マツエクオフは毎回した方が良い?自分でできるやり方とは

まつ毛のエクステンションは、グルーという専用の接着剤を利用して自分の目を大きく見せたり、はっきりとした目元を演出するために利用するものです。このマツエクをオフする事にはどういった意味があるのでしょうか。マツエクオフが必要な意味、そしてマツエクオフを自分で行うためにはどういった事をすればいいのかなどを知っておくと便利となります。

また、マツエクを初めて利用するという方はマツエクオフのやり方がわからないという人も多いですから、正しいマツエクオフのやり方も知っておくと良いでしょう。正しいマツエクオフをしておかないと、まつ毛に余計な負担をかけてしまう事もありますから、正しいやり方を知っておくという事はとても重要なポイントとなってきます。

マツエクオフが必要な理由


マツエクオフはマツエクをきれいな状態に保つためにとても重要ですが、なぜマツエクオフが必要となるのでしょうか。ただなんとなくマツエクオフをしているだけだと、途中で面倒になってしまってマツエクオフをしなくなってしまったり、リペアだけで済ませてしまうという人も増えてきます。

しかしマツエクオフをするという事はきちんとした意味があり、この意味を知っておく事でなぜマツエクオフをしなくてはいけないのか、マツエクオフをきちんとする事でどういったメリットがあるのかを知る事ができるでしょう。マツエクオフは面倒だからと敬遠してしまっている人は、なぜマツエクをきれいに保つためにマツエクオフが役立つのか、その理由を知る事が大切です。

3週間前後で取れてくる

まつ毛も体毛ですから、髪の毛と同じように伸びていって最終的には抜けるというサイクルを繰り返しています。ですからマツエクもまつ毛が抜けた時に一緒に外れてしまいますし、マツエクをする際に使った接着剤も取れてしまうため、3週間前後でマツエクは取れてしまいます。

マツエクを付けていれば大丈夫と思いがちですが、実際にはまつ毛が取れていくサイクルに合わせてマツエクも取れていってしまうため、最終的には全てのマツエクが取れてしまい不格好なものとなってしまうでしょう。

それを防ぐという意味でもマツエクオフやリペアはまつ毛の抜けるサイクルに合わせて行っていく必要があります。まつ毛は抜けるもの、という事を意外と忘れてしまう人も多いので、体毛は一定のサイクルで生え変わり、それに合わせてメンテナンスをする必要性を知りましょう。

取れ方にはばらつきがある

まつ毛は一定のサイクルで生え変わりますが、全てのまつ毛が一度に生え変わるという訳ではなく、少しずつ生え変わっていくためマツエクの取れ方にもばらつきが出てきます。その状態でマツエクをするとマツエクそのものにもばらつきが出てしまい、非常に見栄えが悪くなってしまいます。

また、時間の経過と共にマツエクに使う接着剤も取れてしまいますが、こちらも全てが一度に取れるという訳ではなくばらついて取れていきますので、まつ毛の抜けるばらつきと併せてよりばらつきが酷くなってしまうでしょう。マツエクオフをする事で、こういったサイクルに合わせて改めてマツエクをする事ができるようになりますから、取れた後に新しく接着剤を付ける事で全体的なばらつきを抑える事が可能となります。

痛んだり不衛生になったりする

本来まつ毛は瞳を汚れなどから守る役割を持っているため、マツエクをした状態でもマツエクの部分に汚れが溜まっていきます。ですからマツエクオフをしないまま放置していると、汚れが原因でまつ毛やマツエクが痛んでしまう事もありますし、なにより不衛生なので瞳にも良くありません。

極端な事例になってしまいますが、同じマツエクを付け続けた事によってダニが発生したという事もありますから、マツエクをそのままにするという事はなるべく避けるようにした方が良いでしょう。マツエクオフをする事の必要性は、見栄えに関するものだけではなく痛んだり不衛生になる事を避けるという意味もあり、定期的に行う事で目の周りを清潔に保ち病気などになってしまう可能性を下げるという意味も持っています。

基本はリペアでたまにオフする

マツエクオフを定期的に行う事は重要ですが、なんどもマツエクオフをしてしまうとまつ毛が痛んでしまいます。マツエクオフをする際にはリムーバーという薬剤を使いますがこのリムーバーが原因でまつ毛が痛む事があり、何度もマツエクオフをするとまつ毛そのものが痛んでしまいます。

ですから基本的には3週間前後に一度リペアを行うようにして、3ヵ月から4ヵ月程度に一度マツエクオフをするというサイクルで行うと良いとされています。マツエクオフが必要だからと短いサイクルで何度も行おうと思ってしまいますが、実際にはそこまで頻繁に行う必要はなく、むしろまつ毛が痛んだりしては元も子もないので基本はリペアでたまにオフをするという方法が確実です。

マツエクオフとは


マツエクオフと一言で言っても、どういった事をするのか知らないという人も多いのではないでしょうか。マツエクオフはまつ毛のエクステンションを落とす事で、きちんとした手順に沿って行う必要があります。マツエクオフとはどういったものなのか、そしてマツエクオフをする時にはどういった注意をしなくてはいけないのかという事を知っておきましょう。

マツエクオフはマツエクをきれいに保つために必要なものですが、メリットとデメリットの両方を持っているためメリットとデメリットも把握しておいた方が良いです。マツエクオフとは何なのか、その手順はどうなのかといったポイントを知り、その上で自分はどのようにマツエクオフをするのかを考えてみてはどうでしょうか。

