40代におすすめの化粧水お肌の状態にぴったりの化粧水は?

40代ともなると、次第に若い時には見られなかった肌トラブルがでてきます。シミ、そばかす、しわ、たるみ・・・老化を感じる世代となりますので、お肌に関してどのようにサポートすればいいのか迷う年代と言えます。そんな40代女性が持っている肌の悩みとはどんなものなのか、またその悩みを解消する化粧水を選ぶポイントなどを紹介します。

40代女性が持つ肌の悩み


40代女性が持っている肌の悩みは様々です。シミ、しわ、たるみ、それにほうれい線など色々ありますが、突然に肌の感じが変わる人も多いので、対応策をしっかり考えておくべきでしょう。

皮脂量が減少する

40代になるとホルモンバランスが変化していきます。閉経に向けて女性ホルモンのエストロゲンが減少し、それによってお肌にもさまざまな変化が起こるのです。女性ホルモンのエストロゲンは、真皮のコラーゲンを増加する働きをもっています。しかしこれが少なくなることにより、肌のハリが失われていくのです。

また、女性ホルモンのプロゲステロンは、皮脂分泌を促進する働きをもっています。これもまた減少していくため、皮脂量も減少するのです。皮脂量が減少するという事は、お肌が乾燥し、バリア機能も低下するため、刺激にも弱い肌になってしまうというわけです。

しみ・しわ・くすみやたるみ・ほうれい線が目立つ

シミやしわ、ほうれい線も気になってきます。今まで浴びてきた紫外線のダメージが、今になって出てきます。28日という周期であるはずの肌の成長が、1ヵ月半~2ヵ月という周期になってきますので、どうしてもシミやシワなどになりやすくなるのです。

これによってくすみも出てきやすくなるため、このような変化をしっかり感じ取った上で、40代に適したスキンケアを行う事が必要となります。お手入れをきちんと行い、40代に合ったケア商品を利用する事が重要と言えます。

40代女性が気をつけたい化粧水選びのポイント


40代になると水分量が各段に低下します。水分量はお肌の中のヒアルロン酸やコラーゲン、などの水分保持を行う成分が握っていますが、加齢とともにこれらの成分が減少してしまうのです。

40代になったら、若い時とは違う化粧水選びが必要となります。お肌の成長、質ともに若い世代とは違いがでてきますので、高保湿、高機能な化粧水を選ぶことが必要です。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンも減ってしまいますので、保湿、また成分を補うケアが重要になってきます。

水分を補う高保湿成分配合のものを選ぶ

お肌の水分量は保湿がどのくらい可能なのか、それを顕著に示すものです。十分に保湿されているお肌の水分量は20%から30%といわれています。しかし35歳の時点から少しずつ減少し、40代になるとさらに減少していくのです。そのため保湿力の強い化粧水、美容液などを利用し水分を補う事が必要となります。

エイジングケア:たるみ・シワに力があるコラーゲンやセラミド配合

しわ、たるみへのアプローチにはコラーゲンやセラミド等の成分が必要です。コラーゲンはお肌のハリ、弾力を支える真皮の7割を占めている成分であり、これもまた40代になると極端に減少します。30代でも減少傾向にありますが、40代になると一気に減っていくのです。

さらに50代、コラーゲンの減少はさらに大きくなっていきまいすので、コラーゲン、セラミドなどの弾力保持、水分を囲いこんでくれる成分を意識して取り入れるのは30代からでも早くないのです。シワ、たるみ、シミなどにアプローチできる、そのような成分が配合されている化粧水を選ぶことが大切になります。

美白ケア:シミに力があるアルブチン配合・ビタミンC誘導体配合


シミに力があるアルブチンやビタミンC誘導体などの成分も、40代になると重要になります。紫外線ケアは若い時から行っていると思いますが、少しずつ肌の奥に蓄積しています。これが40代になるとグッと出てきて、シミや透明感のない状態を作ってしまうのです。

