プレ化粧水でピカピカもっちり肌へ!タイプ別おすすめプレ化粧水8選

プレ化粧水は、スキンケアの最初につけるもので、その後につける化粧水や美容液の浸透を、より高めてくれる役割を担っています。プレ化粧水を効果的に活用すれば、ツヤのあるもっちりとしたお肌が実現するでしょう。

この記事では、プレ化粧水の特徴や、タイプ別におすすめプレ化粧水をご紹介していきます。

プレ化粧水とは?特徴などを紹介

まずはじめに、プレ化粧水の特徴などを詳しくご紹介していきます。プレ化粧水の魅力を知って、ぜひスキンケアに取り入れてみましょう。

次に使う基礎化粧品の浸透しやすさがUP

化粧水等のメインの基礎化粧品をつける前にプレ化粧水をつけておくと、肌が柔らかくなり、次につける化粧水が肌に浸透しやすくなります

化粧水が肌によくなじむと、保湿度もアップするのでもっちりツヤ肌になれるでしょう。化粧のノリも良くなります。

種類が豊富でそれぞれ期待できる効果が違う

プレ化粧水には拭き取りタイプやミストタイプなどの豊富な種類があり、それぞれ期待できる効果も違います。代表的な拭き取りタイプは、その言葉のように、洗顔後にコットンに化粧水をつけて拭き取るように肌になじませるもの。

こうすることで皮脂を抑えて次の化粧水の効果を高め、より良い保湿性を発揮するのです。その他にもプレ化粧水には様々なタイプがあるので、自分が必要としている効果の期待できるプレ化粧水を選びましょう。

季節や肌質に関係なく使用できるものが多い

プレ化粧水は、季節や肌質に関係なく使用できるものが多く、いつでも誰でも活用できるのが嬉しいところ。敏感肌の人でも使えるように、肌に優しい処方のものが多く、さらにさっぱりした使用感なのに乾燥しないのもオールシーズン使えるポイントです。

あわせて読みたい

プレ化粧水でピカピカもっちり肌へ!タイプ別おすすめプレ化粧水8選

続きを読む

プレ化粧水とブースターの違いとは

ブースターとは、別名で導入液とも言われており、スキンケアの前につけておくことで、次に使用する化粧水や美容液などの浸透をより高めてくれるもので、期待できる効果はプレ化粧水と同じです。

厳密に言うと、ブースターという大きなくくりの中にプレ化粧水があるのです。「プレ」とは「前」という意味なので、ざっくり言うとスキンケアの前に使う化粧水ということ。

「ブースター」は増加や促進の意味があり、次に使うスキンケアの効果をより高めてくれるものです。ブースターのほうが比較的高級な成分が入ったものが多いので、より高い効果を期待するならブースターとして売られている導入液を選ぶ方がいいでしょう。

プレ化粧水がオススメなのはこんな人

画像引用元:latte

ここでは、プレ化粧水がどのような人にオススメなのか、その特徴を詳しく見ていきます。

肌のごわつきやくすみが気になる

拭き取りタイプのプレ化粧水を使用すれば、肌の余分な皮脂や角質をさっぱりと拭き取ってくれるので、肌のごわつきやくすみが気になる人におすすめです。たっぷりの化粧水で、優しく丁寧に拭き取ると効果的です。

とろみがある化粧水を使いたいけど、ぬるぬるした感触が苦手

プレ化粧水を使用すれば、次に使う化粧水の浸透を高めてくれるため、とろみのある化粧水も素早くお肌に吸収されるように、ぬるつきを感じる時間も減らせるでしょう。

ぬるぬるした感触が苦手な人は、とろみ化粧水の前にぜひプレ化粧水を活用しましょう。

今のスキンケアの効果をもっと高めたい人

プレ化粧水を使用する目的は、主に次に行うスキンケアの効果を高めるためです。プレ化粧水を使用することにより、化粧水や美容液の浸透力が高まります。

普段行っているスキンケアでワンランク上の効果を得たい方は、ぜひプレ化粧水を使用しましょう

肌質を改善したいと考えている

画像引用元:latte

プレ化粧水を使用することによって、お肌の余分な角質が除去されたり、乾燥を防いで保湿をしてくれるなど、様々な効果が期待できます。肌質を改善したいと考えている人は、ぜひプレ化粧水を活用することをおすすめします

