ツヤ感が出せるワックスのおすすめ10選!ワックス選びのコツ・使い方も!

ワックスを使うと、どうしても重たい印象になりがち。でもコツさえつかめば、思い通りにおしゃれなスタイリングができるようになります。ワックスのなかでもとくに人気があるのは「ツヤ感が出せるワックス」。色気のある濡れたようなツヤ、そしてふんわり女性らしい仕上がりが手に入りますよ。
  • ツヤ系ワックスとマット系ワックスの違い
  • ツヤ系ワックスの種類
  • ワックスの選び方
  • おすすめアイテム
  • ワックスの使い方

について紹介します。

そもそもツヤ系ワックスとマット系ワックスの違いとは?

ワックスは「ツヤ系」と「マット系」の2タイプに分かれます。それぞれの質感や特徴について知っておくことで、あなたが求めるスタイリングに合ったワックスを選ぶことができますよ。ツヤ系ワックスとマット系ワックスの違いについて見てみましょう。

ツヤ系ワックスとは

ツヤ系ワックスは油分がたっぷりと含まれたものが多いので、まとまりにくい髪もよくまとまり、色気のある濡れ髪に仕上げることができます。また、ツヤのあるウエットな束感も簡単にアレンジ可能。ただし付け過ぎるとべたっとしてしまうので注意しましょう。

ツヤ系ワックスにも色々な種類があります。求めるツヤ感やスタイリングの違いによって、選ぶべきテクスチャーも変わります。

マット系ワックスとは

マット系ワックスは油分が少なく、ツヤ感のない仕上がりにしたい時におすすめ。ツヤ系ワックスよりも伸びがよくないのも特徴です。「クレイタイプ」「ドライヘアワックス」とよばれることもあります。

細いねこっ毛の方や、軽いゆるふわウェーブにスタイリングしたい方に向いています。さりげない自然な仕上がりが手に入ります。

ツヤ感を出せるワックスの種類

ツヤ感を出せるワックスには、主に3種類のタイプがあります。

  • ジェルタイプ
  • ファイバータイプ
  • クリームタイプ

自分の髪質や、作りたいヘアスタイルに合わせて使い分けると◎。3種類のワックスの特徴についてまとめました。

ジェルタイプ

ジェルタイプのワックスを使ったときの仕上がりの特徴は、なんといっても自然なツヤ感と濡れ感。キープ力も高く、朝仕上げたスタイルを夜までしっかりと維持することができます。

もちろん、ミディアムヘアやロングヘアの女性に人気の「ゆるふわスタイル」も可能。ゆるやかなウェーブにセットしたら、乾いたままの髪の毛に空気を含ませながら優しくもみ込んでください。パーマヘアの方は、お風呂上がりの濡れたままの髪に少量もみ込むといいですよ。使う時はジェルを手のひらにのせて、均等になじませておきましょう。

ファイバータイプ

繊維(ファイバー)が入っていて、細い糸を引くように伸びるファイバーワックス。油分が多いので、ツヤ感たっぷりの仕上がりになります。髪なじみがよく、キープ力の高さが魅力。髪の毛が細くてねこっ毛の方よりも、硬めの髪の毛の方に向いています。

全体につけてしまうとべたっと重くなってしまうので、動きを出したい箇所に部分的に使うのがおすすめ。また、広がりやすい髪質をしっとりまとめたい時にもぴったりです。

クリームタイプ


やわらかな使い心地で、軽くまとめたい時にサラッと使えるのがクリームタイプのワックス。程よいツヤ感でしっとりな仕上がり。

ハードタイプのクリームワックスなら、剛毛な方でもしっかりとまとめることができますが、キープ力はそれほど高くありません。

たっぷり付けるとベタベタしてしまうので、少量でさりげなく使いましょう。扱いやすいので、初心者にもおすすめですよ。

自分に合ったワックスの選び方

ワックスを選ぶ時のポイントは、自分の髪質、アレンジしたいスタイルに合っているかどうか。ここで、ワックスの選び方のポイントを3つ紹介します。

髪の量で選ぶ

 

髪の量が多い:ジェルタイプかファイバータイプ

髪の量が少ない:マット系(クレイタイプ)かクリームタイプ

 

髪の量が多い人は、髪をまとめるのも一苦労。でもジェルタイプかファイバータイプなら油分が多いので、どんなスタイルにも自在にアレンジ可能。

髪の量が少ない人はワックスの重みでペタンとなりやすいので、マット系(クレイタイプ)かクリームタイプがおすすめ。ふんわり軽い仕上がりになります。

どんなヘアスタイルや束感にしたいかで選ぶ

 

