意外に知られていない化粧水の使用期限の有無とNGな保管方法

化粧水は毎日のケアに必要不可欠なものです。朝も夜も利用しますが、意外と使用期限があるということを意識していない方もいます。化粧水には使用期限がありますが、実は書かれていないものもあります。化粧水の使用期限の有無があるのはなぜなのか、理由を調べてみました。

意外に知らない化粧水の使用期限

化粧水を見ると使用期限が書かれているものもありますが、特にないものもあります。無添加商品などを利用している人やアレルギーなどがあり、トラブルを起こしやすい肌の方は意識して確認しているようですが、ほとんどはあまり気にしていないようです。

化粧水には使用期限が書かれていない物もある

化粧水を見てみると使用期限が書かれていない商品もありますが、使用期限が記載されていないなんて・・・と怒るのは早とちりです。実は化粧品を作る際、3年以上経過しても品質変化が見られない商品に関しては、使用期限の表示義務がないのです。

使用期限が書かれていない化粧水の使用期限は未開封の状態で製造から3年

化粧水などのケア商品のパッケージなどを見て、使用期限が記載されていないものはいつまでも利用していいのかというとそうではありません。未開封でも、例えば化粧水の保存に適した場所に保管してあればいいのですが、太陽光が当たるところなどに保管していると、品質が劣化してしまう可能性が高くなります。

通常、化粧品メーカーでは、未開封で製造から3年以内に使用してほしいとおすすめしており、いつまでも利用できるとは限りません。もちろんそれ以降に利用しても問題ない場合もありますが、品質が大きく変わっている可能性は否定できませんので、利用しない方がいいのです。

化学成分が入っている物は使用期限が書かれていないことが多い

自然派化粧品などで無添加商品などになると、一般的に使用期限が書かれています。しかし、化学成分が配合されており、品質の劣化などを防ぐ要素がある化粧水には、使用期限が記載されていないことが多いようです。

一度開封してしまった化粧水の使用期限は3ヶ月から長くても半年

未開封なら3年以内に使えばいいものを開封してしまうとどうなのかというと、一般的に使用期限は3ヶ月といわれています。開封後、早いものだと2週間程度が使用期限というものもありますし、2年くらい使っても使い心地に変わりがなければ大丈夫という商品もあるのです。ただお肌につけるものですので、中には成分が劣化しやすいものもありますので、開封後、3ヶ月くらいで使い切る方がいいでしょう。

化粧水に使用期限が記載されていない理由

お肌につけるものなのですから、やはり使用期限は書いてある方がいい・・と思う人も多いです。しかし化粧水の中には使用期限が書いていないものも存在します。なぜ?化粧水に使用期限を記載していないものがあるのでしょう。

薬事法で製造されてから3年以上の品質の変化が無い物の無記載が認められている

化粧水などに使用期限が記載されていないことについては、薬事法が大きく関係します。薬事法では、3年以上経過しても品質に変わりがない場合には、使用期限を表示する義務がないとしています。これに該当するものとしては、化学成分が入っていない化学成分配合の化粧品類があります。

ただしこの3年は正しい保管方法をした場合に限定されている

この3年以上品質が変わらないという点ですが、どんな保管方法でもいいということではなく、化粧水などが劣化しない環境で保管された場合です。化粧品の劣化が考えられる高温多湿な状態や、化粧品の保管に適していない状態はこの限りではありません。

使用期限が書かれている化粧水の特徴

使用期限が記載されていない化粧水の特徴を理解しておくことで、どのように利用すべきか、自分なりに判断できます。肌が弱い人などは、やはり使用期限なども気になると思いますが、使用期限が記載されていない化粧水はいくつかの特徴があるのです。

無添加化粧水など防腐剤などが入っていない物が該当する

自然派化粧品は、肌が弱い人やアレルギーを持っている人などに人気となっています。健康志向もあり、無添加の商品を利用したいという考え方の方も多くなっていますが、こうした無添加化粧水などの場合、使用期限が記載されているものが多いです。食品などもそうですが、添加物を加えて商品の持ちを長くしています。添加物がないということは成分そのままの状態である、つまり劣化しやすいので使用期限が記載されている事が多くなります。

