指をあげる医師

ダイエットで体重を落とす方法は?無理のないダイエットで効果的に痩せる

ダイエットしたいと思っていてどうしてもやせられないと言う人に、ダイエット方法やダイエットをするときの心構えを詳しく紹介しています。こちらを参考にしてダイエットをやり直してみてはどうでしょうか。

1週間ダイエットで増えた体重を減らす方法


急に体重が増えてしまってどうしたらいいのか分からないということはよくあります。そんなときに1週間程度で痩せられる方法はないのでしょうか。たった1週間ですが出来るだけ太る前の体重に戻せる方法は必ずあります。そんなダイエット法を詳しく見ていきます。

有酸素運動をする

急に太ってしまってから痩せるには相当な苦労が必要になります。そこで1週間という短い期間で痩せるにはどうすればいいのか、それには有酸素運動をすることが早道ではないでしょうか。有酸素運動にはどんな運動があるのか見ていきます。ジョギング・ウォーキング・水泳など、かなりハードな運動をしなければ有酸素運動をしたことになりません。脂肪を燃焼させるにはある程度ハードな運動をしなければいけません。

あわせて読みたい

脂肪を燃やすなら有酸素運動ダイエット

続きを読む

食事の量を減らす


食べすぎで急に太ってしまった場合、食事の量を減らせば痩せることが出来ます。食事の量と言うよりは摂取カロリーがどのくらい摂取されていて、カロリーの過剰摂取が太りすぎの大きな要因の場合は、摂取カロリーを減らせばいいということになります。太った分だけ体重を減らすには、摂取カロリーを減らすために食事の量を減らしていくことでダイエットできます。

あわせて読みたい

食事制限の基本と注意点~ダイエットからのリバウンドには要注意!

続きを読む

水分をたくさん摂取して便秘を解消する

急な太りすぎには食べ過ぎ以外でも原因があります。排便がうまく出来なくなっていて排出しきれていないようなときでも太りすぎてしまうことがあります。摂取カロリーだけが原因ではなく排出できないような場合は、スムーズな排便を促すために水分をしっかりと取って便秘を解消することも重要です。

あわせて読みたい

便秘がつらい!便秘解消に即効性のある食べ物・飲み物とは

続きを読む

プチ断食

急なふとりすぎのときにはいくつかの原因が重なってなってしまうことがあります。その場合は、断食することも必要です。無理な断食はよくありませんが、食べすぎやカロリーの過剰摂取をしてしまった場合、断食することでダイエットできる可能性があります。

あわせて読みたい

意外に知られていない化粧水の使用期限の有無とNGな保管方法

続きを読む

1か月に痩せても大丈夫な体重について

ダイエットをするのは悪いことではありませんが、痩せすぎはよくありません。太りすぎのときにダイエット運動や食事制限などを行って体重を減らすことは出来ますが、減らす目安があります。一気に体重を減らしても逆に別の病気にかかってしまったりと、減らす体重には注意が必要になります。その体重の減らす目安としてBMIや体重の落とし方によって限界値というものがあるので、その限界地に満たない範囲でダイエットを試みてみましょう。

BMI値を参考にする

BMI値というものは健康体型の目安となっています。体重と身長のバランスを考えた普通体型を見ることが出来ます。年齢に関係なくベストな体重というものを見つけ出すことが出来ます。BMI値が正常な人の平均値に出来るだけ近くなるような無理のないダイエットを行いましょう。

あわせて読みたい

BMIの基本~計算法や単位、おすすめのBMI計測ツールを紹介!

続きを読む

短期間で落とし過ぎない

太りすぎてしまってダイエットを始めたあとに、急激な体重の減少もよくありません。どんどん体重が減り始めると、ダイエットが楽しくなってしまって最初の目標値以上に痩せてしまおうとしてしまうのはよくありません。別の病気にかかってしまったりしてダイエットの意味がなくなってしまいかねません。そうならないようにするためには、ダイエット中の体重の減少には注意しながら経過を見ていく必要があります。

体重の5%まで

急激なダイエットをして痩せられたと思っていてもリバウンドで体重がまた増加してしまって、ダイエット前以上に体重が増えたりする場合があります。この体重の増加をリバウンドと言います。リバウンドは急激なダイエットによる体重の減少が原因で、元の体重以上に太ってしまっては意味がありません。出来るだけリバウンドを減らすには、ダイエットの減少体重を5%以内に留める必要があります。

