前歯だけ矯正することは可能?矯正の方法やメリット・デメリットとは?

歯の矯正をすると歯並びを良くすることができるようになりますので、イメージアップにつながります。しかしながら、歯の矯正には大きな痛みが伴うこともありますし、更には金額もバカにならないという部分もでてきますので、なかなかやりたくても矯正を行えないでいることもしばしばです。しかしながら、イメージアップのためだけに矯正をするのであれば、歯の全部を矯正するのではなくて前部だけを矯正するという方法もありますので検討してみてもいいでしょう。

前歯だけ部分矯正する方法

前歯だけ部分矯正をする方法が最近人気を集めています。前歯だけを矯正することになりますので、非常に短時間で矯正が完了します。前歯は奥歯に比べて薄い構造をしていますので、痛みもなくそして矯正も簡単に行って行けるようになることが多くなります。

ブラケット

ブラケットを使うと前歯の部分だけをワイヤーを使って矯正を進めていくことができるようになりますので大変便利です。ワイヤーの強さを調整することによって痛みを和らげることも可能になりますので、とても便利です。ブラケットを使うと短時間でしかもストレスを感じることなく矯正を進めていくことが可能になります。

リンガルブラケット

リンガルブラケットのメリットの一つとして矯正をしていることを他の人に知られる心配が無いということがあります。矯正器具を歯の裏側に付けることになりますので、矯正をしていることが分かりにくいことになります。矯正をするパワーは同じですので、前歯だけでしたらスムーズに行って行くことが可能になりますので便利です。

マウスピース


マウスピースによる矯正もそれほど目立たなく歯の矯正が可能になるので便利です。また、他の矯正器具に比べて取り外しが簡単なので、衛生的に歯の矯正を行って行くことが可能になるというメリットもあります。金属を使わないで矯正をすることが可能になりますので、金属アレルギーの方もお使いになることができます。痛みもそれほどありませんし、更には、矯正中に虫歯の治療を行うことも可能になってきます。

前歯だけの矯正でしたら、それほど難しい矯正にはなりませんので、調節が難しいことで知られている他の矯正器具を使うよりもマウスピースを使う人が増えてきています。しかしながら、簡便な矯正器具としての特徴も兼ね備えていますので、複雑な歯並びの方の場合には効果が期待できなくなってしまいます。

部分矯正するメリット


部分矯正をするメリットはどのようなところにあるのでしょうか?すべての歯を矯正することをせずに部分矯正をすることを選ぶ人が増えてきています。意外に多くのメリットがありますので、矯正を考えている場合には部分矯正をチョイスしてみるようにすることも考えてみてもいいでしょう。

短い期間で治療できる

矯正を完了させるには長い年月が必要になってきます。その間は場合によっては虫歯の治療ができなくなってしまったり、矯正器具を常に装着していなくてはならないなどの様々な不便さも出てきてしまいますが、部分矯正ですと、短時間で矯正を完了することができるようになりますので、便利です。

短期間で矯正が終了することになれば、歯に矯正器具を付けておくことが可能になる期間がへりますので、矯正器具が目立ってしまうこともなくなりますのでそのことをあまり気にせずに矯正に集中することができるようになります。

費用が安い

歯全体を矯正する必要がなくなりますので、当然のことながら費用を安くすることができます。歯の矯正治療は一般的に保険の適用になりませんので、全額自分でその料金を支払うことが必要になりますので、部分矯正をすることを選べば費用を抑えることができますので、経済的な負担を減らすことが可能になりますので便利です。

また、歯の矯正に必要になった費用は確定申告をすると一部還付してもらうこともできますので、費用の負担をさらに減らすことを考えて、確定申告も忘れずにするようにするといいでしょう。

痛みが少ない

部分矯正の場合には、歯全体に力を加えることにはなりませんので、それほど大きな痛みを感じることがなくなるというメリットがあります。特に前歯の場合にはそれほど大きな力が歯にかかることにはなりませんので、痛みを大きく軽減することが可能になってきます。あまりも痛みが大きい場合にはその痛みに耐えかねて矯正を途中で断念するようなケースもでてきてしまいます。その点部分矯正でしたら痛みが大きくありませんので、最後まで矯正を完了させることが可能になってくるというメリットがあります。

部分矯正のデメリット

部分矯正にはデメリットも存在しています。美容的な意味で部分矯正をする場合にはそれほど大きな問題にはなりませんが、医学的な観点から矯正をする場合には、部分矯正にしてしまうとトラブルが発生してしまうことも考えられますので、あらかじめ部分矯正をする場合には、歯科の先生とよく相談をしてみて、部分矯正で問題ないかを確認してから矯正を行うようにすると良いでしょう。

