肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

いつまでも美しい肌をキープしたいと誰もが思うものです。そのためにスキンケアを毎日しっかりと行っている方も多いのではないでしょうか。スキンケアは大切ですが、間違った方法を実践しているとかえって肌を傷つけてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、乾燥肌・敏感肌の人の正しい肌ケアの方法や、潤いのある肌をめざすためのNG習慣について説明をしていきたいと思います。

乾燥肌・敏感肌の人の正しい肌ケアの方法

敏感肌や乾燥肌の方は、一般的なスキンケアでは肌が敏感に感じたり、乾燥を引き起こしてしまうことがあります。そのため、より入念なケアを行っていくことが必要です。ここで敏感肌や乾燥肌向けの正しいケアについて、説明したいと思います。

クレンジングはジェル/ミルク/クリームタイプのものを

乾燥肌や敏感肌の方はジェル・ミルク・クリームといったタイプの選択をお勧めします。ジェルはミルクタイプよりも若干洗浄力が高いですが、肌への刺激が少ない点がメリットです。またミルクタイプは、肌への刺激が少なく手クレンジング後はしっとりしています。そのため、乾燥肌や敏感肌の方には最適です。

さらにクリームタイプは、他のタイプに比べて最も低刺激な点が最大のメリットです。ただ洗浄力がマイルドなため、使用するメイク用品によっては、多少洗浄力があるジェルを選んだ方がいい場合もあります。

保湿成分を含む洗顔料で洗顔する

クレンジングをした際にはメイクや汚れも一緒に絡め取っています。そのため、洗顔料を使って洗い落とす必要があります。敏感肌や乾燥肌の方は、保湿成分が配合されたタイプのものを選ぶことが大切です

ヒアルロン酸やセラミドといった保湿効果の高い成分を配合した洗顔料も販売されています。そういった洗顔料を使用すれば、洗顔後に乾燥が気になることもありません。

洗顔後は早めに水分を拭き取り化粧水で保湿

保湿成分を多く含む洗顔料を使用しても、洗顔後は肌が無防備な状態になっています。そのまま放置いていると肌内部の水分が蒸発して乾燥を招いてしまいます。そのため、洗顔後は急いで化粧水をつけて水分補給を行う必要があります

洗顔後はまず、しっかりとタオルで優しく水分を拭き取ります。その次に、化粧水を手のひらに出し、少し温めるようにして顔全体を覆います。そして化粧水を肌に馴染ませるようにしながら、肌を押さえます。

しばらくして肌表面が乾燥したら、再度同じことを行います。手のひらに肌が吸い付く感覚になれば、十分に水分が肌内部に吸収された合図です。

必要に応じて美容液を使ってもOK!

化粧水だけでは潤いが不足してしまう場合には、保湿効果が凝縮された美容液をプラスすることをお勧めします。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやなどの保湿成分が複数凝縮された美容液を選んで使用してください。

美容液は肌のなじみが良くなるために、手のひらに適量を出します。両手を合わせて美容液を温め、その後に手のひらで顔全体を覆うようにして肌に馴染ませます。肌の乾燥が気になる部位には再度美容液を付けるようにしてください。

乳液、クリームなどを薄く蓋をするように塗る

化粧水や美容液などでたっぷりの水分や保湿成分を肌の角質層に与えたら、その次乳液やクリームを塗布します。これらのアイテムは水分の蒸発を防ぎ、肌がふっくらと潤った状態を維持するために使用します

乳液もクリームも、どちらもいきなり肌の上に乗せることは避けてください。適量を塗布するために、手のひらに出し、両手で温めてから肌に馴染ませるようにしてください。

潤いのある肌をめざすためのNG習慣とは?

十分な水分と油分を与えた肌は潤いで満たされています。ふっくらとしており、すべすべした状態になっています。こういった状態が望ましいのですが、間違ったスキンケアによって逆にトラブルになることがあります。ここでトラブルになる具体例を挙げてみたいと思います。

熱いお湯で洗顔している

洗顔時に肌の温度程度よりも高く、熱いお湯で洗うと乾燥を招いてしまいます。熱いお湯で洗うと肌に必要な潤いを取り去ってしまいます。その後に化粧水や乳液を使用したスキンケアを行っても、潤いあるきれいな肌を維持していくことができません。

洗顔をする際には、肌の温度と同じ程度のお湯で優しく洗うようにしてください。擦るような洗い方をすると、同じように肌の潤いを除去してしまいます。ぬるま湯を使い、優しく洗うようにすることを意識して洗顔を実行してください。

洗顔後タオルでゴシゴシ擦っている

洗顔後には水分をタオルで拭き取りますが、この際には優しくタオルで押さえるようにします。タオルでゴシゴシと擦るように拭くと、肌に対して大きな刺激を与えてしまいます。

また肌に必要な潤いを除去してしまいます。肌の潤いを保つ、しわやたるみを予防するために、洗顔後は軽く顔表面をタオルで押さえるようにします。

洗顔しすぎ、刺激の強い洗顔料を使用している

肌にダメージを与えるような荒いスクラブが配合された洗顔料など、刺激が強いタイプを使用すると、肌の潤いを除去してしまいます。また肌にとって刺激となり、肌が厚くなってシワが目立つようになります。低刺激なタイプの洗顔料を選択することが大切です

