シュミテクトで本当にしみなくなる?知覚過敏への効果をチェック

シュミテクトで本当にしみなくなる?知覚過敏への効果をチェック

知覚過敏に効果があると言われているシュミテクトは、本当にしみなくなるのかという疑問や趣味テクとの知覚過敏への効果などをご紹介します。知覚過敏の方にとって食事は楽しい物ばかりではありません。知覚過敏の症状によっては、色々な食事で歯が痛くなってしまう症状が出てしまうからです。こちらでは、知覚過敏に苦しめられている方の救世主となるシュミテクトの魅力についての情報をご紹介します。

知覚過敏とは

知覚過敏とはどのような症状なのでしょうか。こちらのページではシュミテクトの魅力についてご紹介する前に、知覚過敏についてご紹介します。知覚過敏という言葉を知っている方は大半ですが、知覚過敏の症状について詳しく説明できない方もいらっしゃると思います。こちらでは、シュミテクトの魅力を理解する際に必要な知覚過敏の症状を詳しく説明していきます。

歯の象牙質が露出すること

歯の象牙質が露出すること
知覚過敏は、歯の象牙質が露出している状態の事です。実は、歯の表面にはエナメル質という部分があります。このエナメル質は、歯の表面をしっかりと守る効果があります。このエナメル質は最表層にあります。そしてエナメル質は削っても痛みを感じる事はありません。歯の根部には、エナメル質で覆われておらず、全層が象牙質で出来ております。

象牙質は、エナメル質のように痛みを感じないという事はなく、象牙質は、熱い物や冷たい物が触れたり、歯医者さんの器具などで直接触れたりすると強い痛みを感じます。色々な事が原因で歯茎が露出してしまうと、エナメル質で守られていない象牙質が露出してしまいます。この状態が知覚過敏の状態になるのです。

刺激で歯が染みること

歯の根元が露出してしまうと、エナメル質で守られていない象牙質に部分が出てしまいますので、温かい食べ物や飲み物、冷たい食べ物や飲み物、甘い食べ物や飲み物、酸っぱい食べ物や飲み物などがしみて痛みが出てしまう状態です。また、過度な知覚過敏になってしまうと歯磨きなどでも酷い痛みが出てしまいます。

知覚過敏に効くシュミテクトの成分

知覚過敏に効果があると言われているシュミテクトの成分をご紹介します。知覚過敏は歯の部分に神経系の痛みが生じる症状です。そういった辛い痛みを防いでくれる効果があるのがシュミテクトです。このシュミテクトはどのような成分で形成されているのかをご紹介しますので、これまでシュミテクトを使った事がないという方は、しっかりと目を通してください。

硝酸カリウム

シュミテクトには、硝酸カリウムという薬用成分が含まれております。薬用成分として配合されている硝酸カリウムの効果は、冷たい食べ物や熱い食べ物、酸味や甘味、歯磨きの刺激によって歯がしみて痛みが生じる症状を緩和する効果があります。硝酸カリウムは、元々神経鈍麻作用と呼ばれる作用をもっておりますのでシュミテクトは、知覚過敏に効果的だと言われているのです。

フッ化ナトリウム

シュミテクトには、フッ化ナトリウムが配合されております。このフッ化ナトリウムがどのような成分なのかというと、歯を守るエナメル質を強化したり、虫歯を予防する効果が期待できます。フッ化ナトリウムは、短期的な効果は期待できませんが、長期的に利用する事によって痛みを徐々に抑制する効果が期待できるのです。

シュミテクトが効果的な症状

お菓子なのに虫歯予防効果?キシリトールの正しい食べ方
シュミテクトが効果的な症状についてご紹介します。実は知覚過敏の症状という物は、非常に細分化しており様々な原因が考えられます。実はシュミテクトは全ての知覚過敏に効果があるわけではなく、知覚過敏の中でも効果のある症状という物があります。こちらでは、シュミテクトで知覚過敏の症状を効果的に抑える症状をご紹介します。

