マツエクのデザインで奥二重さんに似合うのはこれ!特徴やデザインをチェック

まつげをきれいに整える方法として、マツエクがしばしば用いられます。このマツエクのデザインは一つだけではありません。

奥二重さんはマツエクが似合わないと思っている方もいるようですが、デザインによってマツエクを楽しむことも可能です。

奥二重さんに似合うマツエクのデザインなどを詳しく紹介します。

奥二重にマツエクは似合わない?

画像引用元:latte

一般的に奥二重の人はマツエクが似合わないと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

実は、マツエクの魅力はどんな方であっても堪能できるもの。むしろ、奥二重こそマツエクという意見もあるほどです。奥二重の方も、工夫次第でマツエクのおしゃれを楽しむことが可能になります。

まぶたに隠れてしまうまつ毛を伸ばせる

画像引用元:latte

奥二重の人はまつげがまぶたに隠されてしまうという難点がありますが、マツエクを使うことによってまぶたに隠れてしまうまつげを伸ばすことができます。

これまでまつ毛を伸ばせないことを不満に思っていた方も、魅力アップできるのです。

マスカラを塗る必要がない

マツエクはマスカラを塗る必要がないため、その手間を短縮することができます。非常に効率がよいので、手軽におしゃれを楽しむことができるようになります。

しなやかな毛質のセーブルやミンクだと違和感を感じにくい

マツエクにはいくつか種類がありますが、奥二重さんが違和感なく付けれられるのは、しなやかな毛質のセーブルやミンクです。柔らかで軽く、自まつげへのダメージも少ないためナチュラルな仕上がりが期待できます。

マツエクのデザインは何で決まる?

マツエクのデザインはまつげの状態によって大きく変わります。まつ毛の本数やカールの具合、そして太さなど自分の顔の雰囲気に合わせて調整していくことが必要になってきます。

本数

マツエクのデザインを考える時にはマツゲの本数を考慮に入れることが必要になります。多すぎても似合わなくなってしまうし、もちろん少なすぎても効果がなくなってしまいます。

マツエクの太さ等にもよりますが、自然に見える本数としては60~80本くらいです。初めてならこのあたりから始めるのが良いでしょう。普段からアイメイクをしっかりしている方であれば100本以上~120本を選んでも。

自分の顔に合わせてマツエクの本数を替えたものを設定してシミュレーションをしてから、マツエクを実際に使用したいものです。初めての場合はカウンセリングを受けると安心ですよ。

カール

カールの具合によっても表情に大きな変化が生まれてきます。カールは緩やかなものからきつめのカールまで4種類ほどあります。緩やかなものから順番にJカール、Cカール、SCカール、Dカールと呼んだりします。

専用の器具を購入して自分でその日の雰囲気に合わせてカールの度合いを工夫してみることも可能です。

太さ

太くてしっかりとしたまつげの方がインパクトがあるのは間違いありませんが、あまりにもインパクトが強くなってしまうと顔のイメージに対してのアンバランス感が増えてしまうので、適度な太さのものを選ぶことが肝要です。

0.1㎜は細くて自然なので、自まつげとの違和感はありません。普段マスカラを使っている方なら0.15㎜くらいがちょうど良いでしょう。初めての場合はこの辺りがおすすめです。

0.2㎜以上になるとアイメイクをせずとも華やかさがアップします。目元メイクをバッチリにしたい方は太いものを使うと満足できる仕上がりになるでしょう。

長さ

マツエクのデザインを考える時には、当然のことながらまつ毛の長さも重要なポイントになってきます。まつ毛の長さを調整することによって、顔に与えるイメージが大きく異なってきます。そのためまつげの長さも十分に検討をしていくことが必要です。

~9㎜の長さなら、自まつげと一体化してナチュラルさを保てます。10~12㎜だとビューラーを使った上でマスカラを載せたくらいのまつげに。それ以上の長さになると華やかでパーティーなどのイベント向きなまつげになります。初めての場合は、9〜11㎜あたりで選ぶと良いでしょう。

奥二重に似合うマツエクのデザインとは

画像引用元:latte

奥二重の方に似合うマツエクのデザインは以下のようになっています。あくまでも目安ですが、マツエクのデザインを決める際の参考にしてみるといいでしょう。

毛先に強めのカールがあるものを選ぶ

奥二重の方はまつげが隠れてしまうことが多いので、まつ毛のイメージをはっきりと印象つけるためには、SCカールやDカールなど強めのカールによってデザインされたものを選ぶのがおすすめです。アクセントの強いカールであると良いでしょう。

12ミリ以上の長めのものを使う

画像引用元:latte

まつ毛をはっきりと目立たせることを考えて、12mm以上の長めのデザインのマツエクを活用してみると良いでしょう。とにかくまつげを目立たせることが大事です。

目尻を強調したデザイン

目尻の印象が薄くなってしまうのが奥二重の方の特徴なので、目尻を強調したデザインになるようなマツエクを選んでみましょう。

目尻のカラーバリエーションが映える

画像引用元:

奥二重の方は目の印象が薄くなってしまうことが多いものです。女性らしい魅力を発揮するには目にアクセントをつけることが必要。マツエクには目尻にだけカラーをつけたものもあるので、試してみましょう。

まとめ


一般的にマツエクがフィットしないと考えられている奥二重の方でも、奥二重の印象に合わせて選んでいけば十分にマツエクのおしゃれを楽しむことが可能です。

もちろんマツエクのデザインには工夫が必要になってきます。選び方を覚え、その日の雰囲気や洋服のデザインに合わせたマツエクを使ってオシャレを楽しむのも良いものですよ。