脚もダイエットしたい!ほっそりした脚を手に入れるには

座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事をしている女性は、脚が太くなりやすいものです。足が太いと服も選ばなければなりません。

水着なども着られなくなるでしょう。脚を細くするには、食事によるダイエットだけではなく、エクササイズやマッサージが必要です。

今回は

  • 脚が太いのはどうして?
  • 脚を細くする方法
  • 脚痩せに効くストレッチ・エクササイズ
  • 脚痩せに効くマッサージ
  • 脚痩せに効く歩き方の5つのポイント

と、脚を細くするストレッチやエクササイズ、マッサージを紹介しましょう。

脚が太いのはどうして?

食べ過ぎているわけでもないのに、脚が太くなってしまうことがあります。上半身は細いのに、下半身だけが太いことも。

脚はどうして太くなるのでしょうか?脚が太くなる原因には、代謝が悪い、血行が悪くなっているなどといったことが挙げられます。脚が太くなる原因についてまとめました。

代謝が悪くなっている

水分不足や運動不足などで代謝が悪くなると、脂肪の周りに老廃物などが付着し、脂肪が固くなりセルライになってしまい、結果太ることがあります。

代謝が悪いということは、血行が悪くなっている証拠です。運動不足などで脚だけでなく、全身を動かす機会がないと、脚の筋肉が衰え、脂肪燃焼もしにくくなります

むくみがある

下半身が冷えると血行が悪くなり、むくみやすくなります。冷たいものを飲んでばかりいる、薄着でいることが多いなどといった理由で血行が悪くなると、下半身の冷えにつながるので注意が必要です。

常にむくんだ状態でいると、脂肪に老廃物が付着しセルライトになることもあるでしょう。セルライトは運動だけでは落とせないことも多いので、セルライトになる前にむくみを解消することが必要です。

脚を細くしたい!どんな方法で細くする?

脚を細くしたいなら、ストレッチやエクササイズがおすすめです。ストレッチやエクササイズは、固まった筋肉をほぐし、血行をよくしてくれる効果が期待できます。

さらにマッサージなどで血行をよくすることが必要。脚を細くする方法についてまとめました。

①ストレッチやエクササイズ

ストレッチやエクササイズは、脚の筋肉を伸ばし、筋肉を刺激することができます。固まった筋肉がほぐれ、柔軟性が高まり血行もよくなります。

代謝がアップして脚が細くなるでしょう。股関節などの関節がほぐれると可動域を広くすることも脚痩せにつながります。呼吸を繰り返し、伸ばす筋肉を意識しながら行うことが大切です。

②マッサージ

マッサージは血液やリンパの流れを促し、老廃物や余分な水分を排出しやすくします。むくみを解消し、足痩せにつながります

特に脚の裏にはツボが多く、刺激を与えることで血行がよくなるメリットも。疲労回復効果もあるので、マッサージを習慣にするといいでしょう。

③日常生活でも意識!歩き方を正す

歩き方が足を太くする原因になっていることがあります。歩き方を正しくすることで、筋肉が正しく使われ、余計な筋肉の発達を防いで脚を細くすることができます。

正しい歩き方は脚の関節などへの負担を軽減し、疲労も防いでくれるでしょう。むくみにくい脚になるというメリットもあります。

脚痩せに効く!ストレッチ・エクササイズ

ストレッチやエクササイズは脚を細くするには欠かせない方法です。

寝る前やちょっとした時間でできるストレッチやエクササイズを紹介しましょう。

太ももに効く!足伸ばし

1. 肩の下に肘をついて横向きになります。
2. 下の脚はまっすぐに伸ばし、上の膝を曲げます。
3. 伸ばした方の足を、床から浮かせます。
4. 10回を目安に行います。
5. 反対側の足も同じように行います。

エアでも効果あり!縄跳び


縄跳びは脚痩せに効果的な有酸素運動です。エア縄跳びなら、スペースがなくてもできる便利なエクササイズ。

運動量をスマホで管理できるシステム搭載の縄跳びアイテムもあります。筋肉の強化もできて、足痩せ効果が期待できるでしょう。全身の血行をよくすることができるのも、脚痩せ効果のアップにつながります。

