ボタニカル化粧水のおすすめ10選|成分を見て選ぼう!

最近よく耳にする「ボタニカル」な化粧水をなんとなく手に取り使っている方もいると思います。そもそもオーガニックとボタニカルの違いや、またそれぞれどんな特徴があるのか、さらには具体的な成分や、どういった商品があるのかしっかり把握している方は少ないのでは?

今回は、

  • ボタニカル化粧水って?
  • 具体的に使用されている植物成分
  • ボタニカル化粧水の選び方
  • おすすめのプチプラ・ボタニカル化粧水
  • 色々な力が期待できるボタニカル化粧水

について詳しく解説していきたいと思います。実はよく知られていない、オーガニックとボタニカルの違いや、ボタニカル化粧水の良いところをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

ボタニカル化粧水ってどんな化粧水?

「ボタニカル」という言葉をよく聞きはするけど、その意味は知らないままだという人は少なくはないでしょう。コスメやシャンプー、ファッションなどにもボタニカルという言葉は使われており、注目を浴び続けています。それでは、化粧水でのボタニカルとはどのような化粧水になるのでしょうか。

「ボタニカル」とは「植物の」という意味

近年、ボタニカルと言う言葉をよく耳にしますが、一体どういう意味なのかご存知でしょうか。ボタニカルを直訳すれば「植物の」、「植物から作られた」と言う意味になります。私たちの身の回りには木や草、花などと言った植物が多種多様にあり、その植物を使って作られたものをボタニカルと言います。化粧品などの他にも、洗剤やヘアケア製品にもボタニカルを謳ったものが多く出回っています。

植物由来の成分で作られているので肌に優しい

植物から作られているボタニカル製品は、当然植物由来の成分が主成分となっているため、低刺激で肌に優しいとされています。従来のほとんどの化粧水は香料などと言った化学成分が配合されており、これらは長期的に使用していると肌に負担をかけてしまう恐れも出てきます。ボタニカル製品は植物の天然念由来成分からできているため、こういった心配が一般的にはほとんどないとされています。

【気をつけよう】ボタニカル=オーガニックではない

気を付けておきたいのは「ボタニカル」と「オーガニック」は違うものであり、同じ意味ではないということです。オーガニックは「肥料や薬、添加物などを使用していない」と言う意味であり、農業からきた言葉です。ボタニカルは前述した通り「植物由来の」と言う意味であり、ファッションやインテリアまで幅広く用いられている言葉です。

具体的にはどんな植物が使われているの?

「植物の」や「植物からつくられた」という意味を持つボタニカルですが、具体的にはどのような植物が化粧水の成分として使われているのかご存知でしょうか?沢山使われている中で、特に肌に優しい成分として使われている植物を見ていきましょう。

【ハトムギ】美白や肌のくすみに

ボタニカル商品には多くの植物が使用されています。中でも美白や肌のくすみなどに力があるとされているのがハトムギです。ハトムギには皮膚の新陳代謝を高める作用があり、古くなった角質を除去して新しい肌を再生させてくれる働きがあると言われています。また、保湿力にもたいへん優れているので、乾燥肌でお悩みの方にもぴったりです。

【カミツレ】すこやかな肌に導く

糖とタンパク質が結び付くことを糖化と言います。この糖化が進むと肌の弾力がなくなり、白さも失われてしまいます。この糖化に力があるとされているのがカミツレです。さらに、このカミツレは全身のリラックスやストレス鎮静の力もあるとされているため、ストレスによる肌への影響を和らげてくれ、すこやかな美しい肌へと導いてくれます。

【ローズ】アンチエイジングやホルモンバランスの乱れからくる肌荒れに

上品な香りが有名なローズは、心を落ち着かせ、リラックスさせてくれる力があります。女性はホルモンバランスの乱れから心身共に不調になることもあり、肌へも悪影響を及ぼします。ローズの香りには女性ホルモンのバランスを整え、イライラや憂鬱な気分を解消させてくれる力があるとされています。

