朝の洗顔は「水のみ」と「洗顔料」どちらが良い?肌タイプ別に解説

朝洗顔、結局「水だけ」か「洗顔料を使う」のか、どちらがいいのでしょうか?実は、どちらがいいのかは肌のタイプによって違います。ここでは、
  • 肌タイプ別 最適な朝の洗顔方法
  • 基本的な朝洗顔の仕方
  • 朝、洗顔をしないといけない理由
  • 忙しい朝に試したい時短洗顔方法
  • タイプ別 おすすめ洗顔料

をご紹介します!

朝の洗顔は「水のみ」と「洗顔料」どちらが良い?

水洗顔では落としきれない汚れもある!

寝ているだけだから、朝はそんなに汚れてないのでは?と思うかもしれませんが、実は朝の肌も汚れています。

・睡眠中に分泌された皮脂や汗
・古くなった角質
・残ってしまったメイク汚れ
・布団や枕のダニやほこり

など、寝ている間にも肌には様々な汚れが付着しています。これらの汚れは、基本的には水洗顔だけでは落としきれません。

乾燥肌・敏感肌の人は「水」もしくは「ぬるま湯」で


しかし、極度な乾燥肌や敏感肌の場合、1日に2回洗顔をすると肌が乾燥しすぎてしまう場合があります。乾燥は肌トラブルに繋がるので、極度な乾燥肌の場合は水だけでも充分な方もいます。

水だけで済ませる場合は、熱いお湯は使わないのがポイント。乾燥を悪化させるので、水かぬるま湯で洗いましょう。

オイリー肌の人は洗顔料を使って

オイリー肌の人は、過剰に分泌された皮脂を洗い流すために洗顔料を使いましょう。睡眠中に分泌した皮脂をそのままにすると、皮脂が酸化し肌トラブルの原因になります。

オイリー肌だと思っていても、実は乾燥が原因でオイリーになっているケースもあります。元々乾燥肌の人が皮脂を落としすぎると、さらに乾燥が悪化します。保湿成分が入った優しい洗顔料を使うといいでしょう。

混合肌の人は皮脂の出やすい部分のみ洗顔料を使用

混合肌は、部分的にオイリーで部分的に乾燥するのが特徴です。オイリーになるのはTゾーンや小鼻の周り、あごのあたり。

オイリーと感じる部分だけ洗顔料で洗い、乾燥が気に部分はぬるま湯で洗う程度にしておくといいでしょう

朝こそ丁寧に!基本的な朝洗顔の仕方

普段何気なくしている洗顔ですが、間違った方法で洗ってはいませんか? 洗い方ひとつで肌の汚れの落ち方も、そのサッパリ感も変わってきます。まずは、朝洗顔の基本的なポイントをおさえていきましょう。

洗顔料をよく泡立てる


洗顔料を使う場合は、よく泡立てて泡で包み込むように洗いましょう。きちんと泡立てずに、洗顔フォームを顔の上でゴシゴシと擦るような洗い方をしてしまうと、肌に負担をかけてしまいます。

間違った洗顔方法は肌を乾燥させ、乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌させます。過剰に分泌される皮脂は、テカリやメイク崩れの原因となってしまうので朝の洗顔は優しく丁寧に洗うよう心がけてください

Tゾーンなどの皮脂の多いところを洗う

寝ている間も、皮脂の分泌は続きます。他の部分も丁寧に洗いつつ、特に顔の中でも皮脂の分量が多いTゾーンは一番始めに洗い、しっかりと余分な皮脂を落としておきましょう

頬、目の周りなどの乾燥しやすい場所を洗う

顔の中でも、目の周りや口の周りは乾燥しやすい部分です。皮膚も薄く皮脂の分泌量も少なめとなるので、洗うときは擦らず指で優しくなでる程度にしておくといいでしょう

朝は何かと慌ただしく時間に追われるので、つい雑にしてしまいがち。洗顔も基礎ケアと同じでやさしく丁寧に洗ってくださいね。

ゴシゴシ擦らずやさしく洗う

時間がないから丁寧に洗顔している暇なんてない! とつい力を入れてゴシゴシ擦り洗いをすれば、刺激となって肌に負担をかけてしまいます

汚れを落とすための洗顔も、雑にすれば本来の目的は果たせず、肌トラブルの原因を作ってしまうことになりかねません。朝の洗顔はさっと表面の汚れを落とす程度でも十分です。

洗顔料が残らないようにぬるま湯で丁寧にすすぐ

洗い終わったら、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。すすぐときに見落としがちなのが、髪の生え際、フェイスライン、あごの下です。

洗顔料をきちんと落とさないと、残った洗顔料が原因で肌トラブルになってしまいます。すすぎのときは、隅々まで丁寧に洗いましょう。

洗顔のあとは化粧水と美容液を使おう

洗顔後の保湿も大切です。朝の保湿不足は、日中のテカリや乾燥の原因となってしまいます。

洗顔を終えたら、まずは化粧水、美容液、乳液の順番で保湿しましょう。乾燥しやすい目元などは、重ね付けしてしっかり保湿してください。時短したいときは、乳液や美容液の役割も入っている下地やファンデーションを取り入れても良いでしょう。

そもそも朝、洗顔をしないといけない理由は?

夜にしっかり洗顔をしても、なぜ朝にも洗顔をするべきなのでしょうか?その理由を詳しく見ていきましょう!

