太もものマッサージで効果的に下半身ダイエット!

普段、意識せずに酷使している太もも。負荷のかかりやすい部位であるだけに、気がつくと筋肉で太くなっていた、ということにもなりかねません。太ももが太くなりやすい原因について探りつつ、太ももを効果的にシェイプアップするアプローチについてまとめました。

太ももが太くなりやすい理由

筋肉がつきやすい

太ももは下半身の動きをささえる重要な部位であり、日常のあらゆる動作で無意識に負荷をかけている部位でもあります。負荷がかかるということはつまり筋肉がつきやすいということであり、なかなか細くなりにくい、ということを意味します。また、太ももには体のなかで重要な血管が通っており、いったん血流が滞ってしまうと下肢静脈瘤や末端冷え症の原因となってしまいます、

重点的に動かしにくい

太ももは周辺の幅広い筋肉とつながっており、単独で動かすことがきわめて難しい部位と言えます。したがって、太ももだけを重点的にきたえたりほぐしたりすることはほぼ不可能であり、ほかの筋肉との連動によって緊張をほぐしていくというアプローチがとられます。言い換えれば、太ももを意識的に動かすことは関連する筋肉をきたえることにもつながっており、ある意味で効率が良いとも考えることができます。

上半身から痩せていくから

「人間は上半身から痩せていく」。これは、下半身ダイエットに本格的に取り組むうえでぜひとも知っておきたい基礎知識です。裏を返せば下半身から肉がついていくということで、下半身ダイエットの恐ろしさでもあります。痩せようと思ってウォーキングやジョギングを熱心に取り入れれば筋肉ばかりが増えてしまうし、そうかといって何もしなければ筋肉が脂肪にかわってかえって太く見えてしまう。こうした、下半身ダイエットの「負のスパイラル」でお悩みの方も多いのではないでしょうか。筋肉と脂肪のメカニズムを医学的に把握することで、下半身の贅肉をバランスよく落とすことができ、やっかいな下半身太りも短期間で克服できます。

血流が滞りやすい

太ももには主要な動脈や静脈が通っており、本来であれば血液が活発に流れやすい部位です。しかしながら、長時間のデスクワークが連日続いたり、プライベートでも慢性的な運動不足になっていたりすると、太ももがポンプの役割を果たさなくなり、血流の停滞につながってしまいます。血流の悪さは下半身の冷え症に直結しますので、普段からできるかぎり意識的に太ももを動かすようにし、末梢血管にまで血液が行きわたるようにしましょう。冷え症をふせぐことで体温の上昇につながり、その結果として全身の代謝をアップさせ、下半身太りの解消に結びつきます。

簡単にできる太ももを細くするマッサージ方法を紹介


3分で効果抜群の太もも痩せマッサージ方法を紹介します。
マッサージ順

①脚の指、甲をマッサージ
②ふくらはぎの内側と側面をマッサージ
③ひざの後ろのくぼみを10秒ほど押して太ももの裏側に老廃物を流す
④つねって離す
⑤下から上にさすり完了

太ももマッサージグッズの紹介

Naipo マッサージ枕 首マッサージャー 首・肩マッサージ枕ピロー マッサージクッション ヒーター付き 首・肩・腰・背中・太もも 肩こり ストレス解消 家庭用&職場用&車用 温熱療法


こちらのマッサージャーを使えば、太ももだけでなく首、肩、腰など、筋肉が緊張しやすい部位を重点的に揉みほぐすことができ、全身のリラクゼーション効果を体感できます。効果的に配置されたもみ玉によって筋肉のこりをほぐし、なおかつ最高44度の加熱機能によって緊張した筋肉をじんわりと温め、血流を促進します。筋肉の緊張緩和と血流促進効果の相互作用により代謝効率がさらにアップし、少しの運動でも多くのカロリーを消費できるダイエット向きの体質に変わっていきます。

パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ ひざ/太もも巻き対応 温感機能搭載 ブラック EW-RA96-K


こちらのエアーマッサージャーは脚全体に装着するタイプで、筋肉をすっぽりと覆い尽くすことにより保温効果を高め、段階的に血流を促進していきます。太ももまで覆うことも可能で、保温性能の高いエアーマッサージャーで時間をかけて温めることにより蓄積した筋肉のコリをほぐし、短時間で温まりやすい筋肉へと変えていくことができます。また、爪先や足先だけに装着するタイプもあり、どの部位がより冷えやすいかによって商品を使い分けることができます。

【LeaTherBack】インテリジェント按摩棒 電動マッサージハンマ 首・腰・背中 多機能家庭用マッサージ器材 車載マッサージピロー マッサージピローヘッドレスト赤外線療法小型 首-肩-背中-腰-太もも-ふくらはぎマッサージ機


こちらのマッサージハンマーは凝った筋肉に刺激を与えることで緊張をほぐし、血流を促進する効果があります。サイズ感もお手頃で、ひとり暮らしのリビングに置いていても決して邪魔になることがなく、使いたいときにすぐに取り出すことができます。ほどよい刺激が与えられるように設計された突起が太ももや腰、背中の筋肉を揉みほぐし、心地良いリラックスを与えてくれます。刺激の強さも調整できるため、ビギナーは軽めの刺激から、ある程度慣れてきたら本格的な刺激へ、といった風に緩急をつけたマッサージが手軽にできることも大きな魅力のひとつです。

