今すぐ痩せたい人へ!皮下脂肪の効果的な落とし方

効率の良いダイエットのキーワードは、「皮下脂肪を上手に落とす」ことです。皮下脂肪は目で見てもわかりやすく、運動や食事のメニューを工夫すれば比較的簡単に落とすことができます。しかしながら、油断するとあっという間につきやすいのも皮下脂肪の特徴のひとつ。ここでは皮下脂肪を上手にコントロールするアプローチについてまとめました。

皮下脂肪を落とすメリット

見た目からスリムになる

皮下脂肪は下腹部につきやすく、いわゆるメタボ体型ではどうしても目立ってしまいます、皮下脂肪をそぎ落とすことによって見た目にもあきらかにスリムな印象になり、動きも軽やかになります。皮下脂肪型肥満の人はダイエットの成果が見えやすいため比較的短期間のうちに痩せやすいのですが、皮下脂肪は定着が早いという特徴があるためにどうしてもリバウンドしやすい傾向にあります。

言い換えれば、リバウンドを上手にコントロールすることができればスリムな体型を維持できるということですから、目に見える効果を求めすぎず、あくまでも長期的なスパンでダイエット計画を立てることが成功への早道となります。

疲れにくくなる


皮下脂肪型肥満になると贅肉の割合が多くなり、俊敏な動きが難しくなります。肥満体の人が日常のちょっとした動きでも疲労を感じてしまうのは、贅肉が増えることによりひとつの運動に対して余分なエネルギーを必要とするからです。

また、過剰に蓄積した脂肪はそれ自体が巨大なエネルギー消費装置のようなものであり、ただそこにあるだけで体力を着実に奪っていきます。極度の皮下脂肪型肥満ともなると栄養バランスの偏りが見られる場合が多く、そのことによっても疲れやすい体質がつくりあげられてしまいます。肉類や糖質中心の食事から野菜、魚介類をメインとした食生活にシフトするだけでも体内バランスがととのえられ、疲労やストレスを感じにくい体へと仕上がっていきます。

生活習慣病のリスクが下がる

過剰な脂肪が高血圧などの疾患に結びつくことは一般レベルでも常識になりつつあります。ただし、厳密にいえば、肥満体だからといって必ずしも不健康というわけではありません。たとえ見た目は太っていたとしても血糖値や血圧が正常である人も決して稀ではなく、日本国内にも一定の割合で存在します。

専門医が臨床現場で着目するのは、脂肪そのものではなく、その人の生活習慣です。つまり、「こういう環境にあるから肥満体質になっている」と考えるのであり、それならばその環境から徐々に変えていこう、というのが医学的アプローチなのです。生活習慣病は文字通り生活習慣のゆがみによって誘発されますから、食生活や睡眠のリズムを改善するだけでも皮下脂肪を効率よくそぎ落とすことは充分に可能です。

より痩せやすくなる


皮下脂肪型肥満は、食べすぎによって脂肪がつく、消費カロリーが減る、また食べすぎる、脂肪がさらにつく、という悪循環の状態であると言えます。まさに脂肪そのものが肥満を引き起こしているようなもので、その意味でも皮下脂肪を放置する手はありません。皮下脂肪を1割落とすだけでも動きが軽やかになり、より多くのカロリーを消費できるようになります。悪循環を断ち切り好循環に導くことで、皮下脂肪型肥満を乗り切ることができるのです。

気持ちが前向きになる

ダイエットに成功した人に後日談を聞くと、ほとんどの人が「気分が明るくなった」とこたえます。それはたんにダイエットの達成感や充実感ということだけでなく、余分な皮下脂肪がなくなることによって日常動作が楽になり、ストレスなく動けるようになった、という物理的な理由も関係しているようです。

また、とくに女性はダイエットを成功させることによって周囲から褒められることが多く、ダイエット中の励ましも大きな原動力となり、きびしい食事制限を乗り切るモチベーションとしてはたらくようです。

皮下脂肪と中性脂肪の違い

中性脂肪は見えにくい

いわゆる「下半身太り」として目に見えやすい皮下脂肪とは異なり、内臓脂肪ともよばれる中性脂肪は肉眼ではわかりにくいのが特徴です。中性脂肪型肥満は「隠れ肥満」ともよばれ、見た目はスリムで脂肪が少ないように見える人でもエコー検査などで内臓を調べてみると中性脂肪がべったり付着していた、ということも稀ではありません。

中性脂肪はおもに肝臓に蓄積しやすく、いったん蓄積すると運動療法ではなかなか落とせないという特徴があります。中性脂肪の割合はエコー検査のほかに血液検査などで測定することができ、価の高い人には専門的な食事療法や薬物療法がすすめられる場合があります。