ボタニカル化粧水の選び方

植物からつくられた、肌に優しいとされる化粧水は人気のアイテムです。しかし今ではボタニカル化粧品だけでも多くのアイテムが展開されており、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も居るでしょう。そんな人の為に、ボタニカル化粧水を選ぶポイントをお教えします。

コストパフォーマンスがよいものを選ぶ

ボタニカル化粧水は価格が高いといったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか? しかし、手頃な価格のものも実は多くあります。選ぶ際はコストパフォーマンスが良いものを選ぶのが長く続けるためのコツです。コストの高いものだと勿体ないからと言って少しずつ使うなど、正しい用量、正しい方法で使用しない人もいます。それでは力も半減してしまいます。長く継続させる為にもコストパフォーマンスの良いものを選びましょう。

温泉水入り、セラミド入りなど様々な力が期待できるものも

ボタニカル化粧水の中には、植物性の成分だけでなく温泉水やセラミド入りなどの化粧水もあります。セラミドは保湿性に大変優れており、外的刺激からお肌を守ってくれます。また、温泉水はみなさんご存知の通り、言わずと知れた美肌成分がふんだんに含まれており、これらが入っている化粧水を使用することでさらに美しいお肌へと導いてくれる力が期待できます。

植物由来でも肌に合わないこともあるので使い始めは様子をみて

植物由来で出来ているからお肌には優しいと考えがちですが、実は必ずしも万人に合うわけではありません。植物アレルギーがある人は、逆に肌トラブルを招いてしまう場合もあるので要注意です。使用する前は成分をきちんと把握しておくことはもちろん、使い始めは少量ずつ使うようにしましょう。もし肌に違和感を感じた場合は、速やかに使用を中止して下さい。

プチプラでお肌にもお財布にもやさしいボタニカル化粧水4選

ボタニカルと言われると、その成分や力などで値段が高いイメージがあり、なかなか手が出せないという方も居るでしょう。しかし、実はボタニカル化粧水にもお財布に優しくて買いやすいアイテムも沢山あります。その中でもおすすめのボタニカル化粧水をご紹介します。

プラチナレーベル ハトムギ化粧水

プラチナレーベル ハトムギ化粧水
天然植物成分であるハトムギエキスは保湿性に優れているため肌に潤いを与え、しっとりと滑らかな肌へと導いてくれる力が期待できます。無香料でアルコールフリーのため敏感肌の人でも安心して使用でき流でしょう。また、1000mlと大容量でありながら600円前後で入手することができますのでコストパフォーマンスにも大変優れている製品です。

ボタニカル クリアローション フローラルローズの香り

ボタニカル クリアローション フローラルローズの香り
カツミレ、ローズマリー、カモミール、ラベンダーなど、厳選された20種類の植物天然成分が配合されています。それでいて1000円以下で手に入れることができるのでお得感満載です。特にこちらの化粧水はパッケージの通り、肌のテカリでお悩みの方にも最適な化粧水です。また、テカリの他にも毛穴の引き締めにも力が期待できます。テカリでべたつく肌もこのクリアローションを使用すれば皮脂を抑えてサラサラの美しい肌へと仕上げてくれます。

マジアボタニカ スキンコンディショナー ローズ 500mL

マジアボタニカ スキンコンディショナー ローズ 500mL
弱酸性で着色料、鉱物油フリーのこの化粧水は、ローズエキスの他にハトムギエキスも配合されており、潤いたっぷりのみずみずしい肌へと導いてくれます。また、コストパーフォーマンスにも優れています。お求めやすい価格となっているので毎日たっぷりとお使いになれます。乾燥肌でお悩みの方、ベタつきを抑えツヤのあるキメ細やかな肌を目指している方には、ぜひおすすめしたい逸品です。

マジアボタニカ スキンコンディショナー ハトムギ 500mL

マジアボタニカ スキンコンディショナー 500mL
乾燥肌やベタつきやすい肌を改善してくれるのがこのスキンコンディショナーです。お顔はもちろん、ボディケア用として全身にも使えます。ハトムギをはじめ、カミツレ、セイヨウオトギリソウ、トウキンセンカなど、様々な植物エキスが配合されています。お肌の乾燥や肌荒れに力があり、しっとりとしたすこやかな肌へと導いてくれます。全身の保湿ケアには最適の化粧水です。