日本国内の化粧水は製造年月や使用期限が記載されている

日本国内の化粧水を利用されている方は、ほとんどの商品に製造年月や使用期限が記載されていると思います。日本は品質管理ということに非常に厳しく、国内で暮らしてきた人にとっては、こうした品質管理を行っている事が当然のことと考える人が多いのです。使用期限などが記載されていないと不安になって購入しないということもありますので、日本製品にはほとんど使用期限が書かれているようです。

海外の物は「12」など数字で書いてある

海外の化粧品も国内でかなり人気があり、化粧水などのケア商品も海外製品を利用しているという方も多くなっています。近頃は韓国のケア商品など、とても人気がありますね。海外の化粧水などの場合、12、6などの数字で表記されている場合が多いです。6の場合は開封後、6か月以内に使用してください、そして12は1年以内という意味ですので、確認してみましょう。

化粧水の使用期限が縮まってしまう保管方法

せっかく購入した化粧水、高いものもあるので大切に使いたいと思っている方も多いはずです。しかし保管方法によっては、使用期限前に劣化が進むこともあります。使用期限が縮まってしまわないように、正しい保管方法も理解しておくべきです。

蓋をあけたまま放置している

面倒くさがりの方は、どうせ夜も使うから・・と化粧水の蓋を開けたままにしておく人がいます。完全に蓋を開けていなくても、しっかり閉まっていない状態では劣化が進むこともあるのです。しっかり蓋をしめて保管する事が大切ですよ。

日光が直接当たる所に置いている

化粧水や美容液もクリームなどもそうですし、お薬なども同じですが、直射日光が当たるところに置くと、内部が温まり湿気が多くなることがあります。そうなると成分の劣化が起こりますので、太陽光の当たる場所に置かないということも、化粧水を正しく保管する方法です。

温かい所に置いている

温かい場所、例えば暖房の吹き出し口の下などに化粧水を置いておくと、劣化の原因となります。化粧水の内部が温まることで劣化しやすくなりますし、成分が変わることもあるのです。使用期限内なのに化粧水の力がなくなってしまっては意味がありません。こうした場所に保管しないよう、暗所冷所に保管しましょう。

使用期限の過ぎた化粧水を使うとどうなる?

コットン

使用期限が過ぎているからといって、食べ物じゃないんだから大丈夫と思って使っていたら、なんだかお肌にトラブルが・・・ということもあります。使用期限を過ぎた化粧水でどのようなトラブルがあるか、これも理解が必要です。

肌がかぶれるなど肌の炎症が起こるリスクがある

化粧水の使用期限が過ぎても利用し続けていると、商品によっては成分に変化が起きて、肌のかぶれや炎症などが起こることもあります。成分によって劣化しにくいもの、変化が起きにくいものがありますが、どのような成分配合の物でも、使用期限が過ぎたらお肌のためにも利用しない方がいいのです。

毛穴の黒ずみができてしまうリスクがある

成分が変化してお肌で吸収できず、お肌の表面で残ってしまうこともあります。そうなると、お肌の上に不必要なものがあるのと同じことになります。毛穴をふさぐ要素になったり、それがさらに肌の上で劣化したり、毛穴の酸化や黒ずみなどが起こる原因になることもあります。

肌がくすんでしまうリスクがある

美白化粧汚水やシミに力があるといわれていた化粧水なのに、使用期限が過ぎて成分の変化が起こり、なんだかお肌がくすんだようになってしまったという人もいます。美白化粧水は、今非常に進化しており、質の高い成分が配合されていますが、保管方法や使用期限が過ぎることによって美白力が少なくなるものもあるのです。

まとめ

化粧水に限らず、ケア商品や化粧品の全てに、一番よい状態で利用できる使用期限があるということを理解すべきでしょう。また化粧水などによって使用期限が記載されていないものもあり、それでも使い切る期間を守ることで、通常通り利用できることがある点なども理解しておきましょう。