ゆるふわロング:ファイバータイプやクリームタイプ

パーマスタイル:油分多めのファイバータイプ

ストレート:ジェルタイプやクリームタイプ

ショート(毛先に動きをつけたい、ボリュームを出したい):マット系

ショート(ツヤのある束感を作りたい):ジェルタイプ

 

毛先にカールを付けたゆるふわロングには、ファイバータイプやクリームタイプがおすすめ。パーマスタイルは、油分多めのファイバータイプを使うことでパーマの動きがしっかりとよみがえります。ストレートならジェルタイプかクリームタイプをサラッとなじませると、濡れたような自然なツヤ感が出ます。また、雰囲気のある束感も作れますよ。

ショートで、毛先に動きを付けたりボリュームを出したい方はマット系、ウエットなツヤのある束感を作りたい方はジェルタイプをおすすめします。

髪の質で選ぶ

 

クセがある:ジェルタイプやファイバータイプ

髪の毛が細くボリュームがない:ドライワックス

髪の毛が硬くて太い:ファイバータイプやクリームタイプ

 

髪の毛にクセがあると、アレンジに手間がかかるもの。キープ力の高いジェルタイプやファイバータイプを使えば、くせ毛でも思い通りのアレンジができます。

髪の毛が細くボリュームがない方は、油分の少ないドライワックスがおすすめ。ふんわりとしたボリューム感ある仕上がりになります。髪の毛が硬くて太い方は、油分が多めのファイバータイプやクリームタイプを使えば、広がる髪もまとまりますよ。

ツヤ感ばっちり!おすすめヘアワックス10選

ヘアワックスを使えば広がる髪もしっとりまとまり、濡れたようなツヤ感が手に入ります。ここで、女性に人気の良質なワックスを10点紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

ムーンソープ クインタプルバリア スターリーフォレスト レギュラー 80ml


どちらかというとマットなタイプですが、シアバターを配合しているので優しく自然なツヤ感が出ます。空気を含んだ軽い仕上がりを求めている方におすすめ。さらっとしたニュアンスのある束感を作ることができます。

硬めのテクスチャーなので、手で温めてよく伸ばしてから使いましょう。脂肪酸を多く含むので、保湿効果も期待できます。

また、使用後に手を洗う必要はなく、ハンドクリーム代わりになります。さわやかなウッド系の香り。

ローズ ド マラケシュ ジェル ド アルガン-ローズ 40g


さらっとなじんでべたつきはありませんが、適度なツヤ感を出すことができます。アルガンオイルを70%以上配合しており、ハンドケアやリップケア、ボディケアまで全身に使用可能。

ダマスクローズの精油を使用しているので、とてもいい香り。ナチュラル系やアロマ系が好きな女性にピッタリのバームワックスです。

シークレット Secretケアワックス 35g


天然成分のみで作られたバーム系のワックス。硬めのバターのようなテクスチャーで、手にのせるとじんわり溶けてよく伸びます。さらっとまとめることのできるワックスなので、髪の毛を固めすぎずにアレンジしたい方におすすめ。

もちろんツヤ感はしっかり出すことができます。シリコンや化学合成油脂類は一切使われていないので、全身のケアとして使用できます。オレンジ系のさわやかな香り。

ジョンマスターオーガニック シャインオン 113g

伸びのいいジェルタイプのワックスです。トリートメント効果が期待できるので、使うたびに髪の毛はいきいき。ワックスにありがちなベタつきは全くありません。

また、ふんわりでもタイトでも、使い方次第でアレンジは自由自在。髪の毛が半乾きの状態でもみ込めば、ツヤ感たっぷりでハリのあるナチュラルなウェーブヘアに仕上がります。

キープ力を求める方よりも、自然な仕上がりを求める方におすすめ。無香なので、強い香りが苦手な方でも安心して使用できますよ。

ロレッタ メイクアップワックス4.0 65g

固まる感じではなく軽い使用感なのに、しっかりとしたキープ力が魅力のワックスです。ファイバータイプなのにネバっとした感じはなく、ふわふわでホイップクリームのような質感。伸びがよく、束感を出したい方にもぴったり。

風などでふんわりカールがつぶれてしまっても、軽くクシャっとつまめば復活します。優しいローズ系の香り。

N.ナチュラルバーム ミニ

天然由来成分配合で、トリートメント効果も期待できます。ツヤ感と濡れ感を出してくれる、どんな髪質でも扱いやすい万能なワックス。ふんわりカールも、一日中しっかりキープしてくれます。