様々な肌トラブルに効果が期待でき、肌質改善の役に立つことでしょう。

プレ化粧水の選び方

ここでは、プレ化粧水の正しい選び方について詳しくご紹介していきます。

しっかりと美容成分が配合されているものを選ぶ

プレ化粧水といえども、しっかりとした美容成分が配合されていないと、肌に良い効果をもたらしてくれません。購入するときには、美容成分としてどんなものが使われているのか、よくパッケージを見てから買いましょう。お店の人に聞いてみるのもおすすめです。

ゴワつきがきになるなら拭き取りタイプ

肌のゴワつきがきになる場合は、さっぱりする拭き取りタイプがおすすめ。コットンにつけて拭き取るタイプのプレ化粧水は、肌の余分な皮脂や角質をきれいに拭き取ってくれます。肌のゴワつきやベタつきなどで悩んでいる人にはぴったりでしょう。

拭き取りタイプは手軽に使えるものですが、やりかたによっては肌に負担をかけて肌荒れを起こしてしまう場合もあります。強すぎる力で拭き取ると肌にダメージを与えてしまう可能性があるので要注意です

毛穴やオイリー肌が気になる人は収れん化粧水を

毛穴やオイリー肌が気になる人は、収れん効果のあるプレ化粧水をえらびましょう。収れん化粧水には、開いた毛穴をきゅっと引き締めてくれる効果が期待でき、過剰な皮脂分泌も抑えられます。

肌に優しいものならローションタイプやミストタイプがおすすめ

ローションタイプやミストタイプはお肌に優しく、敏感肌の人におすすめです。ローションタイプは肌を整える働きがあり、コットンやフェイスマスクに浸して使うとより効果的

ミストタイプは肌を一時的にアルカリ性にし、化粧水の浸透力を良くするという働きのものが多いです。アルカリ性になると無駄な角質が落ちやすくなり、それによって浸透力が上がれば水分たっぷりのみずみずしい肌になれるでしょう。

使い続けることができるコスパの良さも大事

プレ化粧水は、長期的に継続して使い続けることでより高い効果を発揮するもの。長く使い続けていくために、高品質で安価な、コスパの良い商品を選ぶようにしましょう。

近年では、プチプラでも高品質な商品がたくさん販売されているので、うまく活用する事をおすすめします。

タイプ別おすすめのプレ化粧水8選

ここでからは、タイプ別におすすめのプレ化粧水を、全部で8つご紹介していきます。自分の肌に合ったものを選びましょう。

拭き取りタイプのプレ化粧水

まずは、拭き取りタイプのおすすめプレ化粧水を2選ご紹介します。

クレンジングリサーチ クリアローション

肌に不要な角質をしっかりと除去して、しっとり保湿してくれるプレローションです。5種のAHAと3種の保湿成分、ブドウ葉エキスも配合しています。

クリニーク クラリファイング ローション1.0

アルコールフリーの角質ケアローションです。マイルドな使い心地で、肌を乾燥させずに古い角質を穏やかに取り除き、肌をなめらかに整えてくれます。

肌を柔らかく整えるプレ化粧水

次に、肌を柔らかく整えてくれる、おすすめのプレ化粧水を2つご紹介します。

無印良品 導入液

岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズ。化粧水の前に使用して、美肌成分が浸透しやすい肌に整えるプレ化粧水です。天然うるおい成分として、ツバキ種子エキスなど5種類の植物エキスとアンズ果汁を配合しています

天使の美肌水 しっとり

尿素とグリセリンだけでできた、防腐剤・香料・着色料無添加のシンプルな全身スキンケア化粧水です。赤ちゃんからオトナまで使えます。お風呂上がりや、洗顔後に顔はもちろん全身にも使えます。

引き締め効果が期待できるプレ化粧水

明色スキンコンディショナー

肌あれ・毛穴の肌トラブルを整えてくれるプレ化粧水です。ヴェルサイユ宮殿「王の菜園」公認 。ヴェルサイユローズエキス配合で、しっとりと保湿もしてくれます。

ナチュリエ ハトムギ化粧水

低刺激で安心安全な天然植物由来であるハトムギエキスを配合し、肌にしっとりとした潤いを与えてくれる化粧水です。使用感はさっぱりしていますが、肌の角質層までしっかりと必要な潤いを届け、肌の乾燥を防止してくれます

