脂肪肝の恐ろしい症状と対処法を解説!

糖尿病とならんで日本国内でポピュラーになりつつある脂肪肝。脂肪は気づかないうちに着実に定着していくものであり、いったんついてしまうと落とすのに相当な時間と労力を必要とします。脂肪肝の対処法と治療プロセスについてまとめました。

脂肪肝の原因

アルコールの摂りすぎ

脂肪肝の多くは「アルコール性脂肪肝」であると言われています。アルコールには私たちが思っている以上に多量の脂質や糖質が含まれており、定期的に摂取することにより代謝しきれない脂質が体内に蓄積し、脂肪の塊となります。

皮下脂肪は目に見えますが、内臓脂肪はCTやエコー検査を受けないかぎり肉眼で確認することはできません。やせ型で中性脂肪の値が基準値を超えている人はいわゆる「内臓脂肪型肥満」である可能性が高く、俗に隠れ肥満とも言われます。適量を超えた飲酒は肝臓の解毒機能に過度な負担をかけ、さらに許容量をオーバーしてお酒を飲みつづけると肝硬変や肝臓がんなどの疾患につながりかねません。

とくに一度に大量のお酒を飲むことが問題で、代謝しきれなかった脂質や糖質がそのまま体内に貯蔵され、皮下脂肪や内臓脂肪のかたちで残ってしまいます。

脂っこい食事

脂肪肝が脂っこい食事によって引き起こされることは、もはや一般常識といってもいいでしょう。脂肪を溜め込んだ肝臓は言ってみればフォアグラと同じ状態ですから、相当に余分なカロリーを摂取している証拠でもあります。

脂肪肝の本当の問題は、肝臓そのものが肥大することばかりではありません。それ以上に恐ろしいのは、肝臓が慢性的に肥大することで代謝機能そのものが衰えてしまうことです。脂質や糖質をエネルギーとして変換しつづけることは肝臓にとって多大な負担であり、食事のたびに許容量を超えた代謝活動をもとめられたのでは肝臓はやがて疲弊してしまいます。

脂肪肝とはたんに肝臓に脂肪がついている状態ではなく、「肝臓の代謝機能が著しく衰えている状態」なのです。肝臓の代謝機能を正常に保つためにも、日頃から脂質の多い食事はさけ、青魚や野菜を中心とした植物性脂肪メインの食生活を心がけましょう。

運動不足

慢性的な運動不足は、脂肪肝だけでなく、体にとってさまざまな弊害をもたらします。運動不足が問題なのは、ただたんにカロリー消費量が落ちて筋力が衰える、ということだけではありません。運動不足が当たり前になると体の代謝レベルが急速に落ちてしまい、少々の運動では脂肪を落とせない体質になってしまいます。

運動において大切なのは、「ゆっくり長くつづける」ということで、バーベル上げなどの瞬発力をもとめられる運動よりも、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を毎日少しずつつづけたほうが結果的にカロリーを効率よく消費することができ、脂肪を燃焼させやすい体質に近づいていくと考えられています。

また、ウォーキングには脳のはたらきを活性化し、体内リズムをリセットする効果もあります。そのため、時間としては朝方が最適で、朝食前に30分ほど近所を歩くことで全身のスイッチが入り、午前中からすっきりと活動できる体質がつくられていきます。

なお、体をクールダウンさせるという意味では夕方のウォーキングも効果的であり、とくに夏の夕方はちょうどよい夕涼みになるため早朝は時間が取れないという方におすすめです。

遺伝

脂肪肝の原因は「環境8割、遺伝2割」と言われています。2割というとあまり影響がないように思われるかもしれませんが、決して無視できないリスクファクターであり、両親のいずれかからいわゆる「肥満遺伝子」を受け継いでいる人はそうでない人よりも脂肪肝のリスクが高まるという研究データがあります。

肥満遺伝子は別名倹約遺伝子とも言われ、少ないエネルギーを体に効率よく保存するはたらきがあり、食糧がまだ充分でなかった時代から脈々と受け継がれてきたと考えられています。

ただし、肥満遺伝子を受け継いでいるからといって必ずしも脂肪肝につながるわけではなく、後天的な努力によって太りにくい体質を手に入れることは充分可能です。遺伝子の種類によって太りやすさがかなり変わってくるため、まずは専門の病院で遺伝子検査を受け、自分がどのタイプの肥満にあてはまるのかをチェックしておくことが大切です。

脂肪肝の検査方法

CT

脂肪肝の肝臓をCT検査で調べてみると、脂肪の部分が白っぽく映し出されるのがわかります。進行した脂肪肝ではもともとの肝臓よりもはるかに面積の広い脂肪が覆い尽くしているように見えることがあり、このレベルの脂肪肝では薬物療法による内科的アプローチがメインとなります。CT検査ではいわゆる隠れ肥満もチェックすることができるため、痩せ型の人が健康診断のCT検査ではじめて脂肪肝に気づく、ということもめずらしくはありません。

血液検査


定期的な血液検査によって、血中脂質の濃度を測定することができます。濃度が基準値を超えていれば脂肪肝のリスクが高いと判断でき、場合によっては食事療法などの治療メニューが組み立てられることもあります。血液検査では血糖値やコレステロール値もくわしく測定できるため、脂肪肝以外にも糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を早期に発見することができます。