布団や枕などからついた埃やダニを落とすため

実は寝ている間にかく汗や皮脂、さらには沈んでくる空気中のホコリによって、朝の顔は思っている以上に汚れた状態です

さらに布団や枕など、毎日洗えない寝具にはダニなどが付着しています。朝は目に見えない汚れを落とすための洗顔が必要となるのです。

寝ている間に出た汗や皮脂をきれいにする

寝ている間も皮脂はしっかり分泌されています。寝汗をかけば、汗汚れも付いた状態です。これらは、水だけでは充分に落とせません。

皮脂をそのままにしておくと肌トラブルの原因に

皮脂や汗をそのままにしておくと、時間とともに酸化します。酸化はニキビなど肌トラブルの原因になってしまうのです。

朝洗顔をせずに、そのまま基礎ケアとメイクをすると、皮脂が酸化、毛穴の黒ずみやニキビにの原因になります。朝洗顔をサボったことでニキビができやすくなることもあるので、注意が必要です。

「朝は洗顔しない方がいい」は嘘!

そもそも、朝の洗顔と夜の洗顔はそれぞれ違う役割があります。夜は、メイク汚れや日中に分泌された汗や皮脂汚れ。朝は、睡眠中に分泌された皮脂やほこり、ダニなどの汚れを落とすための洗顔です。

汚れを放っておくと、肌トラブルの原因になります。乾燥肌でも、保湿成分の入った洗顔料を使う、保湿効果の高いスキンケアを使うなど、対策をとって上で朝もしっかり洗顔するのがおすすめです。

忙しい朝の洗顔こうしてみては?

朝から洗顔に時間をかけている暇なんてない! という方も多いはず。だからといって洗顔をサボるなんてこともしたくない、そんな忙しい時におすすめな洗顔方法をご紹介します。

泡で出てくるタイプの洗顔料を使う


時間がない朝の洗顔には、最初から泡で出てくる洗顔フォームがおすすめ。泡立てるというステップがないぶん時短になりますし、そのぶん丁寧に洗顔ができます

拭き取りタイプのシートなども人気!

朝の洗顔が重要だと分かっていても、洗顔にかける時間があまりないとつい手抜きをしてしまいがち。朝の洗顔には、拭き取りタイプのシートを使うといいでしょう。拭き取りシートに含まれる成分が、皮脂や汗、埃などの汚れをスッキリと落としてくれます

泡で出てくるタイプのおすすめ洗顔料

ここでは、忙しい朝でも簡単に泡で洗顔ができるおすすめ洗顔料をご紹介します!

ビフェスタ 泡洗顔 ブライトアップ

炭酸泡なら、顔に乗せて軽くマッサージするだけで汚れも落とせますし、炭酸の発泡による血行促進も期待できます。ヒアルロン酸を配合しているので、洗い上がりはしっとり。

ダヴ ビューティモイスチャー クリーミー泡洗顔料


4つのうるおい成分が角質層まで潤いを届けながら、余分な汚れだけを落としてくれる洗顔料。

必要なうるおいは残すので、洗い上がりはさっぱりしているのにしっとり感があって、化粧水の浸透もアップ。肌質や肌の状態に合わせて、4種類から選べるのも嬉しいポイントです。

拭き取りタイプのおすすめ洗顔料

シートで拭き取るだけで洗顔ができるという、忙しい朝に嬉しいシートタイプの洗顔アイテムをご紹介します!

ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート


ズボラさんにもぴったりな朝用の拭き取りシートです。ベッドサイドに置いておけば、目が覚めてベッドから出ることなく朝洗顔が完了するという優れものです。これ1つで、埃・古い角質・皮脂や汗・毛穴汚れをスッキリ落としてくれるのでベタつきが解消されます

美容成分もしっかり配合しているので、拭き取りながら潤いをチャージできます。さらにAHAを配合しているため、古い角質をオフしてメイクのノリが良くなるのを期待できるのもポイントです。

ラクイック 朝のふくだけ洗顔水 さっぱり


コットンに染み込ませて拭き取るだけで、洗顔と化粧水のステップを完了できるタイプ。浸透型ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸など肌に潤いを与える成分を配合しているので、拭き取りつつスキンケアも可能にしてくれます

界面活性剤やアルコールなど、肌に負担をかける成分を使用しない7つのフリー処方なのが安心。さっぱりタイプはオイリー肌の人や、汗をかきやすい夏の時期にもおすすめです。

ズボラボ 朝用ふき取り化粧水


こちらもズボラさんにおすすめの、朝に便利な拭き取りタイプの化粧水です。こちらはコットンに染み込ませて拭き取る化粧水タイプ。拭き取りシートと成分は同じですが、シートよりも化粧水の方がコスパがいいのがポイントです。コスパ重視の人は化粧水タイプもおすすめ。

汚れているようには見えなくても、皮脂や古い角質でコットンが黒くなることもあります。拭き取ることで汚れが目に見えるのも面白いですよ!

まとめ

洗顔は、基本的に朝と夜の1日2回行いましょう。睡眠中にも、皮脂や汗による汚れが付いています。

乾燥肌や敏感肌の人は、洗顔料を使わずにぬるま湯だけでもOK。ですが、汚れはしっかり落とすことを心がけてください。

朝の洗顔が面倒という方は、おすすめした時短になる洗顔アイテムを使ってみてくださいね!