アンチエイジングに効く食べ物ってなに?作用別にご紹介します

2018/05/15

「いつまでも若く美しくありたい」というのは女性の永遠のテーマですよね。老化防止やアンチエイジングに必要なのは、体内の細胞に栄養を送り続けてあげることです。つまり正しく栄養バランスのとれた食事をすることで、アンチエイジング効果を得ることができるとされているのです。そこで今回は、アンチエイジングに効果的な食べ物を作用別にご紹介していきます!

ここでは、

  • アンチエイジングに大切な食事のポイント
  • 抗酸化作用が期待できる食べ物
  • 免疫力や体の機能をアップする食べ物
  • ホルモンバランスの調整やコラーゲンの生成をサポートする食べ物
  • アンチエイジングにおすすめの飲み物

をご紹介します。

アンチエイジングに大切な食事のポイント


ただ栄養価の高い食べ物を食べれば良いというわけではありません。アンチエイジング効果を実感するためには、様々な食事におけるポイントをおさえておく必要があります。ここでは、アンチエイジングに大切な食事のポイントについて見ていきましょう。

決まった時間に食事をとる

まずは、朝・昼・夜の3回に分けて規則正しい時間に食事を摂るように心がけましょう。特に朝食は1日の中で最も重要な食事です。朝食を抜いてしまうと低血糖の状態が続いて体調不良の原因にもなってしまいます。

また、食事の時間が決まっておらず偏食的な生活を送っていると血糖値の上がり下がりが激しくなってしまい身体に負担がかかることにも。必ず1日3食決まった時間に食事をとる習慣を身につけましょう。

旬のものを食べる

栄養価が高い季節ごとの旬の食べ物を積極的にとるのもおすすめです。特に、旬の野菜は新鮮でビタミンやミネラル、ポリフェノールといった抗酸化作用がある栄養がたっぷり含まれています。旬のものを食べることで、これらの栄養が抗酸化作用として働き、老化の原因となる体内のサビや汚れを予防してくれるのです。

四季とりどりの旬の食材を楽しみながら、アンチエイジングをしていきましょう!

抗酸化力を高める栄養素をとる

体内の酸化を防いでくれる抗酸化作用がある栄養素を積極的に摂るようにしましょう。具体的には、ビタミンA・C・E、イソフラボン、アントシアニン、フィトケミカル(香り)といった栄養が望ましいです。

ビタミンAは鶏肉や豚肉のレバー、ビタミンCはピーマンやアセロラ、ビタミンEはいわしやたらこなど魚介類に多く含まれます。肉や野菜、果物や魚介類をバランス良く食べることで、抗酸化力のある栄養素を摂取することができますよ。

乳酸菌と食物繊維で腸内環境を整える

食事で摂取した栄養をしっかり身体に届けるために、まずは乳酸菌と食物繊維で腸内環境を整えるようにしましょう。いくら健康的な食生活を送っていたとしても、腸内環境が悪ければ栄養がしっかり吸収されません。腸内で悪玉菌が増えるとニキビなどの肌トラブルにつながることもあります。

善玉菌を増やしてくれる乳酸菌や腸内の掃除をする食物繊維で、常にキレイな腸内にしておきましょう!

抗酸化作用が期待できる食べ物

アンチエイジングといったら抗酸化作用のある食べ物は必須!数ある食材の中でも、特に抗酸化作用の高い食品をまとめてみました。これらを参考にして、バランスの良い食生活を送るようにしましょう!

トマト

トマトの赤色やオレンジ色を形成している色素成分のカロテノイドのひとつであるリコピンは、抗酸化作用が非常に高いことで知られています。その力はなんとビタミンEの100倍以上!

食べるときは生野菜としてではなく、加熱調理して食べるのがおすすめ。トマトは加熱することで、生の状態よりリコピンの吸収率が上がるという調査結果があります。さらにオリーブオイルで熱して食べると、リコピンの吸収がさらに上がると言われているので、試してみてくださいね!