肌に優しい低刺激のプレ化粧水

FURURU マルチケア化粧水

フルボ酸やヨーグルトオイルなどの自然素材を厳選したシンプルな化粧水です。顔はもちろん、ボディ、頭皮、髪にも使えるマルチケアの優れもの。

ラロッシュポゼ ターマルウォーター

世界の皮膚科医が採用するスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」から販売されているプレ化粧水。肌をやわらかくして落ち着かせ、肌本来の機能をすこやかに保つフランスの湧水です

基本な化粧水の使い方

ここでは、基本的な化粧水の使い方について、画像付きで詳しく解説していきます。基本のやり方をしっかりと実践する事で、より化粧水の持つ効果が発揮されるでしょう。

コットンに五百円玉大に、化粧水を馴染ませる

まずはじめに、コットンに五百円玉大くらいの化粧水を馴染ませましょう。

コットンを2つ折りにする

コットンを半分に折りたたみます

コットンを中指と薬指にのせて、指で挟む

コットンを中指と薬指の上にのせて、指で挟みましょう。

4本の指をピッタリと揃える

4本の指をピッタリと揃えます。

頬の上で円を描くように、2〜3回コットンを動かす

頬の上でくるくると優しく円を描くように、2〜3回コットンを軽くすべらせましょう。

額の上で中心から外側に向かって、コットンを動かす

額の上で中心から外側に向かって、優しくすべらせるようにコットンを動かします

目元は優しく動かす

目元はさらに優しい力で、丁寧にコットンを動かしてなじませましょう。

鼻は顔の丸みに合わせてゆっくり馴染ます

鼻は、顔の丸みに合わせてゆっくり丁寧に馴染ませます。

口元は円を描くように

口の周りに、コットンで円を描くように優しく滑らせてなじませましょう。

フェイスラインは輪郭をなぞるように

フェイスラインは、顎先からこめかみに向かって輪郭をなぞるようにして、コットンを優しくすべらせるようになじませます。

量が少ない時は化粧水をたす

コットンが乾いてきたら、化粧水をたしましょう。たっぷりの水分でケアすることが大事です。

完了

以上で、基本的な化粧水の使い方の説明が終わりです。

+αのアイテムやテクニックでさらに潤い肌へ

+αのアイテムやテクニックを使って、さらにワンランク上の潤い肌へと導く方法を詳しくご紹介します。

スキンケアのトップバッターにオイルマッサージを導入

スキンケアをする前に、肌に優しいピュアオイルなどを使ってオイルマッサージを導入しましょう。あらかじめマッサージをしておくことで、血行促進に繋がり、より血色のいいツヤ肌になります。

スキンケアと同時にマッサージを行う

スキンケアと同時にマッサージを行う方法を詳しくご紹介します。普段のスキンケアに取り入れるだけで、ふっくらした柔らかい肌に仕上がるのでおすすめです。

適量を手に取り、手の上で温める

適量の化粧水を手の平に出し、両手を擦り合わせて温めておきましょう

化粧水を顔全体にプッシュするようにつける

両手の平で顔全体を優しく包み込み、しっかりとプッシュしてなじませます

血流を促すように内側から外側に向け、手をスライドさせる

血流を促すように、顔の中心から外側に向かって、手を優しく滑らせるようにスライドさせます。

顎から耳の下に向かって、スライド

顎先から耳の下に向かって、フェイスラインも同じようにスライドさせましょう

額全体を放射状にマッサージ

額全体を、指先で放射状に優しくマッサージしてなじませます。

完了

以上で、スキンケアと同時にマッサージを行う方法の説明が完了です。

蒸しタオルやスチーマーで肌をほぐす

仕上げに、蒸しタオルやスチーマーを使って肌をほぐしましょう。さらに柔らかく、もっちり艶のある肌になり、その後に塗る美容液などの浸透もぐっと高まります。化粧のノリも良くなるでしょう。

まとめ

プレ化粧水は洗顔後すぐにつける化粧水のことで、次に使うメインの化粧水の浸透をスムーズにするという大事な役割があります。拭き取りタイプ、ミストタイプなど様々な種類があるので、肌の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

プレ化粧水を選ぶ際は、美容成分がしっかりと配合されているものかどうかと、自分のお肌に合うものかどうかを確認してください。ツヤと弾力のある綺麗な肌になれば、化粧のノリも良くなってメイクも楽しくなりそうです。