成功のコツはウェアにあり!ホットヨガウェアの選び方・気を付けるポイント

高温多湿の環境で行うホットヨガは、普段使わない筋肉も動かしたりできるなどのメリットがあって人気です。しかし、大量の汗をかくことで「通常のヨガと同じ服装では効果が半減してしまう」と言われているので、どんなウェアがいいのか悩んでしまいます。

そこで今回は、

  • ホットヨガ専用ウェアの特徴
  • ホットヨガ専用ウェアで押さえておきたい機能性
  • おすすめのホットヨガ専用ウェアブランド
  • おすすめのホットヨガ専用ウェア商品

をまとめてみました。ぜひ参考にして、お気に入りをみつけてください。

ホットヨガをするなら専用のウェアが必要!

ホットヨガをするなら、専用のウェアが必要です。その理由は、かなりたくさんの汗をかくことや、体を大きく動かすことが多いからです。専用のウェアでないと、せっかくのホットヨガの効果が出にくくなってしまいます。ホットヨガ専用のウェアが必要な理由をまとめてみました。

かなりの汗をかくため

汗をかくことも目的としているホットヨガは、室温38~40℃、湿度55~65%という高温多湿な環境で行います。そのため、一般的なTシャツやショートパンツでは汗で重くなったり、肌にくっついて動きが制限されたりすることもあります。

動きやすいことはもちろん、汗をしっかり吸収しながらも速乾性があり、ニオイが気にならないウェアを選ぶことが推奨されています

色々な方向に身体を伸ばしたり曲げたりするため

ホットヨガでは、普段の生活では使わない筋肉を使ったり体を大きく動かしたりすることがあります。専用のウェアでないと自由に動けず、素材やデザインによっては胸や背中が見えてしまうことも。

ヨガの効果を半減させないためにも、ポーズに集中できるウェアを選ぶことが大切です。

締め付けのきついウェアは血流を阻害するため

ホットヨガのウェアは、伸縮性のある素材でボディラインにぴったりしすぎないものを選ぶことが必要です

ホットヨガはリンパの流れをよくする目的もありますが、血流が阻害されてしまうと体に負担がかかるだけでなく、リラックス効果も得られません。

ウェアは体にフィットしたものがおすすめですが、体にぴったりしすぎていると前屈のときなどに苦しさを感じたり、ボディラインが気になってポーズに集中できなくなったりしないよう気をつけましょう。

モチベーションを維持するため

ダイエット効果や体の柔軟性をよくするなどさまざまなメリットがあるホットヨガですが、高温多湿の環境下で大量に汗をかきながら行うため、時にはキツいと思うこともあるでしょう。

そんなときは、お気に入りのウェアが一役買ってくれます。何事もやる気は大切。カワイイウェアでモチベーションを維持することができますよ

ホットヨガウェアを選ぶときに押さえておきたい性能

温度や湿度が高い環境で行うホットヨガ。もちろん、「専用のウェアでないとできない」というわけはありません。

しかし、ホットヨガに適した通気性や伸縮性のあるウェアのほうが効果もアップします。ホットヨガウェアに求められる機能についてまとめました。

通気性

ホットヨガを快適に行うには熱を発散して蒸れにくい、通気性の高いウェアが必要です。スタジオは高温多湿のため、常に大量の汗をかいている状態。流れる汗が気になるとポーズに集中することができません。

速乾性

汗をたくさんかくホットヨガは、速乾性を重視したウェア選びも重要です。汗によってウェアが体に張りついて動きにくくなるため、快適な状態でポーズを取ることができなくなります。速乾性がある素材で、ウェアが汗で張り付く不快感を軽減しましょう

伸縮性

体を伸ばす、ひねる、大きく広げるなど、全身を動かすホットヨガでは縦横と斜め方向に伸縮性があるウェアが望ましいです。よく伸びるかどうか確認するようにしましょう。

汗をかいても下着が透けにくい

一般的なヨガであれば透けにくくても、ホットヨガでは同じポーズを行ったとき、大量にかく汗で下着が透けてしまうことがあります。やや厚みのある、水着のような素材であれば安心なので、透過性をよく確認しておきましょう

動きやすさ

動いたときに胸元や背中が見えてしまうと、ポーズに集中できなくなります。ホットヨガウェアは、動きを妨げない素材であることも重要です。

伸縮性があり、汗をかいても重くならず生地が皮膚に張り付きにくいウェアを選びましょう

ホットヨガにウェアのおすすめブランド

ヨガのウェアは国内外のさまざまなメーカーが取り扱っていりますが、その中からホットヨガにおすすめのブランドを紹介しましょう。

eka Los Angels(エカ)

2016年にロサンゼルスで誕生したeka Los Angels。現在ではハワイ、ニューヨーク、パリ、東京にも進出しているブランドです。

シンプルでスポーティなデザイン、大胆な模様の入ったものなど、さまざまな種類があります。ヨガマットもおしゃれで、ヨギーニの間でも人気です。

chacott

肌触りがよく速乾性が高い、伸縮性に富み動きやすいなどといった機能性はもちろん、デザインやカラーなども豊富で、センスのよいものをチョイスできるブランドです。

ホットホガでは汗によってウェアが肌にくっついてしまうこともあるので、快適に着られるものを選びたいもの。肌触りにこだわるならchacottもおすすめです。

lululemon

1998年にカナダで生まれたlululemonは、ヨガを中心にさまざまなスポーツウェアを提供しているブランドです。機能性に優れながらもファッショナブルで、メンズウェアも充実しています。高価なため、しっかり選んで後悔しないものを選ぶといいでしょう。