これに対応できるのがアルブチン、ビタミンC誘導体です。こうした成分が配合されている高品質、高機能や化粧水を利用する事が重要になってきます。

無理なく使い続けられるものを選ぶ

高品質で高機能な化粧水、ケア商品となると、やはりある程度の金額のモノが多くなるものです。40代、エイジングケアが必要となる年齢だから仕方ない・・と思う方もいますが、あまりにも高い金額のモノを買い続けていくという事は出来ません。

エイジングケアをするための商品を選ぶときにも、無理なく使い続ける事ができるものを選択すべきです。利用するのに無理がない金額、気軽に購入できる商品を選びましょう。

40代女性がスキンケアを行う際に必要な成分


40代女性がスキンケアを考える時に必要な成分とは、いったいどのような成分になるのでしょうか。肌トラブルにも対応し、美しい肌にするために必要な成分を紹介します。

保湿力と美白力が期待できるプラセンタ

プラセンタというのは、哺乳類の胎盤から抽出される成分でアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの豊富な栄養素を保持しています。このプラセンタが配合されている商品のメリットは、美白、保湿です。プラセンタは厚生労働省が認定している美白成分ですので、スキンケアに取り入れることで、シミやくすみのない肌を目指すことができます。

角質細胞やお肌バリア機能セラミド

角質細胞やお肌のバリア機能となるセラミドも、40代の大人肌に必要な成分です。40代になるとセラミドが一気に減少します。細胞と細胞の間をつなげるクッションの中にあるのがセラミドで、肌の弾力に深くかかわる成分です。

細胞と細胞の間に位置し、隙間を無くすことでハリのある肌にしてくれます。しかし、セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸よりもずっと早い段階から少なくなり、40代になると20代の半分まで減少してしまうのです。それによってお肌の角質層の弾力、バリア機能が保てなくなり、お肌の老化が見えてきます。

200~600倍もの水分を蓄えるヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、元々は人体に存在するムコ多糖類の一つです。水分を保持する保水力に優れ、沢山の水を体内で蓄えています。しかしヒアルロン酸も20代をピークに少しずつ減少していき、40代、50代となるとその減少スピードが各段に大きくなるのです。

保水力が減少していくことで水分を保持する事が出来なくなり、乾燥しやすくなるなど様々な支障が出てきます。

お肌の表面のうるおいとハリを保つコラーゲン


人の体を形成するのに重要なコラーゲンは、美肌作りにも深く関係する成分です。髪の毛にも関係する成分ですが、皮膚内では肌に弾力を与え、水分を抱え込むという働きをもっています。しかしこの成分も、年齢と共に減少しそれによって水分を保持する事も、ハリを出すこともできなくなるのです。コラーゲンも40代に必要な成分というわけです。

アルブチン配合の美白ケアアイテムの特徴

皮膚科でよく利用されるハイドロキノンは、シミ消し、美白などで利用されている成分です。アルブチンはハイドロキノンを一部変化させ、誘導化しているもので、実はハイドロキノン誘導体とも呼ばれます。

ハイドロキノンはシミへのアプローチ力が高いのですが、刺激も強く、安全面を考慮すると通用の化粧水などに入れることはできません。しかし、この刺激を少なくして安全性を高めているアルブチンは、多くの美白化粧水に利用されているのです。構成江労働省に医薬部外品として認定を受けているアルブチンも、40代にぜひ欲しい成分といえます。

ビタミンC誘導体配合の美白ケアアイテムの特徴

ビタミンCがお肌に浸透しやすいように作られたのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCは強力な抗酸化作用、コラーゲンの生成に関わっていますが、分子構造が不安定なので壊れやすく、皮膚の水溶性物質をはじく作用を持つことから、皮膚内に入り込むことが難しい成分と言われています。

内側から取り入れるしかなかったビタミンCを、外側からもアプローチできるようにしたのがビタミンC誘導体となります。抗酸化作用は40代に欲しい機能、さらにコラーゲンの生成能力もアップできる成分ですので、こちらもまた欲しい機能と言えます。