硬めのテクスチャーなので、手で温めてから使用してください。自然素材なので、使用後に手を洗わなくてもいいのがうれしいですね。柑橘系の優しい香りです。

デミ ヒトヨニ ピュアワックス 6 80g

軽い質感で程よいキープ力なので、立体的なゆるふわスタイルに仕上げたい方におすすめです。べたつくこともなく、自然なツヤ感が手に入ります。しっかりとセットするよりも、さりげないニュアンスを出したい方にちょうどいいです。ハーブ系のほんのりいい香り。

ミルボン ニゼル フリックワックス 80g

プルプルした質感でサラッと使用できます。ベタベタせず、程よいツヤ感ある仕上がり。くせ毛の方は、トライヤーでブロウしながら好みのカールを作り、少量もみ込むだけでしっかりキープできます。また、髪の毛の量が多く太い髪質でもしっかりまとまります。パーマヘアの方にとくにおすすめ。

美容室で使われることの多いワックスというだけあって、とても優秀なワックスです。フローラル系の甘い香りも評判です。

セフティ COCUU(コキュウ)メロウバーム 50g

手にのせてよく溶かし混ぜてから使用します。毛先にもみ込めば、まるでパーマをかけたような仕上がりに。自然なカールにもかっちりなスタイリングにも使用でき、キープ力に定評があります。

95%以上天然成分なので、顔や手、唇など全身の保湿に使えます。トリートメント効果も期待でき、リピートする女性も多いですよ。柑橘系のアロマオイルのような自然な香り。

ロレッタ ツヤツヤ ムウ 180g

ムースタイプのワックスで、ツヤツヤな仕上がり。パーマヘアやウエーブヘアの方に向いています。

ワックスと混ぜて使うと、より滑らかになり、アレンジしやすくなりますよ。もちろん混ぜずに単品の使用でもキープ力ばっちりで、美しいウエーブを一日中維持してくれます。アロマローズの香りも女性に人気です。

ツヤ系ワックスを極める!おすすめの使い方

スタイリングのプロである美容師さんは、スタイリング剤の特徴を熟知しています。例えアレンジしにくい髪質や難しいスタイルでも、テクスチャーの異なるワックスをうまく組み合わせることで、美しく仕上げているのです。ここで、美容師さんもやっているテクニックを紹介します。

ワックスとジェルを混ぜて使う

ワックスとジェルを混ぜて使うことで、思うようにいかない髪質でもイメージ通りのスタイルに仕上げることができます。

例えば、「ねこっ毛でクセがある」「髪の毛の量が多い」「毛先がパサついている」などのコンプレックスがある方は、ワックスとジェルを混ぜて使うといいですよ。

ストレートヘアのセミロングの場合

<ワックスとジェルの混ぜ方>

  1. 手のひらにワックスをのせる・・・小豆1粒分程度
  2.  同じように手のひらにジェルをのせる・・・小豆1粒分程度
  3.  もう一方の手の人さじ指で、しっかりと混ぜる
  4.  今度は手のひらの上に広げるように両手のひらをこすり合わせて混ぜる
  5.  よく混ざったら、空気を含ませるように髪にもみ込んで、アレンジする

ワックスはハードタイプやソフトタイプなど様々ですが、どちらも手のひらでよく混ぜることがポイントです。

ムースとワックスを併用

パーマやカールをしっかりとセットしたい時には、ムースとワックスを併用するといいですよ。

ムースにはハードタイプとソフトタイプがあります。ハードタイプはがっちり固めたい方、ソフトタイプはロングヘアで、自然な流れを作りたい方におすすめです。また、ストレートヘア用とパーマヘア用があるので、自分のスタイルに合ったムースを選びましょう。

パーマのかかったセミロングの場合

<ムースとワックスの併用の仕方>

  1.  髪の毛を濡れた状態にしておく(※パーマの形状を出しやすくするため)
  2. ムースを手のひらに出す・・・ピンポン玉程度
  3. もう片方の手の人差し指でワックスを取る・・・小豆1粒分程度
  4.  ムースとワックスをよく練り混ぜる
  5.  よく混ざったら、空気を含ませるように髪にもみ込んで、アレンジする
  6.  仕上げに、髪の根本付近をクシャッと握ると、ふんわりと自然に仕上がる

ムースとワックスを混ぜて使うことで、ふわっとナチュラルな仕上がりになりますよ。

まとめ

ヘアワックスは、使い方次第であらゆるスタイルに仕上げることができます。またキープ力もあるので、デートの日でも夜まで安心です。ツヤ系のヘアワックスならウェットなツヤ感が出せるので、「髪の毛に元気がないな」と感じた時も、いきいきとしたツヤをよみがえらせることができます。

センスのある束感やナチュラルなスタイルも、ワックスがあれば自由自在。1つは手元に置いておくと重宝する、とても万能なアイテムですね。