問診

問診というと原始的なアプローチのようですが、脂肪肝だけでなく幅広い疾患のサインをキャッチすることができる有効な方法のひとつです。

問診を行うことにより、患者自身も自分の体質や生活習慣について具体的に把握することができ、普段の生活のなかでどの部分のバランスがくずれているか、また、軌道修正するためにはどのようなアプローチが必要なのかを目に見える形でチェックすることができます。スキルの高い専門医は問診を決しておろそかにせず、患者との良好な信頼関係を築くために問診を上手に活用しています。

こんな人は気をつけて

毎日お酒を飲む

アルコールは脂肪肝に悪影響を及ぼし、より正確には「アセトアルデヒドが脂肪の蓄積を加速させる」と言われています。アルコールに含まれるアセトアルデヒドは、体内で解毒される過程で肥満細胞を刺激し、本来必要でないヒスタミンと呼ばれる物質を放出します。

アルコールによって過剰に分泌されるヒスタミンは、細胞を刺激して脂肪を過剰に蓄積させ、脂肪肝を助長してしまいます。アルコールを摂取することによって誘発される脂肪肝は、「アルコール性脂肪肝」と呼ばれ、放置すると心筋梗塞などの発作につながる可能性があります。脂肪肝の治療では禁酒がつきものです。

しかし、人間である以上、完全に飲酒をやめるのは精神的に困難なことがあります。禁酒を長つづきさせるために大切なのはイメージトレーニングです。できるだけ積極的にプラスのイメージを膨らませましょう。

それもできるだけ具体的に、禁酒を成功させた姿を想像することで。ときに苦痛を伴う脂肪肝の治療プロセスを根気よく乗り切ることができます。症状が重症でない場合は、度数が低いアルコールであれば飲むことができると言われるかもしれませんので、禁酒期間を含めて先生に相談しましょう。

「飲酒は脂肪肝に悪影響を及ぼす」とよく言われますが、実際の原因はアセトアルデヒドでした。禁酒においては精神的なストレスがともなうかもしれませんが、ポジティブなイメージトレーニングを習慣づけることで挫折せずに乗り切ることができるでしょう。

成人してから急に肥満になった

成人してから急に脂肪が目立ちはじめたという方は、脂肪肝を疑ったほうが良いかもしれません。脂肪肝を放置したその先にあるのは、肝臓がんです。肝臓は沈黙の臓器であると言われています。肝がんによる腫瘍が発症しても主観的な症状が出にくく、腫瘍の大きさが目立つようになってからはじめて特有の症状に気づき、病院に運ばれるパターンは少なくありません。

発見が遅れがちなため、肝がんはがんの中で極めて治療困難であることで有名であり、腫瘍の大きさがまだ大きくない期間であっても、治療後の5年生存率は50%と低いレベルです。サイズがわかりにくい肝がんの予防措置として、定期的な健康診断を受けることが重要です。がんの進行度そのものはそれほど速くないので、定期的な健康診断によって肝臓の状態をチェックし、早期発見につとめる必要があります。

肝臓がんにくわえて、あらゆる種類のがんを治療するためのポイントは早期発見です。たとえわずかなサインでも見逃さず、少しでも不快感があれば、すぐに病院に行きましょう。検査を受ける際の注意点は、不快感の内容を担当医にできるだけ具体的に、あなた自身の言葉で伝えることです。悪性のものはがんと呼ばれますが、精密検査の結果良性腫瘍と診断された場合、あえて手術を見送るアプローチが選択されることがあります。

食事に時間をかけない


人間は食事に時間をかけるほど脳内の満腹中枢がはたらき、食欲をコントロールする仕組みになっています。いわゆる早食いの人は満腹中枢が正常に作動せず、結果として許容範囲以上のカロリーを摂取することになるのです。早食いの習慣を改め、1回の食事に意識的に時間をかけるようにするだけでも食事量が自然におさえられ、脂質の摂取量をコントロールすることにもつながります。

好き嫌いが激しい

脂質にはある種の中毒性がそなわっていることが知られています。重度の脂肪肝に陥っている人の食生活についてくわしくモニタリングしてみると、肉類しか食べない、糖質以外にはほとんど摂取しないなどきわめて偏った栄養バランスが慢性化しているケースがめずらしくはありません。魚介類や野菜を中心に食事のメニューを組み立てることで幅広い栄養を摂取でき、脂肪肝のリスクをかなり減らすことができます。

脂肪肝の治療法

適度な運動


皮下脂肪型の肥満に対してはまず、運動療法が徹底して行われます。ただ漫然とウォーキングを繰り返すのではなく、体質や遺伝的要因にもとづいて1日に消費すべきカロリーを算出し、それをベースにして週単位、月単位の運動メニューを組み立てていきます。

薬物療法

内臓脂肪型肥満の場合は運動療法は適さず、かわりに薬物療法が用いられることになります。投薬や注射がメインとなり、薬の作用によって脂肪を化学的に分解したり、脂肪がつくられにくい体質の土台をととのえたりします。薬物療法といっても副作用は少なく、万が一何らかの異常が見られた場合には主治医との相談のもと別の内科的アプローチを検討できるので安心です。

まとめ


脂肪肝はありふれた病気であるだけに軽視されがちですが、放置すると肝硬変や肝臓がんに至る可能性のある非常に恐ろしい病気です。基本的には運動療法と食事療法が大きな柱となりますが、内臓脂肪型肥満については内科的な薬物療法が試みられるケースもあります。