40代女性のエイジング保湿ケアにおすすめな化粧水3選

エイジングケアで中心となるのはやはり保湿ケアです。40代女性に適した保湿ケアができる化粧水を、3つ紹介します。

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿
リーズナブルでも高い保湿力と肌へのバリア力が強い商品です。角質層まで潤うセラミドAP、セラミドEOP(美容保湿成分)が入いっています。無香料、無着色、無鉱物油など、お肌への安全性も考えられている化粧水です。

オールインワンゲル メディプラスゲル

オールインワンゲル メディプラスゲル 180g 約2ヶ月分
通常化粧品の浸透は各層、0.02mmまでといわれています。この0.02mmの各層に水分を届けることがお肌のきめを整える秘訣です。オールインワンゲルは水分を逃がさずため込みため、この0.02mmへの貯水力に拘っています。水分の蒸散を予防し、スクワランとアボカド油が美容成分や水分を各層まで届ける、お肌の奥までしっかり浸透するオールインワンゲルです。

エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン W 2 (しっとり)

ELIXIR SUPERIEUR(エリクシール シュペリエル) リフトモイスト エマルジョン W 2 (しっとり) 130mL 【医薬部外品】67881
40代のお肌を生き生きとするために、各層の隅々まで栄養を届けます。ハリと透明感がある美しいお肌に導く薬用乳液です。抗炎症作用によって肌荒れに力を発揮する、m-トラネキサム酸配合の高品質な乳液となっています。

40代女性におすすめ!アルブチン配合の美白化粧水3選

40代になると、気になってくるのがくすみです。若い時と違い透明感が少しずつ失われていきます。そこで美白へ導く美白化粧水を紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ 40ml
クレアチニン、カムカムエキスなどを配合した薬用の化粧水です。夜以外の日中も、しっかりシミへのアプローチができます。お肌を潤いつつ紫外線へのダメージもケア、透明感のある美しい美白肌に導いてくれる化粧水です。

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート125mL
水溶性保湿成分グリセリンと、油になじみやすいといわれている高浸透グリセリンを配合した高浸透、候補室のローションです。美容成分、保湿成分を抱え込む保湿膜を採用しています。アルブチン、グリチルリチン酸2kを配合している高品質なローションです。

オルビス(ORBIS) オルビスユー ホワイト ローション

年齢サインが徐々に出てきたお肌に、透明感のある若々しいお肌を作ってくれるローションです。年齢肌のメラニン生成に対しアプローチできますので、明るく透明感あふれる肌に導いてくれます。メラニンが蓄積しがちなメラニンメタボにアプローチするローションです。

40代女性におすすめ!ローションパックでさらに潤う化粧水3選

40代になったら若い時とは違うアプローチも必要です。ローションパックを行う事で、40代女性に必要な成分をしっかり浸透できるようになります。ローションパックで人気の化粧水を紹介です。

ライスフォース ディープシリーズ ディープモイスチュアローション

ライスフォース ディープシリーズ ディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水) 120mL
お肌の水分保持機能を改善すると認められているライスパワーNO11を配合している薬用保湿化粧水です。角質層の奥、隅々までしっかり浸透、お肌の内側から美しい潤いに満ちた肌にしてくれます。このローションを使ってパックをすればより良いです。

ナチュリエ スキンコンディショナー

ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml
天然植物由来の保湿成分、ハトムギエキスが配合されています。しっとりしているけれどべたつくことがない、保湿成分がドンドンとなじんでいきます。コットンにたっぷり含ませ、気になる部分を5分ほどパックすると良いです。

まとめ


40代のお肌は様々な問題がでてきます。くすみ、しわ、シミ・・でもここでしっかりケアする事で、輝くような50代が見えてくるのです。美白、保湿などができる優れた化粧水などが沢山販売されています。その先のお肌をどう作っていくか、しっかり考えて40代のケアをしていきたいものです。