化粧水をつける時に肌をパッティングしている

化粧水を塗布する際に、肌の角質層の深部にまで浸透させようとパッティングを行う方がいます。強くパッティングを行うと肌への負担となります。また肌が厚くなってしまうこともあります。化粧水を塗布する際には、肌に優しくひたひたとつけることが大切です。

化粧水や乳液・クリーム等の使いすぎ

化粧水は適量を使用しなければ、必要とするだけの水分を角質層の深部にまで届けることができません。しかし化粧水を多く使用しすぎると肌表面がべたつき、刺激となってかゆみを生じてしまうことがあります。そのため、少量ずつつけて適度に潤いが感じられる程度に量を調節することが大切です

乳液やクリームは少量ずつ肌に塗布していきますが、これらのアイテムも使いすぎには注意が必要です。使いすぎるとべたついてかゆみやアレルギーを生じてしまうことがあります。

体の中からケアすることも大事!

体の外側からはスキンケアを行うことが大切です。同時に内側からは食事や睡眠によって美しい肌を得ることも大切です。体の中からのケアとは具体的にどんな方法を取り入れたらいいのでしょうか。この点について説明したいと思います。

バランスのよい食事を摂る

美容と健康のためには、体にとって必要な栄養素を毎日万遍なく摂取することが必要になります。そのため、好き嫌いをせず多品目の食事を食べるように心掛ける必要があります。偏食や同じものばかりを食べるといった習慣を持っている方は、バランスよく食事をするように改善することが大切です。

ミネラルウォーターなどで水分補給を

体の大部分は水分で構成されています。そのため十分な水分は健康と美容のために必要です。そのため、こまめにミネラルウォーターなどで水分補給を行っていくことが必要です。一度に多く飲んでも、全ての水分が吸収されるわけではありません。そのため、少しずつ飲むことが重要です。

良質で適度な睡眠をとる

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が最も活発な時間帯です。肌作りを行うために最適な時間とも言えます。そのため、十分な睡眠を確保するようにしなければなりません。また自分に合った枕やベッドなどを使用し、ぐっすりと眠れる環境を整えることも必要です。

肌の保湿におすすめの人気の保湿剤

美しい肌のためには保湿が何といっても重要になります。そのためには、保湿効果の高いスキンケア商品を選択して、毎日使用するようにしたいものです。そこで様々あるアイテムの中で特にお勧めしたい人気の保湿剤をご紹介したいと思います。

KOSE コーセー グレイスワン リッチモイスチュア ローション (とてもしっとり)

KOSE コーセー グレイスワン リッチモイスチュア ローション (とてもしっとり) 180ml
年齢を重ねた乾燥しがちな肌にたっぷりの潤いを与えてくれる化粧水です。とろみがあり、肌をしっとりとした状態に導いてくれます。角質層の深部にまで素早く浸透し、べたつきがなくツルツルの肌に仕上げることができます。華やかなローズフローラルの香りでリラックス効果も得ることができます。

アトレージュ 薬用 スキントリートメント(敏感肌用 化粧水)

アトレージュ 薬用 スキントリートメント 200ml (敏感肌用 化粧水)
敏感な肌が起こしてしまう炎症を抑え、乾燥や肌荒れを予防してくれる薬用保湿液です。低刺激なため、肌が敏感な方でも安心して使用することができます。

保湿成分としてオキナワモズクエキス、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキスなどが配合されています。十分な保湿効果で、角質層の深部までしっかりと潤いを与えてくれます。

フリープラス モイストケアクリーム(保湿クリーム)

フリープラス モイストケアクリーム(保湿クリーム)
タイソウエキス、センキュウエキス、チンピエキスといった和漢の植物由来の成分を配合したジェル状の保湿クリームです。さらっとしたテクスチャーですが、肌に充分な潤いを与えてくれます。

肌が乾燥しがちな方、冬場になると肌が乾燥してしまう方などでも肌をしっとりとした状態に導いてくれます。

シコリーブ 薬用スキンクリーム

シコリーブ 薬用スキンクリーム 80g
天然保湿成分のシコンエキスやオリーブオイルを配合しています。さらっとした使用感ですが、十分な潤いを与えてくれます。

ひびやあかぎれなども予防し、髭剃り後のケアにもお使いいただけます。香りの気にならない無香料タイプです。

ルルルンプレシャス クリーム〈保湿タイプ〉

ルルルンプレシャス クリーム〈保湿タイプ〉
乾燥が気になる肌に、長時間潤いを与えてくれるクリームです。こっくりしたテクスチャーですが、べたつかずしっとりすべすべした肌質に整えてくれます。乾燥肌の方でも肌の角質層まで十分な潤い効果を与えてくれます。

まとめ

保湿を中心としたスキンケアは肌のターンオーバーを促進し、健康で美しい状態に導いてくれます。そのためには、正しいスキンケアの方法を知ることが大切です。

また自分の肌に合ったアイテムを選択することも重要です。その上で毎日肌に充分な保湿を与え、乾燥が気にならない肌質にしていくことが大切です。