ホットヨガを実践!無理なくつづけられる服装は?

ヨガのダイエット効果をさらに高めるために研究されたホットヨガ。大量に汗をかくことで体内の新陳代謝が促進され、カロリーを消費しやすい体質になっていきます。ホットヨガに期待される効果と注意点、本格的にはじめる前にそろえておきたいアイテムについてまとめました。

ホットヨガの効果

代謝サイクルの正常化

ホットヨガは室温40度以上の湿度の高い部屋で行われるため、自然に座っているだけでも体全体が熱くなり、終わる頃には大量に汗をかくことになります。発汗が促されるということはそれだけたくさんの老廃物が代謝されているということですから、ホットヨガを行うことで余分な物質が除去され、心身ともに浄化されることになります。運動不足で老廃物をため込みがちな現代人にとって、意識的に汗をかくことができるホットヨガは手軽なダイエット法とも言えます。

自律神経の調節

ヨガはもともと、副交感神経にはたらきかけるメソッドとして発展してきました。自律神経のバランスをととのえることで精神的な安定にもつながりますし、

また、正常なバイオリズムを取り戻すことにもなります。仕事や家事など、あらゆる面で効率化がもとめられる現代人はつねにアクセルである交感神経が優位の状態にあり、体内バランスがくずれていると考えられています。腹式呼吸を基本とするホットヨガを定期的に行うことで副交感神経のスイッチを入れ、自律神経のバランスを正常化することによってストレスを感じにくい体をつくることができ、結果的に痩せやすい体がつくられていきます。

なお、ヨガと同じくエクササイズとして取り入れられているピラティスは交感神経にアプローチするメソッドであり、胸式呼吸を基本としているという点でヨガとは異なります。

筋力アップ


ヨガの動きは緩慢なように見えて、全身の筋肉をまんべんなく使うため無理のない筋トレになります。さらにホットヨガは室温の高い環境で行うため筋肉がほぐれやすくなり、可動域が広がることによってストレッチとしての効果も高まります。

有酸素運動であるヨガを一定時間つづけることで全身の細胞に新鮮な酸素が供給されるようになり、フィジカル面のみならずメンタル面も活性化していきます。正式なヨガで呼吸法が何よりも重んじられるのは、人間の体が酸素によって成り立っていることを知り抜いているためであり、とくに「息をゆっくり吐くこと」によって普段の運動では得られないリラクゼーション効果が期待でき、自然なかたちで筋力アップをはかることができます。

息を吐くというと何気ない動作のように思えますが、いざ意識的につづけてみると意外な筋肉が痛んだりと、最初のうちは戸惑うこともあるかと思います。呼吸法はホットヨガにおいても中心をなす要素ですので、「無意識を意識化する」つもりで丁寧に息を吐くようにしましょう。

心身のリラックス

「ホットヨガをはじめてからぐっすり眠れるようになった」との声をよく聞きます。それはホットヨガが見た目以上にエネルギーを消費する運動であるから、という理由だけではありません。ホットヨガをつづけることで副交感神経が優位にはたらき、精神的なバランスがととのえられるようになります。

副交感神経は言ってみればブレーキ役のようなものであり、アクセル役の交感神経とともに車の両輪のような役割を担っています。心身のリラックスを司るのも副交感神経であり、交感神経を落ち着かせて副交感神経を優位にすることにより蓄積した疲労やストレスが取りのぞかれ、体内バランスが正常化していきます。

日々時間に追われている現代人は往々にして交感神経に偏ったバイオリズムになっており、ホットヨガなどのバイオリズムを取り入れて意識的に副交感神経のスイッチを入れることにより生体リズムを本来あるべきバランスに戻すことができます。

痩せやすい体質になる

ヨガやホットヨガはもともと体内の浄化を目的としたメソッドであり、正確な意味でのダイエット法ではありません。しかしながら、ヨガをつづけることで新陳代謝が活性化され、自律神経のバランスがととのえられていくため、自然と痩せやすい体質に近づいていく、という効果は期待できるでしょう。

ヨガにおけるダイエット効果はきわめてゆるやかなもので、目に見えない効果も少なくありませんが、具体的な数値よりも「痩せやすい体質をつくる」ことのほうが大切であり、ホットヨガで心身をほどよくリラックスさせることによりストレスがなく、なおかつ疲れにくい体をつくることができます。

ホットヨガに適した服装選び

意外と悩む!!ホットヨガウェアの選び方・気を付けるポイント!