オムロン レッグマッサージャー ブラウン HM-252-BW


家庭用レッグマッサージャーとして高く評価されているこちらの商品。太ももやふくらはぎに巻きつけて電源を入れることで内部が加熱され、筋肉の緊張をほぐしてくれます。ベルトの素材もポリエステルで肌になじみやすく、素肌に直接巻きつけてもまったく違和感がありません。短時間の充電で長い時間のマッサージに対応し、また、コンセントにつないだまま使用することもできます。下半身の冷えが気になる仕事中や家事の合間にさりげなく装着することで血流が自然と促進され、冷え症に起こりがちな末端のしびれなどの症状をふせぐことにもつながります。

(マモーレ) Mamo-Re シルク と ゲルマ の 太もも 用 サポーター 女性鍼灸師が開発 太もも燃焼 むくみ セルライト 除去 婦人科系 に作用 両足セット(L、ブラック)


太ももに巻きつけるタイプのレッグマッサージャーは決してめずらしくありませんが、ゲルマニウムの力で皮膚の内側から血流を促進するという点において、こちらの商品はこれまでのレッグマッサージャーとは異なっています。冷え症やむくみだけでなく、月経不順などの婦人家計の疾患にもプラスに作用し、毎日使用することで脂肪が燃焼しやすい体質が出来上がっていきます。自然素材で肌触りも良く、長時間装着していてもかゆみや皮膚の赤みが起こることは在りません。

筋トレ&ストレッチで細くする

ノーマルスクワット

腰に負担がかかるという理由で一時期その効果が問題視されていたスクワット。しかしながら、継続して行えば筋力アップや代謝効率の向上に効果があるということで、学校教育の場でもあらためて見直されつつあります。一見すると地味な運動のように見えますが、スクワットは実は上半身と下半身の筋肉をまんべんなく使う全身運動であり、正しいメソッドで意識的に行えばじんわりと汗ばむほどエネルギーを消費する運動でもあります。ポイントは「筋肉をゆっくり動かす」ということで、20秒から30秒ほどかけて関節や筋肉を伸び縮みさせることで末端の血流が活発になるほか、普段は使わない背筋などの筋肉をまんべんなく動かすため効率の良い筋トレにもなります。

ウォーキング


有酸素運動の代表格ともいえるウォーキングは、冷え症解消の必殺技です。目安としては軽く汗ばむ程度のペースで40分ほど歩くことによって全身の代謝効率がアップし、血流が促進されるために足先まで温まりやすくなります。また、無理のないウォーキングを長いスパンでつづけることにより心肺機能が強化され、ジョギングやランニング、スクワットなどより負荷のかかる運動を無理なくこなせるようになります。

レッグカール

日本語ではいわゆる「海老反り」に近いポーズになるレッグカールは一見ハードに思えますが、実際にやってみると筋肉や関節にそれほど負担はかからず、むしろ、普段はめったに刺激を受けない筋肉までもがきたえられるため、一種のリフレッシュ効果を味わうことができます。ポイントは、折り曲げた足先と胸のラインが一直線上になるまで全身をカールさせることで、運動不足で体が硬いうちは多少痛みをともなうかもしれませんが、ある程度つづけていくうちに筋肉がほぐれはじめ、長い時間このポーズをとってもまったく苦しくなくなります。

アダクション

日本語で「内転」という意味をもつアダクションは、内転筋に対して強い負荷をかけることで筋肉を引き締め、太ももを細く見せるための筋トレです。「ライイング・アダクション」、「ケーブル・ヒップアダクション」、「マシンアダクション」などさまざまな種類があり、メソッドによっては専門器具が必要になる場合もあります。いきなり上級編にチャレンジすると筋肉を傷めかねませんので、まずは器具なしで手軽に試せる初級編からこつこつ自信をつけ、筋肉をじっくり育てていくと良いでしょう。

レッグエクステンション

エクステンションは日本語で「伸ばす」ということです。筋肉は基本的に縮む動きは得意ですが、伸ばす動きは苦手という特徴をもっています。苦手な動きほど効果的であるというのが筋トレのセオリーですので、レッグエクステンションでは太ももやふくらはぎの筋肉をできるかぎり伸展させ、血のめぐりを正常化していきます。デスクワークの多い現代人はとくに下半身の筋肉が硬直しやすいため、意識的なレッグエクステンションによって筋肉の柔軟性を保つことが不自然な下半身太りの解消につながるのです。

その他の下半身痩せメソッド

オイルマッサージ

太ももの血行を促進するという意味で、オイルマッサージは非常に大きな意味をもっています。普通のマッサージ以上に筋肉のひとつひとつを丁寧に揉みほぐすうえ、オイル特有の成分が皮膚の内部にまで浸透し、血流促進効果やリラクゼーション効果が得られます。

サプリメント


継続的なストレッチを取り入れるゆとりがないという方にとっては、サプリメントによって体質改善をはかるのもひとつの方法です。ただし、日常的にサプリメントに頼りすぎると依存性が高まり、サプリの効果そのものが次第に薄れてしまいます。サプリメントはあくまでも補助食品ですので、基本的には筋トレやストレッチで下半身をスリムにしていきましょう。

骨格矯正

若い頃はスリムで、年齢を重ねるごとにだんだんに太りやすくなった。そのような方は一度、骨格のゆがみを疑ったほうが良いかもしれません。体のベースとなる骨格がゆがんでしまうとそれに付随して筋肉のバランスがくずれてしまい、結果として太って見えるようになります。骨格を矯正し、筋肉バランスをととのえることでエネルギーを効率よく生み出せるようになり、太りにくい体質に近づいていきます。

まとめ

太ももは下半身をささえる要であり、細くなりにくい部位でもあります。ウォーキングやジョギング、アダクションなどさまざまなメソッドを組み合わせて、太ももだけでなく下半身をゆっくりと細くしていきましょう。