マッサージはどこを揉めば気持ちいい?人気のマッサージについてもまとめました

マッサージは手を使い揉む、押す、叩くという施術を行うものです。マッサージ器を使うこともありますが、やはり機械では人の手で行うようなきめ細かい動きはできません。マッサージをすると気持ちいいと感じますが、気分だけでなく実際に様々なメリットもあります。部位によっては痛みや苦痛を感じることもありますが、基本的にマッサージは気持ちいいものです。

マッサージすると気持ちいい箇所

マッサージをすると気持ち居場所は人によって違いますが、筋肉がこっていたり血行不良を起こしているのをそのままにしておくと不調の原因になります。きもちいと感じる部分は積極的にマッサージをしてほぐしておくようにしましょう。

耳周り

耳の周りはリンパ節やツボが集中しているので、こりやすいですがマッサージをすると気持ちいい部分です。耳周りがこっていると肩こりや首こりの原因にもなってしまうので、毎日マッサージしたい部位でもあります。耳周りのマッサージはリラックス効果も期待できます。リンパの流れをよくするとむくみも解消され、小顔効果も期待できます。

腕の付け根

腕の付け根にもリンパ節があります。肩こりを自覚している人も意外に腕の付け根のこりは、見落としがちです。デスクワークをしていると、肩こりしやすいですが、実は腕の付け根のこりが原因になっていることもあります。長時間同じ姿勢を取ると、筋膜が硬くなります。特に肩や腕の付け根は影響を受けやすいので、定期的に伸びをしたり肩甲骨を広げるようにして、1日の終わりはマッサージをしてあげるといいでしょう。

手のひら

普段はあまり意識していませんが、手のひらにもたくさんのツボがあります。毎日の生活の何気ない動作でも他を使うことは多いので、気づかないうちに疲れがたまってしまうこともあります。ネイルサロンなどでハンドケアをする時、ハンドマッサージをしますが多くの人が思わず寝てしまいそうになるくらい気持ちいいと感じたことがあるはずです。手のひらなら自分でもマッサージできるので、日課にしてみてはいかがでしょうか。

まぶたの上

まぶたの上には脂肪がつくのを知っていますか?あまり脂肪が付くというイメージがないので、見落としがちですが、マッサージでまぶたの脂肪を落とすことができます。また、目を酷使する人は眼精疲労を起こしやすいので、目の周りにも負担がかかっています。こういう時はまぶたの上をマッサージしてあげましょう。マッサージする前に目の周りを温めとくと効果的です。

マッサージのなかでも人気の種類

マッサージにはいくつかの種類があります。きもちいマッサージとして知られる4つの方法を紹介します。

アロママッサージ

アロママッサージはアロマオイルを使ったマッサージ方法です。マッサージだけでも疲れを癒やす効果が期待できますが、それに加えてアロマの香りは様々な効果を、もたらしてくれます。こっている部分を揉みほぐすことでリンパや血行の流れが良くなります。さらにアロマオイルは皮膚から浸透して、疲労回復やリラックス効果をサポートするので心身ともにリラックスできるのです。疲れている部分やストレスのたまり具合、体の悩みなどに合わせてアロマオイルを使い分けられるのもポイントです。

オイルトリートメント

オイルトリートメントは、エステサロンなどで行われるマッサージです。使用するのはアロマオイルですが、インド式マッサージのアーユルヴェーダではごま油を使ったマッサージもあります。オイルを使うことで滑りが良くなりマッサージしやすくなるのと、アロマオイルの効果で癒やしやリラックスできるのがメリットです。

リフレクソロジー

リフレクソロジーは足のマッサージのことです。リフレクソロジー専門店などもあるくらい、幅広い人が利用する人気のマッサージです。反射療法という意味があり、足にある反射区を手で刺激することで体のバランスを整えリラックスできると言われています。足は疲れやすい部分ですが、自分では上手くマッサージできないので、リフレクソロジー専門店でプロにマッサージしてもらうのが人気となっています。

リンパマッサージ


体にはいくつかのリンパ節があります。耳周りや首、脇や股の付け根などにあります。リンパ節はこりやすい部分にあるので、疲労がたまるとこってしまいリンパの流れが滞ります。リンパは老廃物を流す役目を持っているので、流れが滞ると老廃物が溜まり、むくみの原因となってしまいます。リンパマッサージはリンパの流れをよくし、老廃物を排出しやすくします。こっていると痛みを感じることもありますが、流れが解消すれば痛みも消えていきます。

あわせて読みたい

リンパマッサージにはこんな効果が!自宅でもできる?

続きを読む

気持ちいいマッサージが出来るアイテム

マッサージは自分でもできます。疲れを残さないためにも毎日のマッサージを習慣にしてみてはいかがでしょうか。マッサージをする時にあると便利なグッズを紹介します。

スライヴ ハンディマッサージャー 「Chopperfit チョッパーフィット」 ホワイト MD-8301(W)


肩こりがひどいと自分で方をマッサージしても限界があります。肩こりの多くは毎日の生活の中に原因があるので、なかなかな解消できません。そんな時にあると便利なのが、ハンディマッサージャーです。自分では手が届かない肩の後ろや首、背中や腰などこりやすいところも楽々マッサージできます。

ヘッド部分が振動するという仕組みです。振動は早いとゆっくりの2段階に調節できます。こっているところはゆっくり、こりが解消されたら早くするなど自分好みのマッサージができます。

スライヴ つかみもみマッサージャー 「もみたたき機能搭載」 ブラウン MD-500(BR)


ハンドマッサージではちょっと物足りないなら、つかみもみマッサージャーを使ってみてください。人と同じ動きを再現しているので、肩たたき、肩もみ、つかみもみまでモードを切り替えることでいろんなマッサージができます。コースを選択できるので、自動にしておくとつかんだり叩いたり、つまんだりと疲れている部分をマッサージできます。首や肩の他にも腰や背中に使えます。両手でアームをつかんで、マッサージしたい部分に当てるだけだからとても簡単です。

ATEX アテックス ルルド マッサージクッション AX-HL148M シャイニーブラウン


リラックスタイムにマッサージを取り入れたいなら、クッション型のマッサージ器がおすすめです。ソファに寄りかかった状態でも使えますし、寝転んで首や肩、足などのマッサージに使えます。クッション内部にはヒーターが内蔵されているので、マッサージをしながらこっている部分を温めてくれます。温めながらマッサージするので、血行促進やリンパの流れをよくする効果が期待できます。

まとめ


マッサージをしてもらうのはとても気持ちがいいものです。エステやマッサージ店などに行けば疲れを解消したり、リラックスできたりしますが、グッズがあれば自宅でも好きな時にマッサージできます。リラックスタイムにマッサージを取り入れると、翌日に疲れを残さずに済みます。