酸蝕症による知覚過敏

酸蝕症による知覚過敏は、シュミテクトの効果が出やすい症状です。酸蝕症とは、歯が溶けだしてしまう症状です。主に酸性の食べ物や飲み物を口に入れたり、胃液などが過剰に分泌される事が原因となり、歯が溶けてしまう症状です。歯はとても硬いのですが酸にとても弱くなってしまっていて、酸が過剰に分泌してしまうと歯にとって大事な再石灰化を阻害してしまう事にも繋がります。

虫歯が、細菌などが原因で歯が削られてしまうのではなく、体内から生成され排出されている胃液などが原因でエナメル質が溶かされ象牙質が出る事によって痛みが生じるタイプの知覚過敏です。この酸蝕症による知覚過敏の場合には、シュミテクトが非常に効果的です。

過度の歯磨きによる知覚過敏

過度の歯磨きによる知覚過敏もシュミテクトが効果的です。歯磨きによって白くて綺麗な歯を維持する事はとても重要ですが、歯磨きは少なからず歯に対してダメージを与えてしまう事になります。特に過剰に力を入れて歯を磨いてしまうと、歯をカバーしているエナメル質の部分が剥がれ落ちてしまう可能性があります。

特にホワイトニング効果があると言われている歯磨き粉の中にはエナメル質をはがれ落としてしまう物もあります。こういった過度の歯磨きによる知覚過敏の場合には、シュミテクトが効果的です。

シュミテクトが効かない症状

知覚過敏に効果的な事でも有名なシュミテクトですが、中にはシュミテクトでは効果のない知覚過敏の症状もあります。知覚過敏の症状によってはシュミテクトを使って一生懸命歯を磨いても知覚過敏の症状が和らぐ事がありません。こちらでは、どのような知覚過敏の症状がシュミテクトを使っても効果がないのかをご紹介します。シュミテクトを購入する前にぜひチェックしてみてください。

重度の歯周病による知覚過敏

重度の歯周病による知覚過敏が原因の知覚過敏は、シュミテクトではその痛みを取る事ができません。重度の歯周病の場合には、歯茎が下がってしまい、根本の象牙質の部分が露出してしまう事になります。特に重度の歯周病は、根本が露出している割合が大きくなってしまっておりますので、シュミテクトでは効果が期待できないのです。

シュミテクトの使い方


シュミテクトの使い方についてご紹介します。正しいシュミテクトの使い方をマスターする事によって、知覚過敏の痛みを効果的に弱める事ができます。シュミテクトを使う前に正しい方法をマスターするようにしていきましょう。

乾いた歯ブラシにつける

シュミテクトを使う場合には、乾いた歯ブラシにつけるようにしてください。よく濡らした歯ブラシにシュミテクトをつけてしまう方がいますが、そうするとシュミテクトの成分が薄まってしまいますので必ず乾いた歯ブラシにつけるようにしてください。

1週間から2週間は使い続ける

シュミテクトは、使い続けることによって表面にバリアを作ってくれます。しかしシュミテクトは即効性はありません。そのため効果が出るまでに1週間から2週間は使い続ける事が必要になります。

少量の水ですすぐ

シュミテクトを使って歯磨きをした後には、少量の水を使って口をすすぐのがポイントになります。普通の量の水を使って口をすすいでしまうと、せっかくのシュミテクトの成分が流れ落ちてしまいます。少量の水で口をすすぐようにして、シュミテクトの有効成分を歯に残すようにしてください。

1歯と歯茎の境目はとくにやさしく

歯と歯茎の境目は特に優しく磨いてあげてください。強くブラッシングしてしまうと逆に歯を傷つけてしまいますので、優しく磨いてください。

まとめ

シュミテクトは、知覚過敏の歯の痛みをしっかりと抑える効果が期待できます。正しいシュミテクトの使い方をマスターする事によって、効果的に痛みを和らげる事が出来ます。間違った使い方をしてしまったり、シュミテクト以外の歯磨き粉を使ってしまい、途中でシュミテクトを使うのを止めてしまうと、知覚過敏の痛みがぶり返してしまいますので使い続けるようにしてください。