グルーを落とす

マツエクに使われる専用の接着剤はグルーというもので、これは通常の接着剤とは違うため普通に洗顔をしても落とす事はできません。ですからマツエクオフをした事が無いという人は、洗顔で落ちないからと無理矢理剥がしてしまう事がありますが、こうするとまつ毛まで抜けてしまうため絶対に行わないようにしましょう。

マツエクオフをする時にはこのグルーを落とす事が必要となってきますので、自分で行うのでなければサロンに行って施術を受けるようにした方が良いでしょう。サロンならば丁寧な施術でそれほど時間をかけずにまつ毛にダメージを与える事もなくグルーを落とす事ができます。

まつ毛に負担がかかる

マツエクオフをするデメリットとして知っておきたいのが、まつ毛に負担がかかってしまうという点です。グルーを落とす時には専用の薬剤を使う必要がありますが、これはグルーを溶かして落とす強力なものですので、何度も行うとどうしてもまつ毛に負担がかかってしまいます。

ですから頻繁にマツエクオフをするのではなく、基本的には負担の少ないリペアを行うようにして数か月に一度くらいのサイクルでマツエクオフをするようにしましょう。

また、まつ毛への負担がどうしても気になるという場合はサロンに行って施術を受ける事で自分で行う場合に比べてまつ毛への負担を大きく減らす事ができます。サロンはプロにマツエクオフをしてもらえるので、仕上がりも綺麗になるというメリットがあります。

一度リセットしてきれいに整え直せる

マツエクオフをするメリットのひとつが、一度マツエクの状態をリセットしてマツエクをし直すので綺麗に整え直せるという点です。リペアだけではマツエクが取れてしまった部分を補修するだけなので、どうしてもまばらな部分ができてしまったり、見栄えが悪くなってしまいます。

特に初めてマツエクのリペアをするという人は、リペアがうまくできないという事もあるため一度リセットする事でマツエクを整え直せるというのは大きなメリットとなるのではないでしょうか。もちろん何度も行うことでどうしてもまつ毛に負担はかけてしまいますが、マツエクの状態が悪くなってきたと感じた時にはマツエクオフをする事で一度状態をリセットし、綺麗に整える事を考えてみてはどうでしょう。

自分でできる?マツエクオフ


マツエクオフは正しいやり方をしなくては、まつ毛だけでなく目にダメージを与えてしまう危険もあるため、サロンで行う方がおすすめされています。しかしどうしてもサロンに行く時間がないという人や、費用を抑えたいという方は、自分でマツエクオフを行う場合に気を付けたい事を知っておくと重宝するでしょう。

マツエクオフは決してプロしかできないという訳ではなく、正しい道具ややり方を知っておけば自分でも行う事が可能となっています。使用するアイテムの中には注意して使わないと危険な物もありますから、使う際の注意点なども知っておかなくてはいけません。

リムーバーが必要

マツエクオフをする時に必要となるアイテムで重要な物がリムーバーで、これはマツエクをする時に接着剤として使われるグルーを落とすために使われます。グルーは特殊な接着剤なので普通に洗顔をするだけでは落とせません。

そこでこのリムーバーを使ってグルーを落とす事になりますから、自分でマツエクオフをする時には何よりも最初にこのリムーバーを用意しなくてはいけません。また、リムーバーを使う時には綿棒やコットンも必要となりますから、併せて用意しておくと良いでしょう。

目に入ると危険


肌に直接つけると危険と言われているリムーバーは、当然ですが目に入ると目にダメージを与えてしまいます。ですから綿棒などを使って慎重にマツエクだけに塗るようにし、目に入らないように注意しましょう。やり方としてはリムーバーを他の容器に取り分けて、綿棒の先端ですくってまつ毛とマツエクの接着部分に馴染ませるようにします。ある程度馴染むとグルーが溶けてマツエクが簡単に外せるようになるため、焦ってごしごしと目を擦ったり、馴染んでいないうちに無理矢理マツエクを剥がすという事がないようにしましょう。

セルフマツエクならオイルがおすすめ

セルフマツエクをするならば、マツエクオフの方法としてはオイルを使ったマツエクオフがおすすめです。オイルは洗浄力が強い成分が含まれているため、マツエクを落とす際にとても役立ってくれます。セルフでマツエクオフをする際には、オイルを使ってみてはどうでしょうか。

再装着するならオフは無料なことも

マツエクをする時に、自分で行うのは自信が持てないからサロンを利用するという人も多くいます。しかしサロンでは費用がかかるため、そこが気になるという方も多いのではないでしょうか。しかしサロンでもマツエクを再装着するならば、マツエクオフは無料となっている場合もあり、事前に確認してから利用すればサロンにかかる費用を抑えられるので重宝します。

オフのみ扱っているサロンもある

サロンの中にはマツエクオフだけを扱っているサロンもいくつか存在します。マツエクオフを自分でするのが難しいという場合、こういったサロンを利用してみてはどうでしょう。マツエクオフ専門という事はそれだけ施術も信頼できますし、プロによってよりまつ毛へのダメージなどを抑えてマツエクオフができるようになるため、非常に頼りになります。

まとめ


マツエクは初めて行うという場合、マツエクオフまで考えて準備をしなくてはいけません。マツエクオフにはリムーバーなど専用の薬剤が必要となったり、注意しなくてはいけない点も多くあるため準備はきちんとしておきましょう。セルフマツエクオフに自信が無いという方は、サロンを利用する事でまつ毛への負担を抑えて、かつきちんとしたマツエクオフをする事が可能となるのでおすすめです。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。