噛み合わせが改善されない可能性もある

部分矯正の場合には一部の歯の状態を変化させることにとどまってしまいますので、例えばかみ合わせの修正を考えて歯の矯正を考えている場合には効果を持たなくなってしまうことも考えられます。しかしながら、噛み合わせについては問題が無くて単に美容の観点から部分矯正をするのであれば問題なく矯正を進めてみても良いでしょう。

かみ合わせの改善のために矯正を考えているのであれば、まずは担当の歯科の先生にどのような矯正がかみ合わせには有効であるのかを確認してみるといいでしょう。専門家の観点で、判断をしてもらうことが肝要です。矯正をする目的についてきちんと歯科医の先生に説明をしておくようにすると良いでしょう。美容目的の矯正とかみ合わせの問題の解決のための矯正では行うべき内容が大きく変わってくることになるはずです。

削る部分が大きいことがある

歯全体の矯正をする場合には、歯の傾きを全体的に矯正することになりますので、時間と費用は掛かることになりますが、歯を必ずしも削らなくていいこともあります。しかしながら、部分矯正の場合には一部の歯だけを矯正することになりますので、他の歯が共生委の邪魔になってしまうような時にはそれを削ることが必要になってしまいます。歯を削ってしまうと少なからず歯にダメージを与えることになってしまいますので、その点はあらかじめ理解をしておくことが必要です。

治療できないケースがある

部分矯正はいつでも行うことができるという訳ではありません。あまりにも歯並びが良くない状態ですと、矯正をしてもほとんど効果が出てこないという部分も出てきてしまいます。それでは歯全体の矯正であれば治療が可能ということになるかというと必ずしもそうではありません。あまりにも歯並びが良くないような場合には、歯の矯正を諦めて他の方法を歯並びの改善のために使って行くことがお勧めとなります。また、虫歯などがある人の場合には矯正をすることができなうことも考えられます。

更には、歯茎などにトラブルがあるような時にも矯正を行うことが不可能となってしまいます。金属アレルギーをお持ちの方は、一部の矯正器具を使うことができなくなってしまいますので、その点も考慮に入れておくことが必要です。

口コミ評価が高い歯列矯正できるマウスピース

金属タイプの矯正器具ですと、金属アレルギーの方はお使いに慣れなくなってしまうことが考えられます。しかも歯の治療を行うこともできなくなってしまうという欠点がありますが、マウスピース型の矯正器具でしたら、歯の治療を行うことができるようになりますし、更には金属アレルギーの方でも安心して歯の矯正をすることができるようになります。多くの人が使っているタイプのマウスピースですと大きな矯正効果が期待できるようになるでしょう。

デンタルマウスピース-ケース付-日本語説明書付


「デンタルマウスピース-ケース付-日本語説明書付」は歯並び・出っ歯で困っている方にお勧めの矯正器具です。歯科矯正をスムーズに行うことが可能になります。適度な硬さをもっていますので、歯と歯茎に対してソフトにフィットするので便利です。取り外しを自分で行うことができますので、衛生的に歯の矯正を行うことが可能になります。

Grocia デンタルマウスピース 取扱説明書付 1個入り G-008 (クリアブルー)


「Grocia デンタルマウスピース 取扱説明書付 1個入り G-008 (クリアブルー)」は自宅で簡単に那覇ラビの矯正を行うことを可能にしてくれます。ワイヤー矯正後のリバウンドのケアや歯ぎしりの解消に対してもお使いになることができます。取り外しが容易ですので、衛生面にも優れた商品です。

NOC RENO デンタルマウスピース 取扱説明書付GL-01 改良版 (クリア)


「NOC RENO デンタルマウスピース 取扱説明書付GL-01 改良版 (クリア)」によって自宅で簡単に歯の矯正を行うことができるようになります。持ち運び用のケースがついているので、保管も簡単に行えます。日本語のマニュアルもついていますので、便利です。

まとめ

歯の矯正をする場合に問題になってくるのがその費用です。しかしながら美容の観点から歯の矯正をするのであれば、必ずしも全部の歯を矯正する必要はありません。一部の歯だけを矯正することを考えてみると良いでしょう。一部の歯だけを矯正する場合には時間もかかりませんし費用を節約することもできるようになります。また、矯正の際の痛みを大きく軽減することも可能になります。

歯の矯正をする際に、金属アレルギーを持っている方の場合には金属タイプの矯正器具の代わりにマウスピースを活用してみても良いでしょう。非常に効率よく歯の矯正を進めていくことができるようになるはずです。しかも、マウスピースですと矯正中に歯の治療を行うことも可能になってきます。