代謝サイクルが違う

中性脂肪が皮下脂肪にくらべて落としにくいと言われるのは、日常的な運動では代謝されないからです。中性脂肪は基本的に食事改善か薬物療法以外のアプローチでは落とすことが難しく、長いスパンで計画的に落とす必要があります。食事療法では脂質や糖質を制限することが絶対条件となり、余分なカロリーを徹底的に排除することで肥満以外の生活習慣病を予防する効果があります。

皮下脂肪のほうが落としやすい


皮下脂肪は中性脂肪とは正反対の性質をもち、軽い運動でも燃焼しやすいという特徴があります。一般的にダイエットといえば皮下脂肪型肥満を指す場合が多く、ウォーキングやジョギングなどの体に負荷をかけない運動が推奨されています。皮下脂肪型と中性脂肪型をあわせもつ「ダブル肥満」も最近では増えつつあり、運動療法と食事療法、そして薬物療法をバランスよく組み合わせることで体質改善がはかられます。

つきやすいのは中性脂肪

「つきやすく、落としにくい」という困った特徴をもつ中性脂肪。とくに脂質やアルコールの過剰摂取が脂肪の蓄積を助長すると言われており、見た目は痩せている人でも健康診断でくわしく検査をしたらいつの間にか内臓脂肪がついていた、ということにもなりかねません。中性脂肪はいったん蓄積すると医学的なアプローチなしでは落としにくいため、できれば蓄積させないことが望ましいのですが、どうしてもため込んでしまった場合はただちに専門医のアドバイスを受け、無理せず段階的に中性脂肪を落としていきましょう。

どちらも余分なものは削るべき

皮下脂肪も中性脂肪も、もともとは人間を飢餓状態から守るための手段でした、しかし、国が豊かになり、飽食の時代をむかえると、ほとんどの日本人はカロリー過多の状態に陥り、結果として脂肪が邪魔になってしまったのです。

ただし、脂肪を根こそぎ削ってしまうと免疫システムなどに異常をきたし、なおかつ体が飢餓状態だと錯覚をして余計に脂肪をため込みやすくなってしまうため、本当に必要な分の脂肪は残し、余分な脂肪だけを上手にコントロールすることが大切です。

皮下脂肪を無理なく落とすには

有酸素運動

運動で落とせる皮下脂肪には有酸素運動が効果的です。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を毎日一定のリズムでつづけることにより余分な皮下脂肪が代謝されていき、スリムな体型を手に入れることができます。また、適度な有酸素運動はダイエット以外にも気分のリフレッシュに有効であることが知られており、うつ病の治療にウォーキングを取り入れるクリニックも増えてきています。

筋トレ

筋肉は熱を生み出し、運動エネルギーを高める役割を担っています。つまり、筋肉の割合を増やすことで生み出される熱エネルギーが増えることになり、脂肪が燃えやすい体質に近づいていきます。なお、皮下脂肪を効率よく落とすためには持続性にすぐれた筋肉をきたえる必要があり、とくに下半身の筋肉を重点的にきたえることで体の土台が出来上がり、少しの運動でも痩せやすい体になっていきます。

サプリメント


体の内側から脂肪を燃焼させるためにはサプリメントも有力な選択肢です。とくにビタミン類をサプリメントで補給することによって栄養バランスがととのえられ、脂肪の過剰蓄積をふせぐ効果があります。こちらはサプリメントではありませんが、特定保健用食品に指定された飲料などを積極的に摂取することによって脂肪の燃焼効率を向上させることができます。ただし、あくまでも食事からの栄養補給が基本であり、サプリメントに安易に頼りすぎるのはやめましょう。

処方薬

運動効果が見込めない内臓脂肪型肥満には薬物療法によるアプローチが試みられます。基本的には「脂肪を溶かすアプローチ」と「脂肪をつきにくくするアプローチ」の2本立てであり、このふたつをバランスよく組み合わせることで頑固な内臓脂肪を除去することができます。

皮下脂肪ダイエットにおすすめなアイテム

【正規品】高級 ワイヤレス充電、スマート リモコン 充電式、複数振動モード 首&肩マッサージ、胃腸マッサージ、脂肪燃焼、腹回りの脂肪を取る、ダイエット、贅肉を落とす 磁石遠赤外線温め、ベルトマッサージ

リモコンで動かせるタイプのダイエットベルトです。ただ脂肪を振動させるだけでなく遠赤外線の効果で筋肉を温めることができるため、よりいっそう代謝効果が高まります。低速から高速までいくつかの振動モードから自分に合ったパターンを無理なく選択することができるため、初心者から上級者まで幅広くおすすめできるダイエットグッズです。

まとめ


皮下脂肪はわりと落としやすいかわりにリバウンドしやすいという特徴があります。運動療法が効果的で、おもにウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を上手に組み合わせることによって脂肪を効率よく燃焼させることができます。皮下脂肪よりも落としにくいと言われる中性脂肪には食事療法や薬物療法が優先的に選択され、体の内側から痩せやすい体質づくりをめざすことになります。