カップルに訪れるマンネリ化とは?メリット・デメリットはあるの?

付き合い当初はあんなにも好きで毎日ドキドキしていたのに、長く付き合えば付き合うほどトキメキも感じなくなってしまったというカップルは沢山居ます。それが「マンネリ化」です。

別にパートナーを嫌いになったわけではありません。マンネリ化とは、喧嘩をしたとか、嫌な所があるとか、そういった理由もなく「変化がなく飽きている」「つまらない」といった状態になってしまうことです。

自分たちの恋愛にマンネリしてしまうとイベントやデートもいまいち盛り上がりませんし、何か物足りないような、刺激のない日々に嫌気がさして別れてしまうという悲しい結果を招いてしまう事もあります。

しかし、マンネリ化は決してデメリットだけではありません。今回はマンネリ化してしまうカップルのメリットとデメリットのふたつと、マンネリ化を解消していくためのポイントをご紹介していきたいと思います。

カップルがマンネリ化する原因

お互いに慣れる

カップルがマンネリ化してしまう原因として一番多いのが「慣れ」です。付き合い当初こそはまだ互いの事を知らないため毎日が新しい発見であったり、何をするにしてもドキドキわくわくといったトキメキも感じる事が出来るのですが、時間が経つにつれそういったものに慣れてしまう事があります。

慣れてしまっただけなのに「一番楽しかった頃」と過去形になってしまう付き合い当初と比べると、刺激の足りなさに次第に我儘を言ったり、配慮が欠けてしまったりしてしまうのです。

緊張感がなくなる

付き合い当初は「嫌われたくない」「もっと好きになってほしい」といった感情が最も大きい時期でしょう。そのため、パートナーを幸せにする為に沢山の喜びを与え、気遣い、少しでもみっともない姿を見せないよう見栄をはってみせるものです。

しかし、そうした気持ちも時間が過ぎていくと薄らいでいき、素の自分が出るようになってきます。それは決して悪いことではありませんが、付き合い当初は優しかったのに最近はやたらとそっけない、といった原因にもなってしまうのです。

そうして緊張感がなくなってしまうことで互いに気遣いもしなくなり、我儘を言い出してみたり、以前は許せたことも許せなくなったりと、すれ違うようになってしまうのもマンネリ化の困ったところなのです。

現状に満足している

恋愛をしていると、相手を喜ばせたい、幸せにしてあげたいと、この恋愛をもっともっと良いものにしていきたいと想いあうものです。好きな人には嫌われたくはありませんし、もっと互いに幸せになりたいと思うものですが、そうやって関係を続けていった先で満足してしまったらどうなるのでしょうか。

現状に満足してしまいこれ以上のことを求めなくなってしまうと、つまらないような、冷めてしまったようなマンネリムードになってしまうことがあります。強欲にもっともっとと追い求めるものがなくなってしまった為に恋愛を続けていくうえでやることがなくなってしまったというケースです。

恋愛がマンネリ化するメリット

2人のリズムがぴったり合っている

恋愛がマンネリ化するということは、言い換えれば「一定のリズムになってきた」ということで、これはマンネリを良い意味で捉えると「ふたりのリズムが合ってきている」ということになります。

人には人それぞれのリズムがあります。最初こそそのリズムを合わせるために相手に合わせたり、合わせてもらったりと調整していくものですが、それがぴったり合ってきた時に「マンネリ」だと感じる事があるようです。

ですからマンネリ化とは決して悪いことだけではなく、ふたりの相性やペースが合ってきているという証拠でもあるため、仲が上手く行ってるという証明にもなるのです。

リラックスできる

長く付き合っていくと「最近刺激が足りない」「飽きてきてしまった」とマンネリ化してしまうことがありますが、実はこういったマンネリ化とはカップルの中が安定してきている証拠であり、誰もが通る道なのです。

付き合い当初は互いにドキドキしたりわくわくしたり毎日毎日嬉しい忙しさを感じていたと思いますが、それは楽しさで紛れてはいますがとても体力や気力を使っており、緊張感でいっぱいということでもあります。