アーモンド


アーモンドには抗酸化作用の強いビタミンEが豊富に含まれています。100g中に31.4mgと、丸ごと食べられる食材の中でもトップクラスの含有量です。さらに必須栄養素のミネラルや健康・美容に良いとされる不飽和脂肪酸も豊富に含まれているので、アンチエイジング以外の効果も期待できます。

アーモンドは1日に25粒程度の摂取が望ましいとされています。ローストしたものではなく生で食べる方が栄養価が高いので、おやつや小腹がすいたときのお供にしてみてくださいね。

ブルーベリー

ブルーベリーはアントシアニンと呼ばれる抗酸化作用の強い栄養素が含まれています。アントシアニンはフリーラジカルという活性酸素を増やして老化を促進させる成分の働きを抑える効果があるのです。さらに、同じく抗酸化作用の強いポリフェノールもたっぷり配合!

おすすめの食べ方は生で食べることです。ヨーグルトに入れたり、スムージーにして飲んでみるのもおすすめですよ!

免疫力や体の機能をアップする食べ物

アンチエイジングといえば老化予防と思われがちですが、免疫力の向上や体の機能をアップさせることもアンチエイジングにつながる重要な要素です。ここからは、免疫力や身体機能をアップさせる食べ物についてご紹介していきますよ♪

ほうれん草

緑黄色野菜の王様とも言われるほうれん草は、免疫力アップに欠かせない重要な食材です!というのも、ほうれん草にはβ-カロテン、ビタミンB群・C・Eや食物繊維といった栄養がバランスよく配合されているから。特にビタミンCは免疫力を高めてくれるので、風邪予防にもぴったりの栄養素!

油で炒めて食べると、抗酸化作用のあるβ-カロテンの吸収率を上げることができます。茹でても美味しいほうれん草は、長時間茹でてしまうと栄養素が逃げてしまいます。そのため、茹でる際はさっと短時間で済ませるようにしましょう。

パプリカ

パプリカは「カロテノイド」と言われる色素が豊富に含まれていて、これは抗酸化作用や体内の機能を上げて燃焼力をアップさせる効果が期待できます。カロテノイドは緑黄色野菜に多いですが、パプリカはほかの野菜に比べてさらに多い含有量であることが分かっています。

燃焼力が高いのでダイエット向きの食材としても有名なパプリカ。サラダや炒め物など、色々な料理に活躍しそうです♪

アボカド


アボカドには非常に強い抗酸化作用があるビタミンEのほかに、皮膚や粘膜の健康を保つビタミンAや疲労回復に効果的なビタミンB1、脂肪の代謝を促進させるビタミンB2が多く含まれます。また、肝臓を守るグルタチオンや動脈硬化・高血圧予防に効果的なオレイン酸も含まれているので、健康志向な人にもおすすめです。

アボカドはビタミンEやビタミンCと一緒に摂取すると栄養の吸収率が上がるので、これらのビタミンが豊富な食品と一緒に食べるようにしましょう。

ヨーグルト(無糖)

ヨーグルトに含まれる乳酸菌によって、免疫力をアップさせる効果が期待できます。乳酸菌によって善玉菌と悪玉菌のバランスが整えられると、感染防御作用や免疫細胞の活性化といった作用が働きます。さらに、ウイルスや細菌を分解・消化する白血球の栄養源にもなるので、ヨーグルトを食べれば風邪知らずの元気な身体を目指すこともできますよ。

おすすめの食べ方は、ホットヨーグルトで食べることです。温めることでヨーグルトの吸収率が高まり代謝アップも期待できるので、なるべくホットで食べるようにしてくださいね♪

ホルモンバランスの調整やコラーゲンの生成をサポートする食べ物

さらに若く美しくなるためには、ホルモンバランスの調整や美肌のもとになるコラーゲンに注目することも大切です。老化予防に加えて、さらに女性らしさや美しさを引き立ててくれる食材を見ていきましょう!

