メイク落とし洗顔でスキンケアも時短!おすすめの洗顔料はこちら

女性にとって欠かせないスキンケア。そのスキンケアの入口ともいえるのが、クレンジングと洗顔です。しかし、クレンジングして洗顔して、更にその後スキンケアするとなると、めんどくさいと感じる方も少なくないでしょう。

ここでは、メイク落とし洗顔のスキンケアなどについてまとめてみました。

メイク落としってなかなか大変!

鼻の毛穴ケアは正しい洗顔方法が大事!

メイク落としでもさまざまなタイプがあり、それぞれ使い方や上手にメイクを落とすコツがあります。正しい使い方でメイクを落とさないとお肌を傷つけてしまうため、メイク落としって意外と大変なんですよね。まずは、メイク落としのタイプ別の特徴を見ていきましょう。

肌に負担をかけないのが基本

メイクを落とすとき、どうしてもしっかり落とそうと力を入れてしまいがちですが、メイク落としの基本はお肌に負担をかけないことです。そのため、メイクの汚れを落とすというより、汚れを浮かせることを意識しましょう

手のひらや指先を使いながら、擦らずに優しくメイク落としをなじませていくと、お肌に負担をかけずにメイクを落とすことができます。

オイルクレンジングはコツが必要

オイルクレンジングは、洗浄力が強いため、濃いめのアイメイクやウォータープルーフのメイクもしっかりと落とすことができます。ただ、オイルクレンジングには油分や界面活性剤が多く含まれているため、お肌への刺激も強くなってしまいます。

なるべくお肌に負担がかからないよう、オイルクレンジングを使うときは、素早く馴染ませてしっかり乳化させ、すぐに洗い流すなどのコツが必要です。

クリームクレンジングはダブル洗顔がめんどくさい

クリームクレンジングは、油分の多い濃厚なテクスチャーでメイクを落とすので、摩擦が少なく済み、お肌への負担も軽く済みます。また、クリームの油分でお肌の潤いを守ってくれるので、乾燥肌の方におすすめです。

そしてクリームクレンジングのもう一つの特徴は、洗浄料が少ないということです。洗浄料は、お肌のバリア機能を壊してしまうことがあるため、洗浄料の少ないクリームクレンジングなら、お肌のバリア機能を守りながらメイクを落とすことができます。ただし、洗浄料が少ないことからダブル洗顔は必須です。

シートタイプでのクレンジングは肌のこすりすぎが心配

シートタイプのクレンジングは、洗面所やお風呂に行かなくてもどこでもメイクを落とすことができるので、その手軽さからとても人気です。潤い成分が配合されているものも多く、拭き取るだけでメイク落としからスキンケアまでできるものもあります。

しかし、シートを直接お肌に当ててメイクを落とすことから、お肌の擦りすぎが心配されます。シートタイプのメイク落としを使うときは、力を強く入れすぎないのがポイントです。

リキッドタイプのクレンジングは濃いメイクには向かないことも

リキッドクレンジングは、水分をベースとしたクレンジングで、「水クレンジング」と呼ばれることもあります。そのためさっぱりとしたテクスチャーが好きな方におすすめです。お湯で洗い流すものから、コットンに出して拭き取るタイプのものまであるので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

さっぱりとしたテクスチャーで汚れも落としやすいですが、乾燥しやすい場合もあるので、乾燥肌の方は様子を見て使いましょう。

メイクも落とせる洗顔料ってこんなに便利

メイク落としの性質を理解してコツを掴むなんてめんどくさいと感じる方、多いですよね。そんな方におすすめなのが、「メイクも落とせる洗顔料」です。ここからは、メイクも落とせる洗顔料の魅力に迫っていきます。

コツはいらない!いつもの洗顔でメイク落としも終了

メイク落としだと、タイプによって使い方やコツが異なりますが、メイクも落とせる洗顔料なら特別なコツは必要ありません。いつも通り洗顔するだけで、メイク落としも完了してしまうのです。

2回も顔を洗うのが面倒という方や、とにかくスキンケアは時短したいという方におすすめです。

ダブル洗顔が必要ないからコスパも最強

メイクも落とせる洗顔料なら、その名の通りメイク落としと洗顔が1本でできてしまいます。そのため、別で洗顔料を用意する必要がないので、ダブル洗顔するよりもコスパが良いのです。

ジェルタイプ・フォームタイプなど洗った後の仕上りで選べる

ミルククレンジングはどれがいいの?おすすめクレンジング16選

メイクも落とせる洗顔料は、主にジェルタイプとフォームタイプのものが多く販売されています。ジェルタイプは、ジェルの弾力のあるテクスチャーによって、お肌に負担をかけずに汚れを落とすことができます。フォームタイプは、お肌に潤いを与えながらも、すっきりと洗い流してくれるのが特徴です。