ONZIE

ビクラムヨギーたちによって誕生した、ロサンゼルス発のブランドです。フリーフロー素材は通気性がよく快適で、サラッとした着心地が長続きします。ファンキーなプリント柄が特徴ですが、無地もあり好みによって選べるのも魅力

eka Los Angels(エカ)のおすすめホットヨガウェア

シンプル素材あり派手目のデザインありと、さまざまな種類のホットヨガウェアを取り揃えているeka Los Angels(エカ)からは、ブラトップやレッグウォーマーを紹介しましょう。

ヨガソックス レッグウォーマー

やわらかく薄手のニット素材のレッグウォーマーです。

足の甲からかかとまで優しく包み込む、ふわりとした履き心地で快適。かかととつま先が開いているので、動いてもずれにくいのがメリットです。透け感もあるので、季節を問わずに使えます。ヨガウェアとのコーディネートでアクセントにもおすすめ。

ブラトップ

背面のクロスストラップとカップが縫い付けられているので、バストがしっかりホールドされ動きやすいのが特徴です。

ポリエステル95%、ポリウレタン5%で肌触りがよく、吸水性にも優れた素材。ストレッチ性も高いのでヨガにはぴったり。アウターにもひびきにくいので、インナーとして普段使いもできます

chacottのおすすめホットヨガウェア

速乾・伸縮性に優れ、機能性の高いウェアを取り揃えているchacottでは、スパッツやティアードショートパンツなど種類も豊富です。おすすめのホットヨガウェアを紹介しましょう。

ASANAロングスパッツ

ナイロン90%、ポリウレタン10%で、体にフィットしながらも動きやすいウェアのため、伸縮性を重視するホットヨガにはぴったり

膝をついたりひねったり開脚したりと、どのような動きでも自然にフィットし履き心地も抜群です。洗濯機で何度洗っても機能性を損なわない丈夫さもメリットでしょう。

ティアードショートパンツ

フリルスカートのようなキュートなデザインのショートパンツです。ティアードタイプなので珍しい1着。なめらかな素材は履きやすく、美しいシルエットも魅力的。フリルが付いているので、お尻のラインが出にくいのもメリットでしょう。

どのような動きでも気になりませんが、レギンスと合わせるのがおすすめです。

lululemonのおすすめホットヨガウェア

オシャレなデザインで話題のlululemonは、もちろん機能性も満足できるウェアが目白押し。中でもタンクトップは着心地がよく、ホットヨガにぴったりです。おすすめホットヨガウェアを紹介しましょう。

Bordeaux Dramaヨガワークアウトタンクトップ

4方向ストレッチで伸縮性の高い素材を使用しているため、ヨガのどのような動きにも対応します。体を締め付けることのないソフトでなめらかな手触りながら速乾性にすぐれているので、生地が肌に張り付く心配もありません

通気性もよく、汗をかいても快適にホットヨガを続けることができます。

ハイタイムパンツ 全ルオン製 7/8丈

ハイウエストデザインのため、かがんでもひねっても、体をしっかりカバーしてくれます。また、幅広のウエストバンドポケットが肌にほどよくフィットするため、ポーズに集中できます。

4方向にストレッチする素材が、体の動きに合わせて伸縮するので動きやすいのもメリットです。

ONZIEのおすすめホットヨガウェア

着心地がよく、ハイセンスなデザインのホットヨガウェアを数多くそろえているONZIE。さまざまなホットヨガウェアの中でも、レギンスは人気商品のひとつです。おすすめのONZIEホットヨガウェアを紹介しましょう。

ハイライズ グラフィック レギンス【S/M】/サンテリア

ストレッチ素材で体にほどよくフィットするレギンスです。足首までスッキリサポートし、ヒップ周りもカバー。足長効果や小尻見せ効果も期待できる商品です

水に強い素材で快適なドライ感をキープ。プールもOKな耐塩素素材を使用しているので、ヨガ以外のさまざまなシーンでも活躍します。

ドレーピー Vバック トップ

前と後ろで印象がガラリと変わります。背中が大胆に開いている大人っぽいデザインですが、サポートストラップ付きなので着くずれの心配がありません。また、首周りやデコルテラインをすっきり見せてくれるワイルドクルーネックも特徴。

柔らかなストレッチ素材で、温かく快適にホットヨガを楽しめるウェアです。

まとめ

大量に汗をかくホットヨガのウェアは、吸水性や速乾性、通気性に優れた素材を選ぶことが大切です。汗をかいても動きやすく、締め付けすぎない適度なフィット感もあるものを選ぶのもポイント。

どのような動きでも快適に対応するヨガウェアを選ぶときには、人気のあるブランドから選ぶと間違いないでしょう。