの基礎知識についてご紹介します。

天然の甘味料

キシリトールは天然の甘味料となっております。このキシリトールは、カシやシラカバなどが原材料になっております。キシリトール自体はスクロースと同等の甘みをもっております。他の糖アルコールと比べてキシリトールは、清涼感があります。甘みがありつつスーっとした感じがあるのはこのためなのです。

虫歯の原因「酸」にならない成分

キシリトールには、虫歯の原因となる酸にならない成分になっております。虫歯の原因となる虫歯菌は、歯石などをエサに繁殖していくのですが、虫歯菌は酸をだして歯を溶かしていきますが、キシリトールには、酸を中和する効果がありますので、歯石が歯にこびりつくのを予防する効果があります。歯石は表面の凹凸に細菌が入り込んで虫歯になる原因となるのですが、キシリトールを使う事によって歯石が付くのを防いでくれますので、虫歯の予防になるのです。

唾液の分泌を促進する効果がある

キシリトールには、唾液の分泌を促進する効果があります。唾液が分泌するという事は、虫歯菌の増殖を防いでくれます。キシリトールが虫歯になりにくいと言われるのは、この唾液の分泌が増えるという事があるのです。唾液によって口内環境を健康な状態に改善することができるのです。

歯の再石灰化

キシリトールには、歯の再石灰化が期待できます。再石灰化がしっかりとしたサイクルで行われていれば虫歯にならないのですが、このバランスが崩れてしまうと虫歯になりやすい状態になってしまいます。キシリトールによって脱灰になりにくい歯は虫歯になりにくい健康的な歯になる事ができるのです。

歯垢を落としやすくする

キシリトールには、歯垢を落としやすくする効果が期待できます。キシリトールガムを噛む事によって、歯垢の状態がネバネバした物からサラサラした物に変えてくれる効果があります。そのため歯を磨く前に施行が取れやすくなりますのでしっかりと歯垢が取れやすくなるのです。

カロリーが低い

キシリトールは、非常にカロリーが低いという特徴があります。ダイエット中の方でもしっかりと摂取することができますので、歯の健康を真剣に考えているという方にぴったりです。キシリトールはスクロースと比べても、約40パーセントも低くなっておりますので、一般的なガムに使われている砂糖と比べてキシリトールを使う事でダイエット効果も期待できてしまうのです。最近では、糖分を摂取するのが制限されている糖尿病患者の方にも利用する事ができるようになっております。

おすすめのキシリトール製品

おすすめのキシリトール製品の選び方をご紹介します。最近ではキシリトールが含まれている商品が大量に発売されています。色々とキシリトールの健康効果が明らかになっておりますので、色々な商品にキシリトールが使われておりますが、本当に色々な商品がありますので、しっかりと選ぶ必要があります。こちらでは、キシリトール製品の中でもどのようなキシリトール製品を選ぶべきなのかをご紹介します。

キシリトール100%のもの

キシリトールの製品を選ぶ場合には、絶対に100パーセントの物を選ぶ必要があります。キシリトール以外の物が含まれてしまっているような場合には、効果的にキシリトールの恩恵を受ける事が出来ない可能性があります。甘味料としてキシリトールしか使われていないキシリトール100パーセントの物を選ぶようにしましょう。パッケージの裏を確認し、成分表から原材料をチェックするクセをつけてください。

酸性成分を含まないもの

キシリトール製品を選ぶ場合には、酸性成分が含まれていない物を選ぶようにしてください。口の中の健康状態を維持するためには、口内の酸性の値がポイントになります。口内が健康な状態は、弱アルカリ性のph6.8くらいが正常になります。

一般的に口内に食べ物を含めると溶かすために酸性に傾きます。酸性に傾き、ph5.4以下になると虫歯のリスクが非常に高まってしまいます。そのためキシリトールを選ぶ場合には、弱アルカリ性の値を保てるように酸性成分が含まれていない物を選ぶようにしてください。

ガムやタブレット

キシリトールを選ぶ場合には、ガムやタブレット製品を選ぶのがおすすめです。口内に長時間キシリトールの成分を維持する事ができるガムやタブレットがおすすめになります。

歯科医院専売品

キシリトールを選ぶ場合には、歯科医院専売品と銘打ったキシリトール製品を選ぶ必要があります。歯科医院専売品にキシリトールは、キシリトール含有率が100パーセントの物になっており、虫歯菌のエサになってしまう糖類が含まれていない物となっております。色々な選定方法がありますが、その中でも効果的なキシリトール製品を選定する方法としては、歯科医院専売品を選べば間違いないという事になります。

効果的なキシリトールの摂り方


効果的なキシリトールの摂り方をご紹介します。キシリトールは、質の高いキシリトールを選ぶというのと合わせて、しっかりと正しい方法でキシリトールを摂取するという事が重要になります。

1日5グラムから10グラムを3、4回に分けて摂る

キシリトールを摂取する場合には、1日5グラムから10グラムを3、4回に分けて摂るのが理想です。キシリトールが健康効果が期待できるからといって、何も考えずに摂取すれば良いという事ではありません。カロリーが低いからといっても大量に摂取すれば、カロリー摂取オーバーにも繋がります。ガムなどで摂取すると1日5グラムから10グラムを3、4回に分けて摂るのが簡単になりますのでおすすめです。

食後30分以内に食べる

キシリトールを摂取するような場合には、食後30分以内に食べるのがおすすめになります。食後は特に口内環境が乱れやすい状況になっておりますので、キシリトールが含まれているアイテムを口内に入れる事で虫歯予防効果を得る事ができます。

歯磨き前に食べる

歯磨き前に食べる
キシリトールを摂取する場合には、歯磨き前に摂取するのがおすすめです。キシリトールには、歯にこびりついた歯垢を落としやすくするといった特徴があります。そのため、歯を磨く前にキシリトールが含まれているガムやタブレットを食べる事によって、歯磨きをした際に最小限の力で歯垢をそげ落とす事ができるようになっております。

歯垢は、細菌が繁殖しやすくなる土壌を整えてしまう事になります。キシリトールによって、歯垢がしっかりと取れるようになりますので、虫歯予防の効果が期待できます。

まとめ


キシリトールは、効果的に摂取する事ができれば口内環境を整える事ができますので、虫歯をしっかりと予防する事ができます。キシリトールが配合されている商品は沢山ありますが、中でもキシリトールガムなどは、リーズナブルな価格でありながらキシリトールの恩恵をしっかりと受ける事ができますので、口内環境をしっかりと整えながら虫歯予防をしたいという方におすすめです。

色々なキシリトールガムがありますので選べないという方は、歯科医院専売品のキシリトールガムを選ぶようにすると間違いがありませんので、迷った場合には、歯科医院専売品を選ぶようにしてください。