寝る前にもできる!自転車こぎ


寝た状態から足を上げて、自転車をこぐように脚を動かすエクササイズです。脚を90度に曲げ、つま先をまっすぐにするのがポイント。

寝る前にできるエクササイズなので、習慣にしやすいのもメリットです。寝たままできるのでテレビを見ながらでもできるのも魅力です。

ちょっとしたスキマ時間にもできる簡単エクササイズ


仕事の休憩などちょっとした隙間にできるエクササイズもおすすめです。壁に手を置き、脚を後に上げたり、下げたりするだけでも、脚の筋肉に刺激を与えることができるでしょう。

簡単にできるエクササイズであれば、続けることもできるので足痩せ効果もアップします。

脚痩せに効く!マッサージ

マッサージは血行をよくし、リンパの流れをよくするので、むくみの解消につながります。特に運動不足の人や、同じ姿勢で長時間過ごす人などは、脚がむくみやすいもの。脚痩せに効くマッサージを紹介しましょう。

むくみをとるリンパマッサージ


脚のむくみを取るリンパマッサージは、特に足裏、脚の甲、足首、脚の内側がポイントです。このポイントをしっかり刺激することで、リンパが流れやすくなります

。代謝もよくなるので、セルライトも予防できるでしょう。

脚の裏をマッサージ


特に脚の裏にはリンパが集まっているので、最初にケアをするといいでしょう。手でグーを作り、脚の裏全体を刺激します。脚の指側からかかとに向かってリンパを押し流しましょう。

脚をギュッと内側に曲げたときにできるくぼみはツボです。このツボをしっかり刺激することで、むくみの解消につながります。

膝から下も念入りに


膝から下はリンパが滞りやすく、むくみやすいので念入りにマッサージをしましょう。老廃物が溜まりやすい脚の甲は、骨の間の老廃物をしっかり押し流します。

足首は内くるぶしの横を押しながら回すと効果的。内くるぶしから膝の内側、内ももの中心から鼠蹊部といったラインを目安にリンパを押し流しましょう。

脚痩せに効く歩き方!ポイントは5つ

正しい歩き方をすると、本来使われるべき筋肉が正しく使われ、筋肉の衰えを防ぐことができます。

脚痩せに効く歩き方には、ポイントがあります。そのポイントを5つお伝えしましょう。

背筋を伸ばして歩く

ポイントの一つは背筋を伸ばして歩くことです。猫背など姿勢が悪いと、前に重心がかかりやすくなり、ふくらはぎが太くなります。

背筋を伸ばすとともに、腰が丸くならないように胸を張り、アゴを引き気味にして視線はまっすぐ、腰を剃りすぎないように注意しながら歩きましょう。

かかとから着地

着地のときにはかかとから入り、つま先に体重を移動させながら脚を離します。つま先から着地をしないように注意しましょう。脚を地面から離すときには、小指の付け根、親指の付け根で地面を押すイメージで歩きましょう。

最初は慣れないかもしれませんが、イメージを大切にして歩くことで自然とスムーズに歩けるようになります。脚の指を意識することで、ふくらはぎの血行もよくなりむくみ対策になります

歩幅は大きく

歩幅は大きく、1歩を1mくらいの歩幅を意識するといいでしょう。股関節から足を動かすのがポイント。歩幅を大きく取って歩くことで、カロリー消費量も増え、脂肪燃焼もしやすくなります。

ただし、あまり歩幅を大きくすると、正しい姿勢で歩けなくなります。股関節や膝関節などに負担がかかることもあるので、歩きやすい歩幅で歩くようにしましょう

ゆっくり歩くのは効果減

歩幅を広く取っても、ゆっくり歩くのは効果が半減してしまいます。早歩きをすることで、エネルギーの消費量も多くなります。

1日1時間歩くのが痩せるための目安

脚痩せ効果を得るには、1日1時間を目安に歩くことが必要です。最初から1時間も歩けないという人は、初めに20分、慣れたら30分と徐々に時間を増やしていくといいでしょう。

正しく歩くことで、体が温かくなり脂肪も燃焼しやすくなります。脚の筋肉のほか、全身の筋肉も使うので、より効果的に脚痩せもできるでしょう。

まとめ

運動不足や1日中座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢でいる人は、脚がむくみ、太りやすい傾向にあります。血行をよくしてむくみを解消し、脚を細くするには、ストレッチやエクササイズマッサージをするといいでしょう。

リンパの流れをよくすることで足痩せができます。また、自分の歩き方をチェックし、正しい方法で歩く習慣をつけることも大切です。