ダイエットに挫折しないで体重を落とす方法


太ってしまって痩せるためにダイエット運動や食事制限を始めても、つらくてつい止めてしまったりするひとはたくさんいます。意志が弱い人であればダイエットを開始して数日で止めてしまったりしてしまいます。ダイエットをするということは普段とは違うことをしていろんな我慢をしてから体重減少に勤めるものです。そこで、ダイエット中に嫌になってしまって途中で投げ出さないようにするためには、友人や家族にダイエットを宣言するのも意志を強く持つ上で重要な事です。食事をしたものを記録しておいて残しておくと何が原因で太ってしまったのかが簡単にわかるようになります。

周囲の人にダイエット宣言をする

実はダイエットの早道は、ダイエットしたいという気持ちを自分の心の中だけに秘めていてはいけません。ダイエット体重を設定して周りになる人たちの考えを聞いてからダイエット量を決めましょう。そうすることで出来るだけ無理のないダイエットを行うことが出来ます。

ダイエットアプリを利用する

ダイエットをするときに何かと行動を起こして食事制限や運動をするだけがダイエットではありません。体重管理やカロリー計算など出来ればダイエットへの早道でもあります。そんなダイエットを管理するアプリが最近たくさん出ています。しかも無料で使えるアプリなので、ダイエットを管理するためにも使う価値があります。ダイエットをしているときの体重をグラフで見られるアプリなどもあり、ダイエットがどの程度うまくいっているかを目で見て把握することが出来ます。

食べたものを記録して把握する

ダイエットには食べたものを記録して、どんな食事をしていて1日どのくらい食べているかを把握できるのが記録ダイエットと言うものです。自分が毎日食べている料理や飲み物を記録していくことで、どんなものを食べたり飲んだりしているかを後から見直すことができます。この日は食べ過ぎたとか、次は少な目の食事にしようなどと過去に食べたものを記録していくことで今後の対策を練ることできます。

ダイエットで体重に変化がない時の対策とは


ダイエットをしているとどうしても体重が減らない時期もあります。このときにどう処するかで今後のダイエットに大きく影響してきます。出来るだけ気にしないようにして、今やっている運動を止めないようにすることが大切です。何事もポジティブに考えるようにしましょう。今は停滞期なので、我慢しながら今やるべき運動や食事制限を続けていくことを最優先で考えるように気持ちを持つことです。

気にしないように心がける

体重の変化がないときというのはつらいものです。その場合は気にしないように心がけましょう。気にしてしまうと今やっていることが無駄に見えてしまうので、出来るだけ仕方がないこういうときもあると考えて、気にしないようにして続けることが重要です。

運動をやめない

停滞期になってしまって食事制限や運動をやっても体重が減らない場合でも、運動はそのまま続けてからやめないことが大切です。そこで止めてしまったら折角今まで苦労してきたことが台無しになってしまいます。どんなに体重が減らなくても運動は続けるようにしましょう。

あわせて読みたい

ストレッチの正しいやり方!正しいストレッチで得られる効果

続きを読む

停滞期だと思って今まで通り過ごす

ダイエット運動や食事制限などつらい日々を過ごしながら体重が減らなくなってしまうとつらいものです。途中で投げ出したくなる気持ちは分かりますが、ここでポジティブに考えるようにしましょう。今は一時的な停滞期だと考えて、今やっていることはそのまま続けるようにします。そうすることでもう一度体重が減り始めることをきたします。

おすすめのダイエットグッズ

ダイエットをするのに食事療法は欠かせません。いくら運動をしても食べ過ぎては意味がありません。そこで食事の変わりにダイエット食品やカロリー計算されたレトルト食品を食べてみてはどうでしょうか。ダイエットのお供に効果的なレトルト食品を3つ紹介します。

ひかり味噌 選べるスープ春雨スパイシーHOT


ひかり味噌 選べるスープ春雨スパイシーは、低カロリーで美味しく食べられるレトルト春雨スープなのでダイエット食にするには適したスープです。毎日の食事制限をするときに1食をひかり味噌 選べるスープ春雨スパイシーに切り替えるだけで、相当量のカロリーを削減できます。

大塚食品 マイサイズ マンナンごはん


自宅でご飯を炊いてから食べているとどうしても食べ過ぎてしまいます。そんなときの為にカロリーが分かる大塚食品 マイサイズ マンナンごはんを食べると1食のカロリーが160kcalと分かっているので食べ過ぎずに済みます。

大塚製薬 カロリーメイト ゼリー アップル味


健康補助食を朝食の変わりに食べるようにするだけで摂取カロリーを抑えることができます。大塚製薬 カロリーメイト ゼリーは1食200kcalと控えめのカロリーとなっていて栄養価も高いので朝食の代わりに食べてみてはどうでしょうか。

まとめ


ダイエットで体重を落とすにしても、計画的な減量をすることの重要さについて紹介してきました。ダイエットをしてから大幅に減量をしても健康体でなければ意味がありません。少しでも無理なダイエット運動をしているととんでもない状況になってしまわないようにしましょう。