基本的に軽装で

ホットヨガ初心者は例外なく、思った以上に汗をかく、ということに驚くようです。正式なホットヨガは室温が40度以上に保たれた空間で行われるため、一種のサウナでストレッチをつづけるような状態であり、必然的に大量の発汗が促されることになります。服装もできるかぎり熱をため込まないものが望ましく、真冬でも薄いシャツ一枚でちょうどいいという声がほとんどです。

トップスはタンクトップ・キャミソール


女性の場合、トップスはタンクトップまたはキャミソールがおすすめです。どちらも肌の露出が多く、熱を逃がしやすい構造になっており、大量に汗をかいたとしても体温が急上昇することはありません。

ボトムスはスパッツ

ホットヨガのボトムスはスパッツが基本です。ホットヨガでは通常のヨガほど体をダイナミックに動かすわけではありませんが、それでも室温40度以上ということで大量の汗をかきやすく、なおかつ普段とは違う動きをもとめられるためスポーティな恰好が必須となります。動きやすさの面ではホットパンツが最適ですが、露出が気になるようであれば伸縮性にすぐれたスパッツとキャミソールを合わせると快適に動くことができ、より多くのエネルギーを消費できます。

吸湿タイプがおすすめ

ホットヨガを30分つづけると、およそ2時間のジョギングに匹敵する発汗量になると言われています。汗を大量にかくため、ヨガのウェアは上下ともに吸湿性にすぐれたものが望ましく、なおかつ熱を効率よく逃がしてくれるタイプが最適であるとされています。最近ではネットでもヨガに適したウェアが売られているので、一度チェックしてみましょう。

女性はスポーツブラを

女性の場合、アンダーウェアも悩みどころです。普通のブラジャーでは肌への締め付けがきつく、つづけていくうちに皮膚を傷めてしまいます。胸をきちんと固定し、なおかつ締め付けもほとんどないスポーツブラであれば違和感なく装着でき、ホットヨガに集中することができます。吸湿性にすぐれたスポーツブラも多数開発されていますので、慣れないうちはいくつか試したうえで自分に合ったものを見つけるのが良いでしょう。

服装以外にそろえたいアイテム

水分(スポーツドリンク)

正式なホットヨガでは想像以上に大漁の汗をかき、体内から水分が失われていきます。ヨガの直後の水分補給は必須であり、失われたミネラルを補給することでバランスを取り戻す効果があります。普通の水やお茶ではミネラルや糖分を充分に補給できないため、必ずスポーツドリンク類を携行するようにし、ヨガの途中であっても喉の渇きを覚えるようならいったん休憩をして適宜水分を補給するようにしましょう。

タオル類

季節を問わず、ホットヨガを行う時には必ずマイタオルを持参しましょう。それも1枚ではなく、最低でも2枚以上は持っていくことをおすすめします。ヨガ教室によっては有料でタオルを貸し出してくれるところもありますが、基本的には自分専用のタオルを用意するのがマナーでもあるため、2枚以上はタオルを持参するようにし、季節によってコーディネートを変えてみるとよりホットヨガを楽しむことができます。

ヨガマット

本格的なホットヨガではヨガマットが必須となります。教室ではレンタルしてもらえる場合もありますが、自宅で実践するためにもできれば自分専用のヨガマットを用意しましょう。最近ではさまざまな材質のヨガマットが増えていますので、初心者のうちはいくつかのヨガマットを試したうえで長く愛用できるものを選びましょう。

ヨガマットを選ぶうえで大切なポイントは、第一に吸湿性です。とくにホットヨガでは短時間のレッスンであっても大量の汗をかくため、水分をよく吸ってくれる材質のヨガマットを使うことが前提条件となります。あまり硬すぎても体を痛めてしまいますが、だからといってやわらかすぎても筋肉に余分な負担をかけてしまいますので、多少硬さが残り弾力性のあるマットが最適と言えます。

自分に合ったヨガマットがどうしても見つからない場合は、ヨガ教室のインストラクターやスポーツ用品店のスタッフにアドバイスをもらうのもかしこい方法です。

メイク道具

初心者は見落としがちですが、ホットヨガに集中して取り組むと、必ずといっていいほどメイクがくずれます。最初からノーメイクでホットヨガに臨むのもひとつの方法ですが、それだと恥ずかしいという場合はベースメイクだけ軽くすませておくというのも良いアイディアです。

おすすめウェア

エテルキャミ


通気素材のキャミソールです。熱を逃がしやすい構造で肌ざわりもよく、ホットヨガで大量の汗をかいたとしても熱がいつまでもこもることがありません。

スリムロングパンツ ホットヨガ対応

ホットヨガに最適化されたボトムスです。ロングパンツということで露出はひかえめですが充分な通気性があり、汗をかきにくい素材となっています。伸縮性にも優れており、ホットヨガの柔軟な関節の動きにも無理なく対応することが可能です。

まとめ

ホットヨガはもともとダイエットメソッドではないものの、大量の発汗によって正常な新陳代謝が促され、痩せやすく脂肪がつきにくい体質に近づいていきます。初心者のうちから自分に合ったスポーツウェアをそろえることでモチベーションにもつながり、ヨガを楽しみながらつづけることができます。