はじめてのデートは失敗をしたくないという気持ちで常に緊張感を持っているもので、自分の服装ひとつでも気にかけたり、食事中も食べ方やメニュー選びすらひとつひとつ相手に好感が持てるようにしてみたりと休む暇がありません。

そうした緊張状態も、マンネリ化してしまうことで解かれ、リラックスした状態になります。マンネリ化してパートナーとの日々に退屈を感じているということは、良く言えばリラックスできているということになるのです。

自分の時間を持てる

恋愛に必死になっていた頃は相手のことばかり考えているもので、相手の為になることや、今の関係がもっと良いものになる為に色々な努力をしてきては、自分の時間を犠牲にしてきた方も多いでしょう。

それほど相手の事を好きで、大事にしたいと思えば思うほど、自分に使う為の時間を相手に捧げてしまっているものです。しかし、長く付き合っていくうちにそうした必死さも無くなることで、自分の時間を以前よりも多く手に入れることが出来ます。

マンネリ化する事によって相手に使う時間が減り、心に余裕が出来るために自分のための時間を持てるようになり、仕事や趣味に没頭することが出来るようにもなるのです。

恋愛がマンネリ化するデメリット

相手に無関心になる

どんなに大恋愛した相手であっても、一度マンネリ化してしまったら相手に対して「何でこの人を好きになったのだろう」と疑問に思ってしまうこともあるかもしれません。

マンネリ化により相手のことに無関心になってしまい、以前の仲の良さはどこへいったやら、会話もデートもいまいち盛り上がらず面倒になってしまい、次第に回数も減っていってしまうことがあります。

こうしていくうちに相手と何かをすることに飽きていくのではなく、相手自身に飽きていってしまい無関心になり、そして別れてしまうといったカップルも少なくはありません。

嫌なところが目につく

マンネリ化することによって、相手と過ごす事に刺激が無くて飽きたり、無関心になっていってしまう事がありますが、相手の良いところがどんどん見えなくなっていくのと同時に嫌な所がやけに目立つように感じてきます。

最初こそは恋愛に必死で、相手が気に居る自分を演じてしまうものです。もっと好かれたい、嫌われたくないと思うのは誰もが通る道ですが、それにより素の自分を隠したまま接してしまうことになります。

お互いに慣れ始めた頃にはだんだん素の自分を見せるようになり、付き合い当初はきちんとしてたこともだらしなさが出てきたりと相手の「嫌な所」が目立ってきてしまうのです。

また、マンネリ化によって自分が相手に対して好意的な目で見られなくなっているフィルターがかかってしまうこともあり、余計に嫌な所が目立ってしまうということもあります。

ケンカばかりする

あの時はあんなに仲が良かったのに、あの時はあんなにやさしかったのに、と付き合い当初の「あの時」と「現在」を比べてしまうと何故ここまでつまらないカップルになってしまったのかと相手を責めてしまう事もあるかもしれません。

自分を嫌いになったのか、他に好きな人が出来たのか、などいらぬ疑いをかけることもあるでしょう。恋愛がうまく行ってないとイライラしてしまうものですから、マンネリ化によりケンカばかりしてしまうカップルも沢山いるのです。

浮気に走る

マンネリ化は良く言えばふたりの関係が安定してきているという事でもあるのですが、刺激の足りなさや理想の恋愛とかけ離れた恋愛をしてしまっている事により、最悪な結果、浮気に走ってしまう事もあります。

相手に恋をして、相手と結ばれて、相手を大事に想い合う、というマンネリに至るまでの一連の流れは確かに飽きの無い楽しい日々かもしれません。その楽しさにハマってしまう方が浮気に走りやすいのですが、本当の恋愛はマンネリを超えた先にあるんだってことを忘れてはいけません。

マンネリ化を解消するポイント

会わない時間を作る

いつもと同じでつまらない、いつも一緒に居ても何もない、と今の恋愛に退屈しはじめてしまったなら、思い切っていつも一緒にいるのをやめてしまうのもひとつの手段でしょう。

会わない時間を作り、互いの気持ちを切り替えてまた新しくやり直すことでマンネリ化を解消する事ができるかもしれません。いつも同じ顔を見ていると一緒にいるのが当たり前のような感じます。これはとても素敵なことなのですが、マンネリ化になってしまうと煩わしさを感じてしまうものなのです。

