ランニングマシーンの効果に迫る!正しく効果を得るために

ダイエットにランニングやウォーキングがいいことは、世間一般に広く知れ渡っています。しかし、実際に始めようとすると人の目が気になったり天候に左右されたりして、思うように続けられない人も少なくありません。そこでおすすめするのがランニングマシーンです。今回はランニングマシーンを使用するメリットのほか、期待できる効果や、正しく効果を得る方法についてまとめました。

ランニングマシーンを使用するメリット

ランニングマシーンは自宅の一室に設置して、ウォーキングやランニングができる運動器具です。ダイエットや健康、美容のために取り入れている人も少なくありません。ここでは、ランニングマシーンを使用するメリットについて見ていきましょう。

天候に左右されず、室内で運動ができる


ウォーキングやランニングを途中で辞めてしまう原因として多いのが天候です。ウォーキングやランニングは継続して行うことで少しずつリズムができます。しかし、天候で屋外の運動が難しい日が何度かあるとリズムが狂い、やる気が失せてそのまま辞めてしまうことも少なくありません。

その点、ランニングマシーンは天候に左右されません。雨や雪、極端な暑さや寒さが続く時期でも外出せず、自分のリズムで運動を続けられるランニングマシーンのメリットは大きいでしょう。

ながらエクササイズができる


ランニングマシーンの大きな魅力は、ながらエクササイズができることです。テレビを見ながら、本を読みながら、スマホを見ながらウォーキングやランニングができます。何かに集中しながら運動したほうが、疲労感も軽減されます。

また、ながらエクササイズは時間を有効活用できるのもメリットです。ダイエットと別のことが同時にできるために、時間に追われている現代人にとって無駄が省けるのは好都合ではないでしょうか。

外に出ないので、服装やメイクに気をかける必要がない

ランニングマシーンを使った運動は、服装やメイクに気を遣う必要がありません。ランニングやウォーキングのように外出する必要がないので、普段通りの格好で運動ができるのは特に女性にとっては嬉しいものです。

実際、ウォーキングやランニングに挫折する理由として、メイクや服装にこだわるのが面倒という声もあります。長く続けていくためにも、運動するハードルは低ければ低いほどよいのです。

ランニングマシーンで期待できる効果とは?

ただ単にダイエットに効果があるといわれても、具体的に何がよいのか分からないと導入する気になれないと考える人もいるでしょう。基本的な動作自体はウォーキングやランニングと変わりません。しかし、ランニングマシーンならではの効果も期待できます。ここでは、ランニングマシーンの使用で期待できる効果について詳しく解説していきます。

全身の筋肉をくまなく鍛える


ランニングマシーンのメリットは、全身運動を通して体全体の筋肉をくまなく鍛えられる点です。筋肉を増やすことは代謝の向上につながり、痩せやすい体質へと導いていけます。

また、筋肉に対する負荷の設定も、ランニングマシーンのタイプによっては変更可能です。この機能により、鍛えたい部位があるときは、重点的にそこの筋肉を鍛えられます。バランスよく体を引き締めれば、美しいボディラインを作ることにもつながるでしょう。

代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい体質を作る

ランニングマシーンは、代謝を上げて脂肪燃焼しやすい体質を作る効果が期待できるのもメリットです。代謝というのは、何もしなくても体がエネルギーとして糖分や脂肪を使うことをいいます。代謝が上がると、それだけ多くの糖や脂肪を使用するため、痩せやすくなるわけです。

ランニングマシーンが代謝機能を高める理由は、筋肉の増強効果が期待できる点にあります。ランニングマシーンは身体への負荷レベルを調整することで、効率的に筋肉を鍛えられるのも魅力です。

有酸素運動で脂肪燃焼を促す


運動のダイエットでは、有酸素運動が効果的です。有酸素運動として効果が高い種目としては、ウォーキングやランニングが挙げられます。ランニングマシーンがあれば、どちらの運動も実行できる点がメリットです。

ちなみに、有酸素運動によるダイエット効果は、最低でも20分から30分以上運動しないと出ません。理由は運動してしばらくは太る原因の脂肪ではなく、糖質がエネルギーとして優先的に使用される点にあります。ゆっくりスピードで問題ないので、長く続けることが重要です。

ランニングマシーンの効果を高めるコツ

ランニングマシーンは、ダイエットに効果的な運動器具です。そのまま使ってもダイエット効果は期待できます。しかし、少しでも効果を高めたいのであれば、ランニングマシーンの正しい使い方を知っておくことも重要です。ここでは、ランニングマシーンの効果を高めるコツについて紹介していきます。

ランニング前に筋トレをして成長ホルモンを分泌させる


筋肉を増やす方法として効果的なのが筋トレです。筋トレをして筋肉増強ができるのは、筋肉に刺激を与えるだけでなく成長ホルモンの分泌を促すことも理由としてあります。成長ホルモンの分泌が進むと、筋肉も効率的に増やすことが可能です。