自分の肌質や、好きな洗い上がりによって、ジェルタイプかフォームタイプかを選んでみてください。

ジェルタイプ!メイク落とし洗顔おすすめ3選

ではさっそく、実際におすすめのメイク落とし洗顔をご紹介していきます。まずはジェルタイプのおすすめ3選です。お肌への負担が軽く済むジェルタイプを探している方は、ぜひ自分に合ったものがないかチェックしてみてください。

ドクターシーラボ VC100 ホットピールクレンジングゲル 温感メイク落とし

これ一つで、メイク落とし・洗顔・ピーリング・温感マッサージ・温感パックの5つの役割を果たしてくれるクレンジングゲルです。メイクや汚れのほか、毛穴の汚れや黒ずみまで落としてくれて、なめらかなお肌に導いてくれます。

さらに、パパイン酵素やピーリング成分、植物美容オイルによって、キュッと引き締まった毛穴と潤いに満ちたお肌を手に入れることができるクレンジングゲルです。

reparte クレンジングジェル

天然ミネラル泥の「くちゃ」と、こんにゃくスクラブが配合されていることで、毛穴の汚れをしっかり吸着して除去してくれます。また、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分に加え、19種類もの植物エキスがたっぷり配合されています。そのため、汚れをしっかり落としながらもお肌に必要な水分は保持してくれるのです。

フォームタイプメイク落とし洗顔おすすめ5選

汚れをしっかり落としながらもお肌を守ってくれる、そんなフォームタイプのメイク落とし洗顔5選をご紹介します。フォームタイプでも、自分で泡立てるものからポンプ式で泡で出てくるものまでさまざまなので、自分が使いやすいと感じるものを選びましょう。

ダヴ リキッド泡クレンジング

こちらは、泡タイプのリキッドクレンジングです。ポンプ式で、きめ細かい泡になって出てきます。このきめ細かい泡が毛穴の奥まで入り込み、汚れをしっかり落としてくれるのです。

ぬるつきを残さずに、さっぱりとした洗い上がりになります。また、濡れた手、顔に使えるので、お風呂場でそのまま使うことができるので便利です。

ビオレメイクも落とせる洗顔料うるうる密着泡

ポンプ式で出てくる濃密な泡が、メイク汚れや皮脂汚れを一気に落としてくれます。フルーティローズの香りで、リラックスしながら洗顔できるのも嬉しいポイントです。

またこちらの洗顔料には、グリセリン、ノバラエキス、ローヤルゼリーエキスなどの美容化粧水成分が配合されているため、洗い上がりもみずみずしく、たっぷり潤ったお肌に仕上げてくれます。

洗顔専科 メイクも落とせる洗顔料

メイクや汚れだけでなく、日々蓄積されていく不要な角質や老廃物までもを除去してくれる洗顔料です。濃密な泡を作ることができるので、たっぷりの泡でお肌をこすらずに汚れを落とすことができます。

さらに、天然由来シルクエッセンスとWヒアルロン酸が配合されていることで、お肌をしっかり保湿し、素肌の潤いを守ってくれる洗顔料です。

KOSE コーセー ソフティモ スピーディ 泡リキッド クレンジング

泡で出てくるタイプのリキッドクレンジングです。きめ細かな泡が毛穴の奥まで入り込み、メイクや汚れをすっきり落としてくれます。ぬるつきが残らず、スピーディーに洗い流すことができるので、あまりクレンジングに時間をかけたくないという方にもおすすめです。

また、100%オイルカットなのでお肌に優しく、マツエクをしている方でも安心して使うことができます。

Dr.ウィラード・フェイシャルフォーム

きめ細かく、弾力のある泡が特徴的な洗顔フォームです。この細かい泡がお肌にしっかり密着することで、汚れを除去しながらも優しく洗い流してくれます。

敏感肌の方でも使える低刺激なものなので、お肌への負担が少なく済むのも嬉しいポイントです。しっとりとした洗い上がりで、乾燥肌の方にもおすすめの洗顔料になっています。

まとめ

メイク落とし洗顔の魅力と、おすすめのメイク落とし洗顔をタイプ別でご紹介しました。スキンケアの中でも最も重要なクレンジングと洗顔ですが、その二つを1つで済ますことができるメイク落とし洗顔は、まさに綺麗でいたい忙しい女子の味方です。あなたのお肌に合ったメイク落とし洗顔を見つけて、夜のスキンケアの時間を短縮してみませんか?