会わない時間を作ることで「いつもは隣に居たんだけどな」と少しでも寂しさを感じられるようになれば、マンネリ解消は成功と言えるでしょう。

別々の趣味を見つける

人生を楽しくするのは別に恋愛だけではありません。極端に恋愛だけが人生だと思ってしまうと、恋愛がマンネリ化してしまったら毎日がつまらなくなってしまいます。

恋人との日々に対して飽きてきてしまったのであれば、退屈しない別の事に集中すれば良いのです。趣味に没頭する時間に恋愛は関与する必要がありません。恋人と別々の趣味に没頭する事によって、恋人のことを考えずに自分の好きな事に没頭することができます。

少しだけ恋人というよりも恋愛そのものから離れ、趣味に没頭する事により生活に刺激を与えてくれるので「つまらない」といった感情は薄れていくのではないでしょうか。

ファッション・メイクを変える

日々に刺激がなくてとても退屈だという状態であるならば、イメチェンをしてみるのもひとつの手段でしょう。男性ならファッションを中心に、女性ならメイクを中心に新しい自分を見つけてみるのも面白いです。

マンネリは「いつも同じでつまらない」といった状態ですから「いつもと違う自分」を見せていくことで視界的に刺激を与える事が出来るでしょう。

普段は着ない服を着て恋人に「どう?似合ってる?」と聞くだけでも新しく会話が弾むかもしれませんし、普段しない髪型やメイクで相手をドキっとさせるのもとても大きな刺激になるでしょう。

最初のデートを再現する

付き合い当初こそ楽しい思い出で詰まっており、互いに緊張しながらドキドキわくわくしたのではないでしょうか。マンネリ化してしまうとデートも少し淡白になりがちで、デートというよりただ一緒に外に出ただけのような付き合い方になってしまうカップルも少なくはないかもしれません。

そんな時は、一番最初に相手としたデートを思い出しながら再現してみるのも楽しいかもしれません。あの時と同じシチュエーション、同じファッション、同じ待ち合わせ場所。思い出せる範囲で思い出の日を再現し、あの時はどれだけ緊張したか、どれだけ必死だったかを互いに思い出していくのもロマンチックだと思います。

恋愛映画・ドラマを見る

マンネリ化する事により、相手を尊敬する、幸せにする、という気持ちよりも、そもそも恋愛するという気持ちを忘れてしまっているかもしれません。

そんな時は恋愛系のドラマや映画で刺激を受けると良いでしょう。フィクションの作品は運命的な恋愛を描いているものが多く、ドラマチックな展開に「こんな恋がしたい」と思い焦がれてしまうものです。

そうやって恋愛をする気持ちに刺激を受けることにより、恋人ともそんな素敵な恋愛がしたいと再び熱が走る状態になってマンネリ化を解消することが出来るかもしれません。

サプライズをする

いつも同じように過ごし、何の刺激もなければ退屈だと感じてしまうのは当然のことかもしれません。何もない、平凡なのが幸せだということもありますが、マンネリ化が続いてしまうとその先に別れてしまう未来があるのも確かです。

そんなマンネリなカップルにはサプライズを用意してみましょう。どうせ今日も昨日と同じ、何も変わらない一日だと思っていた時に、突然サプライズでプレゼントなど一日に何か変化をもたらすような事が起きたなら、とてつもない刺激となります。

びっくりさせることで思わず笑顔がこぼれるような、素晴らしいサプライズは、受け取る側だけでなく、考える側にも刺激的で楽しい時間となるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。恋愛をしていくに至り、いつかは来てしまうかもしれないマンネリ化。これは決して悪いことだけでなく、しっかりメリットも存在しています。

マンネリ化はふたりの仲が安定してきている証拠で、決して仲が悪くなってきていることではありません。マンネリ化してきているということは自分たちは上手くいっている証拠だと考え、これからの日々を退屈に思わないためにはどう行動していけばいいかを考え、実行していけたなら、ふたりの恋愛は更に素敵なものに変わっていくでしょう。