色々な力が期待できるボタニカル化粧水6選

ボタニカル化粧水は、ただ植物からつくられたから肌に優しい、というだけではありません。きちんと肌に対する美容力や、リラックスなどさまざまな力が期待する事が可能です。その中でも6つ、おすすめするアイテムをご紹介します。

ヴィラボ ハッピーローションBP

ボタニカルプラセンタ化粧水-天然温泉水+高級美容成分の浸透型化粧水/品名:ハッピーローションBP ノンパラベン、アルコール、フェノキシエタノール、石油系合成界面活性剤無添加 (ボトルタイプ100ml)
ダイズエキスや甘草エキスの他、女性には嬉しい美容成分の女王と言われる植物性プラセンタや天然温泉水が配合されているボタニカル化粧水です。成分の浸透を妨げる化学物質が使用されていないため浸透力抜群で、透明感のある若々しい肌へと再生してくれる力が期待できます。エイジングケアには持って来いの化粧水です。また、高級成分がふんだんに使われているにもかかわらず価格も2000円以下となっておりコストパフォーマンスでも抜群です。

LOVE YOUR SKIN ボタニカルウォーター I(化粧水) 160ml

LOVE YOUR SKIN ボタニカルウォーター I(化粧水) 160ml
温泉水の他、ダイズやコメヌカ、茶葉、ダイコン、キュウリなど多種多様なエキスが配合されています。全て国産のこだわり抜いたオーガニック植物エキスが使用されており、天然由来の保湿成分により、理想的な肌へと導いてくれます。お肌が持つ本来の力を引き出してくれ、皮脂膜バランスの黄金比である水分:油分=7:3に近づけてくれます。コストパフォーマンスにも優れているので安心して続けられます。

ボタニカルモイストローション

ボタニカルモイストローション
合成界面活性剤やシリコンオイル、鉱物油、合成着色料や合成香料、その他多くの人工成分を不使用としており、ツボクサ葉やローズマリーエキスなどの植物由来成分を使用したお肌にとても優しい化粧水です。使用されているハーブ成分が肌を守ってくれるので、ピーリング後のお肌にも優しく鎮静してくれます。肌のコンディションを正常化させてくれるのでトラブルに負けない美しい肌へと導いてくれるでしょう。

リシャン ボタニカル化粧水 260mL


リシャンボタニカル化粧水は、90%以上が桃の葉やハトムギ、ヘチマエキスなどと言った18種類もの植物由来成分からできています。これらの成分により、保湿力をよりアップさせ、キメの細かい肌へと導いてくれます。さらに、日焼け後の肌にも有効とされています。植物の力はお肌に豊かな潤いを与えてくれ、健康的で美しいお肌にしてくれ、さらに爽やかなフローラルの香りも心身ともにリラックスさせてくれるでしょう。

ネイチャー アンド コー ボタニカル ローション 400mL

ネイチャー アンド コー ボタニカル ローション 400mL
化粧水、乳液、美容液と、これ1本で3つの役割を果たしてくれるため忙しい方に最適なローションです。オーガニックホホバオイルやバオバブ種子オイル、バージンココナッツオイル、カムカムエキスなどのボタニカルエキスが配合されています。乾燥や肌荒れなどを防ぎ、しっとりとみずみずしい肌へと導いてくれます。また、ボディローションとしても活用できますので大変コストパーフォーマンスにも優れています。

まとめ

ボタニカル化粧水には、数多くの種類のものがあり、内容成分も商品によって様々です。しかしどれも植物由来であるため、肌に優しいものばかりです。植物が持つ力は肌を健やかにしてくれ、また、肌が持つ本来の力も引き出してくれます。ですから、より美しく、健康的で強い肌へと再生してくれる力が期待できるのです。さらに、植物の香りは癒しも与えてくれ、心身ともにとてもリラックス力も期待できます。肌にはもちろん、心にも潤いを与えてくれるので多くの人を魅了し続けています。