筋肉を増やすことは、代謝を上げてダイエット効果も促します。そのため、筋トレをして成長ホルモンを出してからランニングマシーンを使うと、効果も倍増です。準備体操も兼ねて、ランニングマシーンに乗る前には軽い筋トレをしましょう。

食事をして血糖値を上げた後に使う

太る原因は、主に糖分と脂肪分です。どちらもダイエットの天敵のイメージがありますが、体に欠かせない成分でもあります。太ってしまうのは、体が必要としている糖分や脂肪分を超えて摂取してしまうためです。

運動する場合、糖分が先に消費されます。食事から糖を摂取し、運動しないと余分な糖分が脂肪に変換されます。これを防ぐためには、食事で血糖値が上昇している状態で、ランニングマシーンを使用する方法が効果的です。スピーディに血糖値を下げることにつながります。

音楽を聴いてモチベーションを上げる


ウォーキングやランニングをしているときは、モチベーションの維持が必要になります。ランニングマシーンは、周囲を気にせず使える運動器具です。モチベーションを上げるために、音楽を聴きながらウォーキングやランニングをするのも選択肢の一つとしてあります。

特に明るい音楽やテンポがいい音楽には、ウォーキングやランニング時の気分を盛り上げる働きがあります。ランニングマシーンのダイエットは長く続けることが大切なので、音楽を聴きながらペースを作っていくとよいでしょう。

手すりにつかまって走らない

ランニングマシーンを使用するときは、できるだけ手すりにつかまって走らないようにしましょう。手すりにつかまって運動をすると、体の筋肉をあまり使用しません。筋肉増強の効果が下がってしまうので注意が必要です。

ただし、膝や腰が痛いなど体に痛みを感じる場合は、手すりにつかまって体を慣らすのも方法としてあります。無理をして身体を悪化させてしまっては意味がないので、コンディションを考えながら使い方を変えましょう。

傾斜角をつけて走る


傾斜角を自由に設定できるランニングマシーンがある場合は、傾斜角を有効に活用しましょう。傾斜角を設定することで、筋肉の使用量も増やせます。筋肉を多くつけると、代謝を上げて痩せやすい体質作りにつながるわけです。

ただし、傾斜角をつけてランニングする場合、慣れないうちは腰や膝への負担も無視できません。痛みを感じる場合は傾斜角をつけずにランニングマシーンを使用し、徐々に体を慣らしていきましょう。

足の真ん中で着地をする

ランニングマシーンを使って足に痛みを感じる場合は、着地法が間違っている可能性があります。正しい着地は、足の真ん中を使って着地させることです。つま先やかかとから着地すると部分的に負荷がかかるので気をつけましょう。

歩き方や走り方は、すぐに改善できるものではありません。意識して繰り返すことで少しずつ改善されます。足の真ん中でうまく着地ができないときは、ウォーキングから始めて少しずつ改善していくのがポイントです。

腕をしっかり振る


ランニングマシーンを使ってウォーキングやランニングするときは、腕をしっかり振ることを意識しましょう。正しく腕を振らないと、適切なフォームになりません。いきなりランニングをしても腕をきちんと振れない場合もあります。

まずはウォーキングで、自分の腕の振りを確認しながら歩いてみましょう。慣れてきたら少しずつ腕を大きく振ることをおすすめします。ウォーキングで正しいフォームを習得し、それからランニングに移行するのがベストなパターンです。

ランニングマシーンを使うときの注意点

ランニングマシーンはダイエットにおすすめの運動器具です。しかし、使い方を間違っていると効果が出ません。ここでは、ランニングマシーンを使用するときに注意したいことを解説していきます。

最初から飛ばさず、自分の体系にあったペースを身につける


初心者がやりがちなミスとして多いのが、最初からハイペースでランニングマシーンを使うことです。ハイペースは思った以上に疲れるだけでなく、正しいダイエット効果も得ることができません。

最初から飛ばしてしまうのではなく、自分の体型にあったペースで始めることが大切です。特にぽっちゃりの人はいきなりランニングだと自分の体重でかかる足腰への負担が大きすぎます。まずはウォーキングから入り、体重を落とした上でランニングに移行すると良いでしょう。

途中でだらけたりしないよう、走るフォームに気を付ける

ランニングマシーンを使うときに気を付けたいのは、途中でだらけないことです。自宅で簡単にできる運動器具なので、どうしても気が緩んでしまいます。そこで気を引き締めないとフォームが崩れ、せっかくランニングマシーンで運動しても効果が出ません。

ランニングマシーンを使うときは気を引き締め、特にランニングフォームを意識しましょう。正しいランニングフォームで運動をすれば、それだけダイエット効果も得ることができます。足や腕のフォームは崩れやすいので、チェックしながら運動しましょう。

まとめ

ランニングマシーンは、自宅で簡単にウォーキングやランニングができる優れものです。日々進化しており、機能性が充実している製品も増えています。利用する目的は人によってさまざまですが、間違った使い方をしてしまうと効果は得られません。購入した際には正しく使い、ランニングマシーンの効果を得ましょう。