豆腐(大豆食品)

豆腐

豆腐に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれるので、女性の美しさや若々しさをサポートしてくれるのです。肌の代謝も促進されるので、美肌効果も期待できますよ。コレステロールの増加を抑えて動脈硬化の予防をしてくれるなど、健康・美容にもおすすめの食材です♪

かぼちゃ

冬の定番野菜として知られるかぼちゃは、病気知らずの身体づくりに欠かせない重要な野菜です。それだけでなく、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCも豊富!血行促進作用があるビタミンEも含まれるので、血色の良い健康なうる肌を目指すこともできます。煮物料理で食べると甘さが増すのでおすすめですよ!

サツマイモ


さつまいもにはコラーゲンの生成をサポートするビタミンCがなんとリンゴの7倍も含まれているのです!さらに、サツマイモの場合はでんぷんがビタミンCを覆っているため加熱調理をしてもビタミンが破壊されずにそのまま吸収することができます

新陳代謝を促進させて美肌をつくるビタミンB群も豊富なので、おやつ代わりにサツマイモを食べるのも良さそうですね。

レモン

レモンはコラーゲンの生成に必須のビタミンCがぎゅっと入ったフルーツとして知られています。ビタミンCにはさらに、抗酸化作用やメラニン色素の生成を防ぐ働き、抗ストレス作用もあるのです。また、レモンにはエリオシトリンというポリフェノールが含まれ、これは抗酸化作用のほかにも中性脂肪を減らす働きあります。

特に人気の飲み方が、朝1番に飲むお白湯にレモン汁を入れて飲む方法です。身体全身をゆっくりと目覚めさせ、1日を元気よく過ごすことができますよ!

パイナップル

南国のフルーツとしても知られるパイナップルはビタミンCのほかに、胃腸の調子を整えるクエン酸や疲労軽減・回復に効果的なビタミンB1、便通改善が期待できる食物繊維がたっぷり含まれています。

パイナップルは肉を柔らかくする作用があるので、酢豚やハンバーグなどの肉料理にもぴったり!さらにジュースにしたりヨーグルトと一緒に食べるなど、色々な食べ方が楽しめるフルーツなのです。

アンチエイジングにおすすめの飲み物

アンチエイジングに効果的なのは食材だけでなく、飲み物にもあります。食事のお供に一緒に飲むことで、さらに効果的にアンチエイジングに必要な栄養素を摂取できますよ!それでは、どの飲み物がアンチエイジングに効果があるのかについて解説していきましょう。

ミネラルウォーターはアルカリ性の硬水を選ぶ

ミネラルウォーターはミネラルが豊富な硬水を選ぶのがおすすめです。さらにアルカリ性のミネラルウォーターは、抗酸化作用のほかに血液をサラサラにしてくれる効果や代謝の活性化、便秘解消といった様々な効果が期待できますよ。ただし、硬水は苦みやクセがあり下痢や腹痛をを起こしやすいので、一度に大量に飲むのは控えてくださいね。

緑茶は抗酸化作用がある成分が豊富

アンチエイジング効果が期待できるお茶としておすすめなのが「緑茶」です。緑茶は抗酸化作用があるカテキンや緑茶ポリフェノールといった成分が豊富に含まれています。さらに緑茶にはメタボリックシンドロームや生活習慣病、がんや認知症といった症状の予防効果が期待できるという研究報告もあるほど美容や健康におすすめのお茶なのです。

緑茶のカテキンには血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるので、食前や食事中に飲むのがおすすめですよ♪

ポリフェノールたっぷりの赤ワイン


赤ワインにはカテキンやアントシアニンなど、6種類ものポリフェノールが豊富に含まれています。中でも赤ワインに含まれるプロアントシアニジンは、ビタミンEの役50倍もの抗酸化力があると言われているほど!

赤ワインは牛や鴨の肉、カツオやマグロといった赤身の魚が合うので、これらを食べるときはぜひ一緒に飲んでみてくださいね。

まとめ

いつまでも若々しく美しい姿は、日々の食事によって作られます。抗酸化作用のある食品をベースにバランスの良い食事を心がけることで、体内の酸化を防いで若々しい身体づくりをすることができます。

食事だけでなく、十分な休養や適度な運動も加えることでさらにその効果を実感しやすくなるでしょう。

今回ご紹介した食品を参考にしてバランスの良い食事を摂って、若さあふれる身体を手に入れましょう!

PAGETOP